川西里山クラブ str1685.exblog.jp

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
d0024426_10202016.jpg
 雪が降っていないものの前日からの雪が日陰では氷になっているものと思われます。黒川駅の温度計は氷点下3℃でした。山上へは歩き組と自動車組と2班に分かれて延べりました。

参加者 10名

 今日作業

 1)前回運び込んだコナラを山小屋の前庭に下ろしている丸太の整理。(ホダ木用、薪用中・大の3区分して前庭を空けました。)

 2)メイプルシロップ採取できるようにセット

 3)ホダ木の使用済みを積み重ねてカブトムシの産卵場所を作っていますが、イノシシに掘り返され駄目になったので枠を組んで入れないように準備

 伐採木の整理(チェンソーの具合が悪くまともに動くのが1台。補修不可は1台。チェーンの研ぎ必要1台。エンジンの不具合1台。となっており見直しが必要です。) 
d0024426_10202016.jpg
d0024426_10321318.jpg

ウリハダカエデでメープルシロップ採取(採取した液を炊き出して煮詰める必要が有りますが上手く採取できるかテストです。)
d0024426_10274398.jpg

昼食後手洗いのカランから滴り落ちた水が凍っています。気温は氷点下0.5℃(午後1時です)
d0024426_10322657.jpg
 クヌギの苗木づくりの補修
d0024426_10324310.jpg
カブトムシの幼虫飼育にホダ木の廃棄分を積み重ねて囲いを作っています。壁はこれからセットしますので網戸にはなりません。
d0024426_10324961.jpg





[PR]
# by str1685 | 2018-02-05 10:40 | Comments(0)
 
 参加者 13名

 今日は「虫生川周辺の自然を守る会でコナラの伐採木を頂きましたので、その運び出しトラックに載せて妙見山まで上がります。

 今回の伐採木はすべて薪にいたします。細い部分はホダ木にしようと思っていましたが、確認の結果ホダ木に向かないと判断しました。(理由:①雑菌が多く入っている②伐採後そのまま放置期間が長かったため乾燥が進んでいる)
 薪の材として100束は出来そうです。

 運び込んだ材を前庭に下ろしていますので、次回作業はその整理&薪割りを実施し2月22日に追加で運び込むための場所を開けるようにします。



 

[PR]
# by str1685 | 2018-01-22 08:10 | 活動報告 | Comments(0)
d0024426_11423788.jpg

[PR]
# by str1685 | 2018-01-09 08:17 | その他 | Comments(0)
参加者数 8名

 ナラ枯れの大木(コナラ)を3月までには伐採し成虫の飛散を阻止しなければなりません。その為に今日は伐採をするために周りを整備して作業しやすくする為に①前に枯れ松の伐採した丸太や枝を取り除く②際に生えているソヨゴ3本の伐採&整理をする必要が有ります。
 今日はその前作業を実施しました。また、ソヨゴは里山体験学習用の輪切りの材料とバードコール用の材を取ることにしました。

ナラ枯れのコナラの倒す方向に前に伐採した松の丸太や枝があり、ソヨゴの木が立ちはだかっています。
d0024426_21412578.jpg
まずは伐採した松の処分から始めました。
d0024426_21413251.jpg
松の取り除きを済ませ引き続きソヨゴを伐採。周辺がすっきりしました。
d0024426_21413639.jpg





[PR]
# by str1685 | 2018-01-08 21:51 | 活動報告 | Comments(0)

今月の樹木(2018年01月)

菅さん提供


イヌザンショウ(犬山椒 雌雄異株 落葉低木 ミカン科)  
                         花期78月  果期1011

 これは珊瑚だ、と思わず口をついて出そうになったのはイヌザンショウの赤くなった花柄(かへい)を初めて目にしたときのこと。珊瑚といっても浅い海で珊瑚礁を成す珊瑚ではなく、ネックレスや指輪などに加工され、彫り物や置物にも利用される深海の宝石珊瑚のことで、イヌザンショウの赤くなった花柄の色や形からは宝石珊瑚の形容しか思い浮かびません。


 花の時期には緑だった花柄の色は花が終わってしばらくすると色づき始め、秋の深まりと共に鮮烈な赤に変化していきますが、初冬には赤黒くなって鮮やかさは次第に失われていきます。
 これが本物の宝石珊瑚であれば、赤黒いものは
()(あか)珊瑚(さんご)と呼ばれる最高級品とされていますので、イヌザンショウを珊瑚と思って見る分には冬に入ってからでも観賞する価値は十分あると言えそうです。

 葉や実にサンショウのような香りがしないため、サンショウに比べて利用価値の無いという意味のイヌという接頭語が付けられたイヌザンショウ。そんなイヌザンショウでも花柄の美しさはサンショウの比ではありません。葉と果実に含まれる成分は薬用として実用的な面も持ち合わせています。

 珊瑚は世界の各地で、開運、子宝に恵まれるお守り、魔除けなどのアクセサリーとしても扱われて
いるようです。

 花言葉と同じように宝石にも宝石言葉(石言葉とも)がありますが、珊瑚の宝石言葉は長寿や幸福という縁起の良い言葉が与えられています。正月の縁起物の七福神の乗った宝船にも金銀財宝と共に宝石珊瑚が描かれていますね。
 年の初めの運試しに山に入り、まだ色の残るイヌザンショウの宝石珊瑚に出会えたとしたら、その年はきっと良い1年になると思います。


d0024426_08023824.jpg


d0024426_08025420.jpg

d0024426_08025939.jpg






[PR]
# by str1685 | 2018-01-08 08:31 | 今月の樹木 | Comments(0)