人気ブログランキング |

川西里山クラブ str1685.exblog.jp

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2019年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 前回の例会が雨模様で、今日に例会を振り返ましたが前日の夜から降り出した雪が積もっています。山上はもっと積雪があるだろうと判断しました。
 山に上らず出来る事をしようと麓の竹切をすることにしましたが、川の下へ降りないと出来ません&雪もあり作業するには、足元が不安定で見えないし、切ると竹の葉に積もっている雪が落ちてきます。
 よって今日は下調べにとどめました。

参加者 5名

 必要な分量 100本植樹する事で、竹の長さを5mで約24本⇒最低15本 
 (内訳)支柱用に 1.3m25本  ⇒ 9本(この分は現在団栗小舎に置いているヤダケで間に合うと思われます。)
     土留め  1m50本  ⇒10本
     土留めの杭に1m25本 ⇒ 5本

 山の上も雪が積もっています。安全を考えて今日の山登りを止めました。駐車場にある竹を伐採してクヌギの植樹用に使うため確認に行きました。
 
d0024426_17091159.jpg
 手前から入り河原に下ります。奥に柿木がありそこまで整理する事にしました。しかし足元も雪で危険なために実施を諦めて、様子を確認するだけにしました。
d0024426_17091499.jpg
竹藪の中は相当荒れています。枯れた竹が折れて中で重なり整理が必要です。
d0024426_17091689.jpg
d0024426_17092079.jpg
d0024426_17092399.jpg

by str1685 | 2019-01-27 17:47 | 活動報告 | Comments(0)
 今日は朝から小雨で、ケーブルは運休中です。よって通常は雨でも団栗小舎で何か出来る事を実施しますが、歩いて登るのに雨では無理であるため例会を1週間延期し1月27日(日)にしました。
 しかし、黒川駅に6名揃いましたので自動車で団栗小舎まで行き活動をしました。

参加者 6名

 活動内容
 植林の準備が急がれますので、雨も止んだ模様ですから伐採を実施。ウリハダカエデの樹液採取のセット。木の輪切りを実施しました。

明けは止んでいますが、ガスがかかりこのような状態です。伐採も進み残りわずかですが伐採木の整備などまだまだあります。また、小枝などは、斜面の横に水止めをする形(ダム?)のように横に敷き詰めたい。
d0024426_09551280.jpg
伐採した木は赤松が多く道の土留めの補強に使いたい。
d0024426_09552651.jpg
ウリハダカエデの樹液採取は2カ所(昨年同様)セットしました。
d0024426_09561266.jpg
d0024426_09561697.jpg
木の輪切り。(桐の木で柔らかくウッドバーニングには適していると思われるが、真ん中に穴が開いているので、これをうまく利用してよい作品を作って欲しいと思います。)
d0024426_09562734.jpg
ウリハダカエデの幼木が多分鹿が樹皮をハイだと思われる痕跡が、2カ所ありました。鹿はこの植物を食べないと聞いておりますが、背に腹は代えられないと食したと思われます。(鹿の増加or餌の不足の両方がそうさせていると思われます。)
d0024426_09564183.jpg

by str1685 | 2019-01-21 10:09 | 活動報告 | Comments(0)
菅さん提供

カナメモチ(要黐 常緑小高木 バラ科)          

                                 花期56月  果期1112

 樹木の花がどれも散って若葉になってしまった中で、紅葉の季節でもないのに思いがけず赤い葉が見える、と清少納言が枕草子に取り上げている樹木はカナメモチと言われています。

 季節が巡って年も改まった真冬、紅葉していた木々のどれも葉を落とした冬枯れの中に、思いがけず赤い実を鈴なりに付けたカナメモチを見ることがあります。

 別名アカメモチと言われるように春先の新葉は赤く、新緑の中で良く目立ちます。真冬の季節には常緑の濃い緑の葉と対照的な真っ赤な実もいやが上にも目立つ存在で、鳥たちにとってはこの時期には貴重な食料と思われますが意外と食べられてはいないようです。

 いろんな木の実を味わった中ではカナメモチは不味い中でもとりわけ不味いというほどでもなく、バラ科の実の果実酒はどれも芳醇な酒になった経験から、カナメモチの実でも旨い酒ができるのではないかと思っているくらいなので、鳥の味覚と人の味覚とではかなり違いがあるということなのでしょう。

 カナメモチは漢字では要黐と書き、固い材が扇子の要に使われたということと、革質の葉がモチノキに似ることからこの名が付けられたようです。

 赤い実を付けるマンリョウやナンテンは正月飾りに良く使われます。マンリョウは万両に通じ、ナンテンは難を転ずるに通じる縁起物という訳ですが、カナメモチについては縁起物扱いされて正月に使われるという話は聞きません。それどころか、枕草子の中では品が無い感じ(しななき心地)の木とさえ書かれています。

 緑に映える赤い実も、梅の花に似た白い花も、どこがどのように品が無いのか凡人にはさっぱり分かりませんが、カナメモチの名誉のために正月飾りに使える要素がないか考えてみました。

 物事の最も大切な点や事柄を指して肝心要と言うときの要の語源は、扇子の要に由来すると言われています。要は扇子の中骨がバラバラにならないように束ねて留めてある最も大事な部分で、その扇子は開いた時の末広がりの形から縁起物として正月飾りにも使われます。

 カナメモチの花言葉は「賑やか」。その実を正月に飾れば一家が一つにまとまり、賑やかな正月が迎えられるということになります。

 カナメモチのモチも正月には欠かせない餅に通じ、マンリョウやナンテン同様に縁起の良い植物となります。


 という次第で、めでたく縁起物の仲間入りと相成、めでたしめでたし。

d0024426_21531787.jpg


d0024426_21532191.jpg

d0024426_21532402.jpg



by str1685 | 2019-01-20 21:54 | 今月の樹木 | Comments(0)
 ケーブル運休中&正月休みのせいか参加者は少なかったです。気温3℃

 参加者 8名
 
 植林予定地の皆伐(今日の仕事)
 植林予定地伐採、下刈り。

   植林用客土(苗木を健やかに育つよう苗木を植える際混ぜ込む)

仕事の打ち合わせ

 1)植林は市民参加で3月17日(日)に決定
   午前中植林午後から昼食時に豚汁、コーヒー。ウッドバーニング&薪割り(講座を開く件は取り止め)
 2)植林のために竹を切り出して用意をする。(予定として2月17日の例会で実施)
 3)広報関係は川西市広報、北摂里山博物館で実施。
 4)苗木は3月初旬に日程を決定し2台のマイカーで取りに行く。(決定日はこれから先方と打ち合わせをしてなるべく早
   くお知らせします。
 5) 竹切(目印の杭1.3100本。土留め用横木(50㎝)杭(40㎝))

   2月17日(日)例会日に黒川駅の駐車場の竹藪。

 6)参加費(再度検討)
 7)募集人員 20名
 8)タイムスケジュール
 1030      ふれあい広場集合

 10301045 挨拶

 10451100 植樹現場へ

 11001200 植樹実施

 12001210 団栗小舎

 12101300 昼食(提供:トン汁&コーヒー)

 13001430 薪割り体験&ウッドバーニング

 1430     解散

植林地の皆伐と下刈りを進めました。他に客土として良いものを運び込んでいます...。期待して下さい!


まっすぐ伸びた松を倒したので、路肩を崩れないように補強しました。(なかなか重かったですがチルホール(手動ウインチ)を使って

やっを道に沿って置くことが出来ました。杭を打って落とし込めば出来上がりです。

d0024426_20523528.jpg
大きな樹を倒した後は、枝払いをして整理ししていますがそれでもまだまだ仕事があります。
d0024426_20524101.jpg
ネザサが40~50㎝程度伸びています。これも刈り取っておかないと植栽したクヌギの成長を妨げます。
d0024426_20524512.jpg
植林予定地の伐採もあと僅かになってきました。
d0024426_20525056.jpg
あと1日で目途が付くと思います。













 

by str1685 | 2019-01-10 21:14 | 活動報告 | Comments(0)

2019年新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
 自然災害を乗り越えて今年は「幸」に向って一直線(諸突猛進)で行きましょう!

d0024426_08092426.jpg


by str1685 | 2019-01-06 08:09 | その他 | Comments(0)
 いろいろな思いを残して2018年は暮れて、新しい希望の年2019年が明けました。今年の1年里山活動が安全で活動できますよう山頂の「能勢妙見山」 (北極星信仰の聖地=運命を司る王様「北極星」をお祀りする) にお参りしました。

 参加者 13名(会員12名+関係者1名)

例年通り本堂へ上がり、祈祷をして頂きました。
d0024426_09015584.jpg
その後団栗小舎まで折れてきて、改めて新年の挨拶&乾杯!です。
d0024426_09020398.jpg
和やかに雑談。皆さんに今年の抱負?など挨拶を兼ねて披露して頂きました。
d0024426_09020835.jpg
お酒(ビール、清酒)。おつまみいろいろ5種類程度。雑煮はおすましで、水菜、大根(頂きもの)で用意していましたが、特別にサンドイッチ(下記写真)の差し入れや、手作りの吊るし柿&???。がありました。
d0024426_09021333.jpg



by str1685 | 2019-01-03 09:12 | 活動報告 | Comments(0)