今月の草本(2018年8月)

菅さん提供


クサアジサイ(草紫陽花 アジサイ科)           

                          花期8月~9月 

 立秋が過ぎて虫の声を聞くようになった8月の半ば過ぎ、とっておきの場所にお目当ての花を見に行きました。日中はまだまだ日差しが厳しいのですが、ここは山からの湧水(わきみず)の流れる沢のほとり..。ふた月ほど前に咲き終えたヤマアジサイの花殻を横目にして小さな滝から聞こえる水音を耳にしながら進んでいくと、期待にたがわずその花は咲いていました。


 この時期にこのような涼しげなところに咲いてくれているのがアジサイの仲間のクサアジサイ。名前にクサと付く通り、草本の多年草のこの山野草は木本のアジサイに比べるとか弱そうで花も数日で散ってしまいそうに見えますが、以外と長期間花を見ることができます。

 同じような環境に咲くヤマアジサイと比べると大きな装飾花も小さな花の集まりの両性花も繊細な感じがして、開花前の丸い蕾の縞模様は、美しい色糸を幾重にも巻いた日本に古くから伝わる優美な手毬(てまり)を連想させます。最初は垂れているこの幾つもの蕾が日ごとに立ち上がり、次々に咲いていくので長期間花が楽しめる訳です。


 花色はピンク色のものを多く見ますが株によって濃淡があり、さらに紫がかっているものや純白のものなどさまざまですが、ヤマアジサイに見るような青い花は見られません。

 木本のアジサイの花色は、土壌の酸性度(pH)で青や赤に変化することが知られていますが、クサアジサイはその影響を受けないのか、青いヤマアジサイが見られる近くに咲くものでも青い花にはならないようです。


 クサアジサイの青い花も見てみたいものですが、地域によっては白い花しか見られないところもあるようなので青い花を期待するのは贅沢というものでしょう。

 公園や家庭園芸で目にする装飾花が全体に丸く集まって咲く豪華で見応えのあるアジサイは野生種のガクアジサイを改良した園芸種ですが、人の手が加わっていないいかにも草という印象を持ち、(たなごころ)に隠れてしまいそうな花を咲かせるクサアジサイは、容易に手折(たお)ってしまえそうな華奢(きゃしゃ)可憐(かれん)な美しさを感じさせ、園芸種のアジサイとは一味違ったこれぞ山野草という魅力と味わいがあります。


d0024426_21455109.jpg

d0024426_21460259.jpg

d0024426_21463844.jpg

d0024426_21473861.jpg



[PR]

by str1685 | 2018-08-27 21:49 | 今月の草本 | Comments(0)

2018年08月23日(木) 臨時(植生調査)

 今日は台風20号の接近が心配ですが、出来る限り台風の状況を見ながら実施すると決行しました。台風との時間勝負?です。

参加者 9名(会員5名、人博 2名、 県 2名)

 更地(2016年)から3回目の調査です。年々植生は多くなるのは当然ですが、どのような植物が1番に生えるまた、何が優先する。優先する理由など興味がわきますね。

 植樹地A地区とB地区
d0024426_09152000.jpg
上記を簡略し作図した柵番号です。A地区はAー3。B地区はB-2で、柵外はその近くに棒を立ています。各々1m四方で仕切ってのを5カ所合計20カ所になります。
d0024426_09152246.jpg
A・B地区の各柵内と柵外について、一目で相違は鹿の食害があるか無いかで、当然柵内が背丈の大きな植生になっていますがそれが果たして生物多様性?とはいかないと思います。光の届かない場所or鹿の食害のある所の判断です。

A地区の調査地(柵内)
d0024426_09250398.jpg
A地区の調査地(柵外)
d0024426_09250935.jpg
B地区の調査地(柵内)
d0024426_09253140.jpg
B地区の調査地(柵外)
d0024426_09253549.jpg





[PR]

by str1685 | 2018-08-25 09:33 | 活動報告 | Comments(0)

2018年08月19日(日) 例会

 一時の猛暑と違い一段と過ごしやすくなりました。先週は各家庭でお盆の行事で親戚が集まったり、いろいろあったと思います。今日はその後始末などでお忙しいと思われ参加者数が低いと判断しましたがまずまずの参加がありました。

参加者数 13名

今日の作業

 植生調査の準備(23日は2016年にクヌギを植樹したA&B地区の柵内柵外の設定した20カ所を調査しますので、その前に毎木調査(植樹したクヌギの成長測定約60本)と植樹地の下刈りを今日で仕上げます。
 薪割りも引き続き実施しました。

クヌギの植樹地A地区のA-6&B地区BのB-2を約60本の(根元直径、樹高、枝張り幅)確認します。
d0024426_14191983.jpg
A地区の上から見ました。いろいろな雑草や樹木が生えてきます。今回丸印で囲んだのは、タラノキ&ヤブムラサキです。現在苗木(クヌギ)に影響を与えないと判断し、そのまま伐採せず残しました。

d0024426_14192627.jpg
 休憩のベンチにたばこを置いていたらタマムシが草に止まっていました。近づくとすぐに飛び去りました。この近くにエノキがあるのかな。
d0024426_14193591.jpg
 薪割りも大詰めもう少しで今年の薪にする分は終わりです。(少し遅れています。)
d0024426_14194521.jpg
 今日のサプライズ(スイカの差し入)がありました。完熟で皆で食後頂戴しました。
d0024426_14195011.jpg



[PR]

by str1685 | 2018-08-20 14:37 | 活動報告 | Comments(0)

今月の樹木(2018年08月)

菅さん提供


ウリノキ(瓜の木 落葉低木 ウリノキ科)           

                                     花期6月 果期89

 8月半ば、避暑を兼ねて山道を散策していると、近くにウリノキが可愛らしい姿の花を咲かせていたことを思い出し、立ち寄ってみることにしました。

 ウリノキの名の由来は、葉の形がウリの葉に似ていることからそのように呼ばれています。ウリとは無関係のウリハダカエデの葉ともそっくりです。

 ウリノキは滅多に見かけない樹木で花にはなかなか出会えませんでした。この山道は良く利用する山道ですが、ここにあるウリノキはずっとウリハダカエデと思い込んでいましたので花にめぐり会える機会を長い間 のがしていたことになります。


 数年前に偶然ここで花を初めて目にしたときは、花に出会えたうれしさと同時に我が身の観察眼の無さを思い知ることとなりました。(かえで)(たぐい)の葉はどれも対生でウリノキは互生という明確な違いがありますので、ちょっと注意してみれば違いは一目瞭然なのですが、遠目でしか見ていなかったということで自分を納得させました。

 ウリノキの葉は大きなものでは差し渡し20cmにもなりますが、実の大きさは1cmにも満たない大きさで、キュウリやメロンのようなウリの仲間の実が大きくなるのとは対照的な大きさです。

 この時期の果実はすでに濃紺色になって完熟しているようでした。多くの図鑑などには果実は藍色に熟すと記載されています。確かに結実直後の緑色から鮮やかな藍色に変化していく時期はありますが、濃紺色の果実は柿に例えれば熟柿(じゅくし)のような状態ということになるのでしょうか。


 仙台の七夕飾りに見られるような形の花は一度見たら忘れられない花です。愛くるしい花と美しい藍色に熟す果実は庭木にすれば身近で楽しめそうです。

 花びらの先端がクルクルと巻き上がったこのユニークな花の形はウリノキだけの専売特許ではありません。ウリノキとは縁もゆかりもない樹木で赤くて美味しい実を付けるツツジ科のアクシバも同じような形の花を付けます。

 アクシバが乾燥気味の所でも見られるのに対し、ウリノキは沢沿いなどのやや湿気の多い薄暗い場所で見られます。そのため、大きな葉の陰になる花や果実の撮影には一苦労です。


 さて、ウリノキの実もアクシバのように食べられるのかと言えばこちらは食べられる代物ではありません。ウリノキの名前につられて一度口にしたことがありますが、当たり前と言えば当たり前の話で、ウリノキとは名ばかりのメロンなどとは程遠いとても不味(まず)いものでした。


d0024426_20420981.jpg


d0024426_20421285.jpg



[PR]

by str1685 | 2018-08-18 20:50 | 今月の樹木 | Comments(1)

2018年08月05日(日) 例会

 口をついで出る言葉は「暑い」です。今日も猛暑!しかし、植樹地の草刈りを実施しました。勿論植樹地の草刈りも大事ですが、体はそれ以上大切にしないと・・・。(皆さん年がとしですから)

参加者 11名

 今日は前回の続きで下草刈り&薪割りを実施しました。(午前中のみで午後からは団栗小舎周辺の整備。シイタケ小屋の水やりなど)

今までに実施した植樹の実施状況です。
2011年(エドヒガン植樹 30本)2008年に種を採取し、苗木の育成し2011年に植樹丸7年が経ちました。
2013年(クヌギ植樹   80本) 
2015年(クヌギ植樹  201本鹿にネットを破られ&水枯れにより大半がダメになった。
2016年(クヌギ植樹  340本上記2件がダメになったので、その植樹地にネットを新たに張り直し、10m×10mを3カ所。20m×10mを3カ所=A地区。団栗小舎の近くにB地区として10m×10mを2カ所設置した。

私たちの植樹地を空撮の画像に書き込みました。
クヌギは最終的に2016年に3年育成した苗木を植えたもすればのが生育しています。植樹して丸2年ですが順調に生育すれば、後3年もすれば下刈りも手数が省けると思われます。
d0024426_13430297.jpg
ケーブル山上駅からふれあい広場まで歩いて5分はかからないと思いますが、上り坂で既にグロッキー?ミストシャワーを浴びて体を冷やしています。
d0024426_08014987.jpg
A地区の植樹地の作業を開始(2日目)
d0024426_08064175.jpg
先に仮払い機で粗方刈った後窯でクヌギの間らりに刈り取った草を敷き蒸散作用押さえています。
d0024426_08084829.jpg
クヌギは順調に生育しています。後3年もすれば大きくなり、下刈りの作業が省けると思われます。
d0024426_08285117.jpg
最近雨が降っていません。シイタケ小屋に散水をしました。(水は雨水をタンクに貯めてポンプで散水しています。)
d0024426_08315233.jpg
 

[PR]

by str1685 | 2018-08-10 08:35 | 活動報告 | Comments(0)

2018年8月1日(水) 例会

 今日も朝から暑いです。ケーブル始発に乗車しますが10:00発で、団栗小舎に着いて作業をし始めるまでに打ち合わせなど時間がかかります。実際に作業にかかるのは10:30を回ります。酷暑の中作業は大変を通り越しています。
 木陰で休憩や保水をして実施しています。それにしてもこの暑さ特別ですね。

参加者 10名

打ち合わせ事項
 黒川里山まつりについて
 実施日:11月4日(日)(10:00~16:00)
 実施場所
  実行委員会当てに実施内情&実施場所を8月8日までに連絡する事になっています。
  実施場所の指定は下記のどこかを希望する事になります。
  知明湖キャンプ場・黒川公民館( 前庭  ・ 館内 ・ ピザ窯周辺 )その他。

 打ち合わせ結果
  実施場所:団栗小舎(ここでは集客が見込めないので、ふれあい広場で人集めをして団栗小舎まで導く催しをする。)
  実施項目:ウッドバーニング、ピザ&コーヒー、焼き芋

 植生調査(8月23日実施予定)

 今日の作業
 植樹地の下刈り(8月23日実施の植生調査に備えて。
 薪割り
 その他

薪割り&下刈りの準備です。(薪割りは、丸太の大割りをします。下刈りはA地区の柵内を実施。)
d0024426_09491242.jpg
大きな丸太を大割りにして、小型の薪割り機の掛けられるように割っています。テント内の作業ですから暑いです。)
d0024426_09513253.jpg
大割りした薪を積み上げました。その他に薪の移動(娯楽室に移動)
d0024426_09533303.jpg
柵内と外の比較して下さい。柵の外は鹿が食べ短くなっていますが、中は相当伸びています。急な坂&笹(刈りずらい)諸条件が難しい・この暑さと相まって作業がなかなか進みません。
d0024426_09554068.jpg
下刈りの作業後です。まだまだ作業が残っています。A地区で約半分終わった程度です。
d0024426_10022891.jpg
下刈りは、午前中(12:00で打ち上げ)の作業で、今日は終わりにしました。ベンチで少し休憩をとり引け上げました。
d0024426_09590458.jpg




[PR]

by str1685 | 2018-08-02 10:05 | 活動報告 | Comments(0)