川西里山クラブ str1685.exblog.jp

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
参加者数 11名

 イベント(小学生の「里山体験学習」&北摂里山エクスカーション)を控え台風の影響で散策道が風倒木により塞がれまた、土砂により谷側の道が抉れていぶるるんがあり、補修や搬出が急がれています。今日は全般を見て、風倒木の整理&散策道の補修を実施しました。

シイタケが出始めました。大きくなりすぎ?植菌したシイタケ菌は、115号(厚肉・美味で袋掛けすると大きく出来る品種です。)  
d0024426_08532639.jpg
 今までの散策道は使えなくなり、ふれあい広場からBBQテラスへ行く途中(空中ブランコのある付近)で山側に上がる細い階段があり、BBQテラスを回り炭窯跡に下りるルートの補修。

 散策道の入り口は、放置され草が覆いかぶさり、入りずらい&階段部分は土が大分たまってきている。雑草を取り除き土も取り除きました。(観光客はそのせいか?親子ずれが、補修するとどんどん上がってきます。前のルートはそんなに通行がなかったと思いますが、今回の修復工事の途中でこんなにこのルートを歩くのかと考えさせられました。)

黄色の線で記した部分が抉られており、修復。また、ロープを張った杭も腐って弱くなっているので、添え木を打って針金で括りました。
d0024426_08535697.jpg
杭は手でゆすって確認。山側の土が道に落ちてきており、削り取って谷側の法面を補強。
d0024426_08542651.jpg


# by str1685 | 2018-10-08 09:16 | 活動報告 | Comments(0)

2018年10月03日(水)例会

 今日は平日ですが、快晴で気温もちょうど過ごしやすい温度まで下がり、参加者も増えると期待して向かいました。

参加者数 15名

 皆さんにお願いしていました木の実などのクラフト材料が集まました。
 松ぼっくり、クヌギなどの団栗、小枝が集まりました。(小学生の里山体験学習用)
 黒川里山まつり用の木の輪切り(ウッドバーニング用)は今日作成予定。

 今日は、植樹したエドヒガンが台風で折れた部分を切り戻し,トップジン(病原菌の侵入を防ぐ、塗る殺菌剤)を塗布。散策道の修復。薪割り&薪の整理。

エドヒガンが幹から折れ切り戻ししてトップジンを塗布しました。既に新芽も・・・。
d0024426_06523995.jpg
同じく幹から折れたエドヒガン。チェンソーで切り戻しをしました。
d0024426_06530066.jpg
バーベキューセンターから出会いの妙桜に下りる道で、谷側が崩れている部分補修。
d0024426_06551288.jpg
 ソヨゴ(常緑樹)が数本根が上がり倒れています。ソヨゴは根が浅いので倒れやすいです。また、倒れてもそのまま放置すると枝がぐんぐん伸びて育ってきます。
 里山では常緑樹を伐採し、クヌギ、コナラなどの夏緑林を育てていますので、伐採対象木に入ります。倒れてもそのまま放置出来ません。玉切りして何かに利用しないと・・・。
d0024426_06574538.jpg

# by str1685 | 2018-10-04 07:19 | 活動報告 | Comments(0)
 今日は臨時活動&空模様がいつ雨が降るか気がかりです。(予想では午後から?雨の降るまでの活動になりそう)

 台風の影響で散策道があれています。(道の谷川の補強。倒木の整理)イベントを控えておりそれまでに・・・。

参加者数  5名

今持っている木を枝を払って、散策道の谷川の崩れている部分の補修へ(台風で大きな枝が折れて道を塞いでいる物を利用)
d0024426_15323842.jpg
このコナラは上部で折れて道を塞いでいるので、根元からバッサリと倒しました。
d0024426_15324304.jpg
バッサリと倒れましたが、思った方向(左に倒す予定)と違った方向へ
d0024426_15324954.jpg
無事修復して、チルホールで引揚げ手すりの杭&ロープも元へ戻しました。ここでこれより太いコナラが1本枝をぶら下げて残っています。次回伐採します。

d0024426_15325431.jpg


 

# by str1685 | 2018-09-28 15:44 | 活動報告 | Comments(0)

今月の樹木(2018年09月)

菅さん提供

センニンソウ(仙人草 つる性半低木 キンポウゲ科)           

                                花期89月 果期1011

 センニンソウは基部が木質化する半木本性のつる植物で学名にClematis ternifloraとあるように園芸で人気のクレマチスと同科同属です。

 センニンソウとそっくりの花を咲かせ、よく比較される植物に同じく同科同属のボタンヅルがあります。どちらも他の植物に絡まって沢山の花を咲かせます。

 花を見比べてみるとボタンヅルはわずかに黄色みを帯びていて雄しべがよく目立つためにぎやかな感じで、一方のセンニンソウの花は純白で清楚感がありボタンヅルより大きめです。

 両者の共通点は果実が似ている点にもあります。どちらの果実にも先端に雌しべの花柱が残っていて、熟すにつれて花柱に白い綿毛様の毛が密生し、種子が熟しきると風を受けて飛んでゆきます。

 この果実の白い毛を仙人の髭になぞらえて付けられたのがセンニンソウということですが、名付けた人にはセンニンソウの方の髭がボタンヅルより長いため立派に見えたのでしょうか。

 方やボタンヅルの方は、葉の切れ込みの形から花の王様と言われるボタンにあやかった名をもらっていますので名前ではどちらもいい勝負ということになりますね。


 センニンソウの花は大輪の花を咲かせるクレマチスと比べると見劣りはしますが、大きく広がったつる全体に真っ白な花が咲くさまは壮観で、初秋の気配を感じるころに晴れ渡った青空を背景にした花を目にすると爽やかな印象を受けます。

 花の美しさから家庭園芸に用いられることもあるセンニンソウですが、つるが伸びすぎた場合は秋に地際近くで剪定すればよいとのこと。木質化した半木本性の強みで翌年にはそこから新芽が出

るそうです。ただ、キンポウゲ科の植物には毒が有り、このセンニンソウも例外ではないので剪定などの管理には注意が必要です。


 クレマチスはつる植物の女王と言われているようですが、日本の原野に自生する絶滅が危惧されているクレマチスで、女王の名に恥じない大輪の花を付けるというカザグルマの花を自然の中で一目なりとも見てみたいものです。


d0024426_07424171.jpg

d0024426_07424877.jpg
d0024426_07425695.jpg


# by str1685 | 2018-09-19 07:59 | 今月の樹木 | Comments(0)
 台風20号に続いて21号が(火曜日頃通過?)のようです。山の方の被害は?どうか気になりますね。特にがけ崩れなどの大きな破損はないと思いますが・・・。

参加者 9名

 今日は台風の被害も気になりますが、取り急ぐ作業を優先して、午後から被害調査に当てました。

 薪割り作業(これが時間がかかりました。次年度からこれの消化について考えないと毎回のの薪割り作業が付きまといますね。5人グループで臨時に出て順に回すとしても次の乾燥場をどうするか考えないと)

 イベント用意
  里山体験学習(川西北小66名)10月23日(火)
   来年度に向けてドングリの採取について考えて頂いております。皆さんの近くで採取できる場所があれば連絡ください。

  黒川里山まつり(11月4日(日))のウッドバーニング100名程度
   催しの中にウッドバーニングがあります。木の輪切りを100枚程度用意が必要です。
   焼き芋用のサツマイモの堀上は10月としました。

台風被害01 2011年植樹のエドヒガン4本枝折れ
d0024426_09082740.jpg
タラノキも無残に折れています。
d0024426_09111399.jpg
団栗小舎(2階部分の窓に取り付けた手すり左端部分落下。テレビアンテナ中刷り。外壁一部剥がれ落ちる。)
d0024426_09123845.jpg
テント車庫修復(台風で前の部分が骨組みより外れていたため補修)
d0024426_09191833.jpg
以上今日の作業で薪割りや薪を括って小舎へ配置換えして、新しく割った薪を空いたスペースに収納。木の輪切り(小学生用&里山まつり用)の画像はありません。




 

# by str1685 | 2018-09-03 09:24 | 活動報告 | Comments(0)