古城山の樹木に掲載する写真募集

我々の活動地に生息する樹木を四季折々に掲載すればと思いこのカテゴリを設けました。

皆さんで今月はこの花が良い。この樹木の解説は私がしたい。写真は私が撮ったものを掲載して欲しい。等などお受けしたいと思います。

取り敢えず。5月&6月の樹木を何を載せるか募集します。

私としては
5月 フジ
6月 ウツギ(卯の花)
と思っていますが、あるのかな?

Comments(コメント)下欄の右端をクリックしてご希望を書き込みください。
[PR]

# by str1685 | 2005-05-04 08:37 | お知らせ | Comments(0)

コバノミツバツツジ

コバノミツバツツジ(ツツジ科ツツジ属)
 春の野山を素朴な淡い紅紫色に彩り、私たちの最も身近に咲く、コバノミツバツツジ。乾いたアカマツ林などに多い低木(2~3m)で、 酸性の貧栄養な土壌を好む性質がありますが日光不足になると花が咲かない。名前のとおり、葉が3枚輪生し他のミツバツツジよりも葉がやや小形(長さ3.5~5cm)、本州中部以南,四国・中国・九州地方に最も普通に見られます。代表のミツバツツジはおしべが5本、コバノ・トウゴク・ダイセン・サイゴクミツバツツジ等はおしべが10本ある。

  松伐りし 山のひろさや 躑躅咲く     飯田 蛇笏
     林内に木洩れ日が射しこみ、コバノミツバツツジが咲いてる様子は
     大変美しい物です。(写真をクリックしていただくと拡大します)
d0024426_15461471.jpg

写真は「ささやまの森公園」尾根沿いに歩いた時の写真です。日光も充分当たり満開のコバノミツバツツジでした。
[PR]

# by str1685 | 2005-04-29 15:55 | 今月の樹木 | Comments(0)

第2回川西里山クラブ運営委員会議事録

日時:2005年4月26日 13:00~15:00
場所:東谷公民館1階会議室
出席者:小寺、辻本、小笹、大門、中井、坂東、八木
議事内容:
1.総会議題について
小笹氏より資料に基づき、5月11日に開催される17年度定時総会の議題について説明され、了承された。
なお、総会案内は27日に事務局である市から各会員に送付されることになった。

2.17年度活動計画(案)について
現段階では、古城山を主体に森林整備活動を行うことが確認された。
なお、計画(案)における年後半のシイタケ栽培、炭焼きは具体化していないので、記載しない。
また、6月に植生調査などを行い、伐採する樹木の選木を行うこと、さらに7月には救急法、スズメバチ、マムシなどの対応研修を行うこと計画する。従ってそのための準備に入ることが確認された。

3.ホームページについて
辻本氏より資料に基づき、HPについて説明され、総会の議題とすることが確認された。
特に、携帯電話用のHPも立ち上げ、連絡手段として有効にの使用する旨確認された。

4.助成金申請について
小笹氏より国土緑化推進機構に対して、地球温暖化防止の森林ボランティア活動支援事業助成金の申請を行ったことが報告された。
申請金額は活動資金総額60万円、うち助成金対象1/2(上限30万円)で、決定したとしても1/2の残額の調達が課題となる。
[PR]

# by str1685 | 2005-04-29 11:15 | 総会など | Comments(0)

゜05年 第2回 活動報告(04/17)

4月17日活動報告(快晴)
参加者:10名(地元参加2名)、午後参加6名

9:30~11:00 古城山尾根道1周 
・地元の藤巴さんから古城山のいわれを聞きながら、コバノミツバツツジの花が満開の中を散策するのは大変楽しいものでした。

11:30~14:30 森林整備作業
・前回の続きの区域で除伐作業を行いました。相変わらず傾斜が急で大変でした。
d0024426_8322589.jpg

[PR]

# by str1685 | 2005-04-20 08:15 | 活動報告 | Comments(0)

エドヒガンサクラ(゜05年4月)

エドヒガン(バラ科サクラ属)
お彼岸の頃に開花することからこの名がつけられた。下向きに咲く薄桃色の小花は素朴ながら春を告げる花として名が高い。花よりも後で葉が出る。開花期3下~4月上旬。(桜前線のソメイヨシノより少し早い)分布本州、四国、九州。
落葉高木(樹高20~25m)
葉は単葉で互生。
樹皮は暗灰褐色(浅く縦皺が入る)

生命力が強く、大木も多い。樹齢1000年を越すと言われる桜もある。
県下の銘木=樽見の大桜(兵庫県養父郡大屋町樽見)国の天然記念物

「エドヒガン」これが兵庫県版レッドデータブックのCランクに指定されているそうです。
そう聞きますと、ますます大切にしないといけないと思いました。

日本の野生のサクラは六群(ヤマザクラ、マメザクラ、チョウジザクラ、エドヒガン、カンヒザクラ、ミヤマザクラ)に分けられます。ヤマザクラ群(ヤマザクラ、カスミザクラ、オオヤマザクラ、オオシマザクラ)
d0024426_17131439.jpg

画像は古城山活動地の入り口左側に自生しているエドヒガンです。
[PR]

# by str1685 | 2005-04-11 09:54 | 今月の樹木 | Comments(0)