人気ブログランキング |

川西里山クラブ str1685.exblog.jp

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2019年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0024426_08165042.jpg
昨年の実施状況
d0024426_21004942.jpg

by str1685 | 2019-03-28 21:10 | お知らせ | Comments(0)
 前回の植樹作業の残りもありますが、急遽その折に伐採してあるコナラにシイタケ菌を植菌するために臨時作業となりました。

参加者 8名

ホダ木づくり(1mに玉切り)、椎茸菌植菌(穴あけと形成菌115号植菌)、クヌギ苗植残し苗植栽・土留等を実施

ホダ木用に長さ1mに玉切り
d0024426_16120987.jpg
ホダ木に穴あけと植菌。流れ作業で約50本
d0024426_16121297.jpg
ショックンしたホダ木を仮伏。井桁に並べて、上にシートを被せ5月頃まで保管。菌の回り具合を見て本伏します。
d0024426_16122258.jpg
植樹の残りを植えこみましたが、風の影響を抑えるため苗木に支柱を立てて紐で括りたいと思います。(作業はまだまだ続きそうです。)
d0024426_16122638.jpg





by str1685 | 2019-03-28 16:19 | 活動報告 | Comments(0)
 今日はイベント活動で、平成最後の「天皇陛下御在位30周年記念植樹」として、一般募集を募り実施しました。

参加者 40名(会員 17名、一般参加 23名)

しかし、天候はままならず雨模様で中止もやむを得ないかの状況の中実施に踏み切りました。お陰様で開催までに雨は小雨から上がり始め植樹している間はどうにか雨が降らずぽつぽつと雨が降り出しそうね時点でお昼になったので早めに切り上げ山小屋でお昼にしましょうと切り上げ

何時降り出してもおかしくない空模様です。皆さん集合してくれるでしょうか?
その心配もすぐに消え定刻までに予定された方々が揃いました。
d0024426_14162705.jpg
出席者の確認を取り挨拶(植樹の意義&天皇陛下在位30周年記念植樹の事も告げ)植樹地へ
d0024426_14163625.jpg
鹿防止ネットの延長は100m面積で約600㎡に100本植栽予定です。全部完了するか疑問ですが、残りは後日私たちが仕上げます。
d0024426_14351177.jpg
昼食は団栗小舎で、空模様が気になります。食事中に霰が降り出し屋根の中で良かったです。
d0024426_14590908.jpg
昼食時には豚汁とコーヒーを振舞いました。トン汁は大変好評で次々お変わりが出ました。
d0024426_14591380.jpg
午後からは2班に分かれて、1班はウッドバーニング、2班は薪割り体験と交代で
ウッドバーニング
d0024426_15061681.jpg
薪割り体験
d0024426_15062052.jpg
薪は冬場に伐採したナラ類を梅雨までに割って、乾燥小屋で乾燥させてやっと薪になります。その乾燥度を測る水分計で薪と
なった木と今割った木の水分を比較して見せています。

d0024426_15343000.jpg
最後に記念碑前で

d0024426_15435899.jpg
北摂里山博物館掲載 天皇在位三十周年記念植樹後半レポです。




by str1685 | 2019-03-28 15:38 | 活動報告 | Comments(0)
菅さん提供


アブラチャン(油瀝青 落葉小高木 クスノキ科)          

                                  花期3月  果期910

 植物の名前を見ていると、なるほどと思わせるものや、なぜこんな名前と思わせるものが少なからず見受けられます。思いつくままに列挙すれば、ヘクソカズラ(屁糞葛)、バクチノキ(博打の木)、ショウベンノキ(小便の木)、イヌノフグリ(犬の陰嚢)、シモバシラ(霜柱)、ハキダメギク(掃溜菊)、ネコノチチ(猫の乳)など。

 標準和名でこれですから地方名となると数えきれないほどありそうです。名の通ったものでいくつか挙げると、ナンジャモンジャ(標準和名ヒトツバタゴ)、ヨグソミネバリ(夜糞峰榛標準和名ミズメ)、ウシゴロシ(牛殺し 標準和名カマツカ)など。

 これらは花の印象や実の形、においなどが名前の由来になっているようですが、物騒なものや声に出すとはばかられるようなものもあって、そのような名前をもらった植物にとってはとんだ迷惑でしょう。

 そんな中でアブラチャンとはなんとも可愛い名前です。アブラクンでもアブラサンでもなくアブラチャンとなったのにはちゃんとした理由があって、実に多く含まれる油分が関係しているようです。日本の古い塗装技術に油と松脂を混ぜて塗る「チャン塗り」というものがあり、チャンは漢字で瀝青と書くようで、この瀝青に由来するようです。

 瀝青を辞書で引くと天然アスファルト・コールタール・ピッチなどの種類があり、防水剤や防腐剤などに用いられているとあって、どうやらここのところがアブラチャンとつながったと思われます。余談ですが教科書に出ていた瀝青(れきせい)(たん)とはこの瀝青を含む比較的柔らかい石炭ということを今回知りました。


 花の時期には良く似た花のダンコウバイもあって見分けが付きにくいこともありますが、アブラチャンには花序(花の集合体)に比較的長い柄があり、ダンコウバイは花序柄が短くて花が枝に直に付いているように見えます。

 実は熟してくると果皮が割れて大きな種が現れます。種の油は灯火用や工業油として利用され、材はしなりとねじれに強いことからカンジキの輪に重宝されたそうです。

 この木をウシゴロシと呼ぶ地方もあるようですが、カマツカ同様に材の性質を活かして牛の鼻輪に利用されたことでそのように呼んだものと思われます。

 

 なお、鼻輪は牛を殺す目的でするものではなく、鼻輪を付けることにより牛の動きを制御できることからウシゴロシというようになったというのが小生の解釈です。

d0024426_15403830.jpg

d0024426_15404220.jpg



by str1685 | 2019-03-25 15:41 | 今月の樹木 | Comments(0)

 臨時で山に上り17日の植林について当日までに用意が出来ていない部分を仕上げるために呼びかけて集まって頂き出来る限りの事をしてきましたが、まだまだ残っている事があると気がかりです。

参加者 3名


確認事項

クヌギの苗木を引き取りに行って頂き柵内に100本あるのを確認しました。(有難うございました。)

ヘルメットの確認(30個段ボールに用意してありました。)

ネットを支えているポールが角の部分が1本、中に倒れこみそうになっていたので、外側に引っ張るようにセットしピンと張れるように手を加えました。

d0024426_09015187.jpg

実施事項

記念碑に設置(一角を横木で囲み表面に白い砂を入れました。)

d0024426_09011749.jpg
植樹して頂くのに少しでも安全に作業して頂くために歩道を増設

植樹の手順で竹の横木を数カ所作りました。

実施の場合は掘って出た土は、先に竹で土留めを作った位置に土を置き、炭入りの土を底に混ぜ込み苗木を入れ

て、埋める土は山側から削り取って埋める。

d0024426_09015509.jpg





by str1685 | 2019-03-14 09:19 | 活動報告 | Comments(0)
お陰様で募集定員を超えましたので、募集を終了しました。(2019年3月11日募集終了)
有難うございました。
d0024426_19111519.jpg
d0024426_08053288.jpg


by str1685 | 2019-03-07 22:07 | お知らせ | Comments(0)
参加者 9名(会員8名、外部1名)

今日は3月17日の植樹に向けて鹿ネットを貼りました。
ワイヤーメッシュ
最初に門扉(縁を単管で中をコンクリートの土間を作るのに中に入れるワイヤーメッシュを使用)を最初に立ててそこから等間隔に支柱を立てて、ネットの上下の紐を貼りネットを伸ばしていきます。
d0024426_21203460.jpg
ネットを上下の紐に沿って伸ばしています。
d0024426_21202305.jpg
d0024426_21203191.jpg
門扉も完全に出来上がりました。
d0024426_21202876.jpg
 ネット張りの他に植樹地の中を歩き易くする為の道や植樹位置の穴掘りをして一段落です。ネットを張る終えると同時に雨が降り始めました。

 植樹当日までにしておきたい事項
1)記念碑の設置
2)客土の運び込み






by str1685 | 2019-03-07 22:05 | 活動報告 | Comments(0)
参加者 8名

状況

 能勢電ケーブルは3月15日(金)まで運休、3月16日から運行開始です。

 3月17日(日)は「楽しい里山づくり(植林体験会)」を予定しています。

 準備する期間は、ケーブル運休中です。頑張って下記事項を仕上げないといけません。

 

 今日の作業

 植林地の整備

  とにもかくにも安全に作業して頂くのが、第一条件です。

  よって、門扉の予定場所を平坦にし、入り口から斜めに道を付けました。

  (安全のために横にも道が必要ですが、今日は出来なかった。)

  植樹して頂く場所の竹で目印を立てました。(植樹予定は100本ですが90本の目印を立てました。)

  伐採して、施業道に置いている材(コナラ)を団栗小舎へ。(シイタケのホダ木に成りような材が約50

  本出来そうです。)

  看板の作成(天皇陛下在位30周年記念植碑をウッドバーニングで焼きこみ。「天皇陛下在位30周年記念

  植樹」、「平成三十一年三月吉日」、「川西里山クラブ」の文字を三面に刻みなした。防腐剤塗布済。)

  

 次回の作業(3月6日(水))明日は雨の予報ですが、水曜日は曇りの予想です。

  鹿ネットを張る予定です。業者の方の指導で張り終えたいと思います。

  記念碑の設置

  当日の植樹のために、植える場所を少し掘って作業をし易いように準備したい。

 当日の予定(3月17日(日))植樹日

  受付の準備(ふれあい広場で参加者を待ちますので、ポスター&名簿)

  受付後植林地まで案内(これまでに植樹したA地区を見て植林地へ向かいます。3名程度で案内)

  植樹するクヌギの苗木(8日に林、逸見さんで引き取りに行きます。)

  豚汁(馬淵さんが材料をそろえて頂きます。当日は女性の方に炊き込みをお願いします。)

  ウッドバーニン(中橋さんを中心にご協力をお願い致します。)

  薪割り(馬淵さん中心にご協力をお願いします。)


笹の物差し(2.5m)で等間隔に植樹位置の目印に竹を立てています。
d0024426_20510403.jpg
上の入り口付近を平坦にし、その東北から南西に斜めに歩ける道を設置。
d0024426_20510959.jpg
切り倒した材は団栗小舎へ運び上げた。
d0024426_20511251.jpg
食事の合いまにアセビを見ると花が満開です。白花の方が早咲きかな?赤色は蕾が膨らみ今にも咲きそうです。
d0024426_20511947.jpg



by str1685 | 2019-03-04 21:01 | 活動報告 | Comments(0)