川西里山クラブ str1685.exblog.jp

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2018年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 これから冬場にかけて樹木の伐採シーズンです。その先に今一度チェンソーの取り扱いについて、基礎から勉強する事で安全な操作を身に着けて頂くために開催しました。

参加者 8名

 いつも通り体を解す為ラジオ体操から始め、午前中チェンソーの整備を実施し、午後から実際にコナラの大木を伐採します。

 早速チェンソー講習会が始まりました。手前に玉切りするように台に乗せたコナラの丸太があります。講習会はまず何からしますか?
 通常は刃研ぎですが、真っ先に実施したのは、現在使っているチェンソーで玉切りを実施します。切れなかった機械でエンジンの調子も悪い機会です。
d0024426_19531242.jpg
一番調子の悪いチェンソー(エンジンのかかりが悪い。かかってもアクセルを吹かすと止まる。)エアクリーナエレメントの清掃をするためにチョークを閉じる(掃除に伴いゴミがエンジン内部に落ち込まないよう、チョークを閉じます。)プラグの状態&点火も点検。特に異常はなかった。考えられるのはゴミがエンジン内部に落ちピストンリング&ピストンにも傷があるかもしてないとの事でした。
d0024426_21083146.jpg
次に刃研ぎ、チェーンの張りを一杯に張る(溝に深くはまり横に動かないように)目立てゲージを乗せて矢印に合わせて、丸ヤスリを一直線に研ぐ。バーの溝が歪んでおり、チェーンが横に倒れるようではだめ。
d0024426_21084799.jpg
色々説明を受けながらやっと研ぎ上がりました。
d0024426_21085108.jpg
早速研ぎ上がった刃で、研ぐ前と後の切れ味を試しました。(真っすぐよく切れる。)
d0024426_21085815.jpg
午後からの作業はコナラの大木を倒します。松枯れの処分をまず実施し、伐倒するコナラに一本梯子で高い位置にワイヤーをかけて、倒す方向に(ロープはダメ!わいやーで)。倒す方向は、かかり木にならないように&倒した後運ぶ出しやすい場所を考えて。
d0024426_21461776.jpg
まず、受け口(径の3/1程度)。ここで受け口の下の切り口(平らな部分)にさらに3/2程度下に切り込みました。(これは、切れた折平らですとバウンドして、飛ぶ恐れがあるため)反対側から追口(3/2程度)ツルを1/10程度残す感じで。
d0024426_21462442.jpg
少し思ったより右側(谷側)に倒れ、少しかかり木に成りかけ?です。まづまづ成功!
手前に白いロープ。ここから下へ20m横へ30mを皆伐して、クヌギを植樹&鹿ネットを張る予定です。
d0024426_21463718.jpg
切り口で、倒れた方向と再確認です。ツルは綺麗に揃っていました。切る方向が思ったより右側に切っていたと思われます。
d0024426_21463365.jpg
切った大きなコラらは、枝を払って玉切りして地面に完全に落とし落ち着かせて、団栗小舎に帰ってきました。ふと上を見ると鮮やかにモミジが染まっていました。(ご苦労様)
d0024426_21464018.jpg


by str1685 | 2018-11-28 09:33 | 活動報告 | Comments(0)
 今日は川西市 市民環境部 環境衛生課 主催で新しくオープンした「キセラホール」で、平成30年度生物多様性ふるさと川西シンポジュームが開催され、私たちのグループもパネルセクション参加団体でパネル展示に参加しました。

 参加者 2名


d0024426_19061620.jpg
展示内容(私たちの活動の様子と薪と柴)特別にパソコンで私たちの1年間の活動を映しました。)
d0024426_19073517.jpg
各団体の展示の様子
d0024426_19073801.jpg
 

by str1685 | 2018-11-27 19:12 | 活動報告 | Comments(0)

2018年11月18日 例会

 少し寒くなってきましたね。しかし活動するのには適温です。

参加者 14名

これからの作業予定
     のポスター掲載について打ち合わせ。
 25日 チェンソー講習会
     今年の計画として30m×20mの区域を皆伐して、植樹を予定している&冬季期間は木の伐採が主の仕事になるので、
     今一度安全確認のために、チェンソーの整備と木の伐採について、講習会を実施します。
12月2日 納会の出席予定者把握(掲示板に名簿を張り出席の方は〇、欠席の方は×印を記入して頂きました。 

今日実施の仕事
 玉切りしたクヌギの運搬
 ポスターの選択
 薪割り&薪の移動 
 伐採予定地の取り掛かり(低木と中低木を伐採) 

午前中に先に玉切りして山の中に置いているクヌギを運び終えて、午後からこれから皆伐して植樹する予定地の小木を伐採に入りました。(次回はチェンソーの講習会でコナラの大木を倒す予定ですから、かかり木にならないように用意しました。)
d0024426_17324809.jpg
運搬車のエンジンオイルを交換しています。(ギヤーオイル等も交換が必要でオイルを発注する事にしました。)
d0024426_17373673.jpg
収穫したシイタケはみんなで、分けて持ち帰ります。
d0024426_17373280.jpg




by str1685 | 2018-11-27 17:43 | 活動報告 | Comments(0)
菅さん 提供

ヤブサンザシ(藪山査子 落葉低木 雌雄異株 スグリ科)          

                                   花期45月  果期1011

 以前に沢山採れたらジャムを作ってみようと思い、庭の隅で育てていたスグリの実は熟しても緑色のままでしたが、秋の山歩きでは林縁などで真っ赤に熟してはち切れそうになったスグリ科のヤブサンザシの実を目にすることがあります。


 ヤブと名の付く植物には、藪に生えるという意味と人の役に立たないという意味で付けられるものがありますが、ヤブサンザシは暗い藪の中では見られず、日当たりの良い崖や大小の石が混じるガレ場で見られますので当然後者の意味になります。

 人の役に立つサンザシはバラ科の植物で、健康食品や薬用として用いられスーパーフードとして高い評価があるのに対して、ヤブサンザシの実は食用にはならず薬効もないようです。そのようなところからヤブサンザシの名になったようです。

 ヤブサンザシに出会った当初、見た目に美味しそう見える実に惹かれて口にしたことがありますが、食用のスグリとは大違いで本当に不味いものでした。

 小さい薄黄色の花は目立たないうえ実も食用になりませんが、実の美しさから庭木や盆栽としては利用されているようです。

 樹高は成長しても1メートルほどですが、地際からも一つひとつの枝からも良く枝分かれするためある程度の場所は必要としても、庭木として利用する場合は自然の中の生育環境からみてあまり手間はかからないと思われます。

 秋の深まりにつれ、瑞々しかった赤い実は次第に萎びてきて、ススキの穂と並んでいる様子などを見ると、過ぎゆく秋をいやがうえにも感じさせるものとなってきます。


 庭に植えれば、秋の感傷に浸る格好の庭木の一つになるかもしれません。


d0024426_17270748.jpg


d0024426_17271033.jpg

d0024426_17271453.jpg



by str1685 | 2018-11-26 17:49 | 今月の樹木 | Comments(0)
予定表

 今日の活動地はきずきの森で台風などで倒れたコナラを丸太切りして、運び出しました。

参加者 8名

d0024426_07370760.jpg

by str1685 | 2018-11-12 07:37 | 活動報告 | Comments(0)

 阪神北地域-ひょうご北摂には、人々の暮らしの中で守られ、貴重な自然を今に伝える魅力ある里山が数多く残されています。これらの北摂里山の魅力を国内外に発信を行うとともに、里山の持続的な保全と利活用等を進めるため、国内外の里山活動団体を招き「北摂SATOYAMA国際セミナー」を開催され、セミナーの前日にエクスカーション(ふつうは遊覧旅行。小旅行。でしょうが、共同で行う野外調査と訳した方が良いかな。)で当クラブの活動地を見て頂きました。

エクスカーションスケジュール(赤枠で囲った部分が私たちの担当です。)

d0024426_10192046.jpg
 到着が少し遅れました。見て頂く予定地(60分に案内できるよう少しカットしています。)を案内できるか心配です。
d0024426_19391554.jpg
挨拶もそこそこに山の中に(BBQテラス手前を上に上がり薪炭林へ)
d0024426_22143346.jpg

 薪炭林(コナラ、クヌギ)を回ってその景観を目に焼き付けて頂き、炭窯跡
へ到着。現在は家のすぐ傍で炭焼をしていますが、昔はこのように山の中に炭窯があって炭を焼いていた説明をして、次の放置林へ。
d0024426_10060935.jpg
 放置林は、私たちがこの里山に入った時のままに保存している)場所で、常緑樹が勢力を盛り返しています。林床は暗く日光が届きません。このような状態で生物多様性が保たれるでしょうか。
そこからイロハモミジの下を潜って、今年度植樹予定地へ案内。
d0024426_10133439.jpg
 植樹予定地を案内して上がると、ウリハダカエデがあります。今年2月に樹液を採取してメイプルシロップを精製した話をさせて頂きました。
d0024426_10061991.jpg
ウリハダカエデはイロハモミジと同じような実が成っており、その実を取って飛ばしています。(イロハも見により種は少し大きいです。)
d0024426_22211510.jpg
団栗小舎の横には句脱げの丸太も置いてあり、薪割り機(2台)も見て頂き割った薪の乾燥小屋を見て頂いています。この薪はピザ店へ販売し、また、シイタケのホダ木としてシイタケの育成にも利用しているところを見学しました。
d0024426_10062419.jpg
予定では16:20発のケーブル乗車でしたが、少し遅れて最終の16:30発のケーブルで下願しました。




by str1685 | 2018-11-11 22:35 | 活動報告 | Comments(0)

2018年11月07日 例会

参加者 8名
 

活動内容

  端材の袋詰め10袋を玄関へ積み込み

  BBQテラス下の風倒木(クヌギ)玉切り搬出

  玄関わきのタイヤ横に積み上げた薪の束を移動


クヌギが大風で倒れています。2本に見えますが、根っこは1個で二股です。手前の桜も根が起きて駄目のようです。(運搬車で2回運びましたが、もう1回運ぶ必要が有ります。)

d0024426_17231077.jpg
運び残しの整理、枝をまとめています。
d0024426_17231523.jpg
団栗小舎のイチョウは色づいて落葉し道を染めています。
d0024426_17242450.jpg
モリアオガエル池 大きさを測りました。
 縦 2m 横 3m 深さ 70㎝


by str1685 | 2018-11-08 17:32 | 活動報告 | Comments(0)
 今日は例会日とイベント「黒川里山まつり」と重なりました。
 今回は当日受け付けてするのでなく、事前に募集し申込者を案内する事にしました。参加申し込みが少なかったです。特に1番目の10:30は皆目ダメで11:30と12:30に集中しました。ドタキャンもあり、進行順序も急遽変更もしどうにか終えました。お客さんはまず喜んで頂けたと思います。
 
参加者 62名(会員 16名、一般参加者 26名、その他 20名)

受付準備完了(ふれあい広場で受付をして里山散策を実施団栗小舎へ。団栗小舎では、ピザ&コーヒー、焼き芋を提供しウッドバーニングを実施します。

受付はふれあい広場で、9:30に設定完了です。
d0024426_17374690.jpg

団栗小舎でも着々と受け入れ準備が進んでいます。
d0024426_17444678.jpg
団栗小舎の中では、ピザのトッピングも始まっています。
d0024426_17511493.jpg
散策の案内風景をカメラに収めていませんでした。急遽回る順序の変更もあり、団栗小舎でのピザ&コーヒーとウッドバーニングの様子はカメラに下記の通り収まましたが、散策の様子を撮るのをすっかり忘れていました。
d0024426_17583470.jpg


d0024426_17595142.jpg

d0024426_18005366.jpg

d0024426_18013600.jpg



by str1685 | 2018-11-04 17:41 | 活動報告 | Comments(0)