今月の樹木(2018年06月)

菅さん提供


ガン ピ (雁皮 落葉低木 ジンチョウゲ科)           

                                       花期56月 果期10


 明るく開けた山道の両側に花を付けたガンピが、まるで植えられたかのように並んでいました。日当たりの良い痩せ地を好むこの樹木の性質が良く分かる光景です。

 ガンピは枝垂れた枝という枝の先々に小さなラッパ状の花をまとまって付けます。花の一つひとつは1cmにも満たない長さで花全体の重さはわずかだと思いますが、それでも大きく枝が枝垂れるのは、表皮の下の内皮の部分の厚さに比べて木質部が細いことによるものと思われます。

 内皮は強靭で、楊枝ほどの細い枝でも手で引きちぎるのは容易ではありません。この内皮から作られてきたものが雁皮紙といわれる和紙で、繊維が短く細かい特徴を活かして透き通るような強くて薄い紙を漉くことができるそうです。

 奈良時代には紙を漉く技術も発達して、染料で染めた紙が当時既にあったことや、平安時代には和紙で作った着物も作られ始めたというから驚きです。

 江戸時代初期に伊達政宗がローマに派遣した支倉常長の一行には、鼻をかんで捨てた和紙が余りにも薄くて上質なため、民衆が争って拾ったという逸話が残っています。日本の製紙技術の高さが分かるエピソードです。

 和紙の主な原料はガンピの他にコウゾやミツマタが有りますが、雁皮紙はコウゾの持つ強さとミツマタの持つ光沢感、風合いを兼ねそなえていて、細い文字でも書きやすいことから平安期の女性たちに愛用されたそうです。

 平安の女性たちは、染色された色の異なる薄い紙を重ね合わせ、上の紙を通して下の紙の色がおぼろげに透けて見える二つの色が綾なす色の変化の妙味を(たの)しみつつ(ふみ)をしたためたということです。しかも色の組み合わせに名前をつけ、季節に合わせてそれを選んだということですから、昔の人の紙への深い情愛はプリンターから排出される印刷物しか手に取ることのない現代人から見れば夢想だにできないことですが、言霊(ことだま)という言葉が示すように言葉には霊力が宿ると信じられていた上代には、言葉を書き(しる)す紙にも人々は特別な思いを持っていたと考えてもおかしくはないように思います。

 手漉き和紙の技術の継承者がなく、和紙生産の存続が危ぶまれているという話を聞いて久しくなります。栽培が難しいと言われるガンピそのものも準絶滅危惧種に指定されている所もあるようです。

 可愛い花を付けるガンピも、世界に誇れる和紙も、ともに身近に触れられる存在であ

り続けることを祈ります。

d0024426_20400457.jpg

d0024426_20403428.jpg









[PR]

by str1685 | 2018-06-18 20:48 | 今月の樹木 | Comments(0)

2018年06月17日(日)  例会

参加者 13名
 

実施事項

 予定が随分遅れています。急務は玉切りした丸太が庭に大分転がっており、現在虫はさなぎになりかけています。早く割って干す作業が急務です。

 イベントの用意

 1)竹中工務店の研修会(6月29日(金))

 2)北摂里山博物館の「こども探検隊」(7月30日(月))

 3)作業道の点検


 薪割り作業をして、乾燥小屋に運びますが、乾燥小屋は既に満杯です。乾燥済みを束に括り、団栗小舎へ運び、空きを作っての運び込みです。

d0024426_13500584.jpg

 竹中工務店の研修会は、コーヒー豆の追加購入が必要で、2袋追加したいと思います。 


 子供探検隊でのバードコールについても約50個程度準備が出来ましたが、不足分は革紐が足りません追加購入して、当日に間に合うようにします。


 作業道点検は梅雨入りで、地盤が軟弱になり路肩の一部が気にかかっており、点検をしましたが現在大丈夫と判断しましたが、手を入れて崩れを防止した方が賢明と思われます。(次回以降検討)


特記事項

 昨年はなかったですが、山小屋の娯楽室にミツバチ群が来ます。多分ミツバチの分蜂と思いますが、興味のある方は下記のHPを参考に挑戦しますか?



 




[PR]

by str1685 | 2018-06-18 14:15 | 活動報告 | Comments(0)

2018年06月14日(木) 臨時(里山体験学習 川小)

 時期が時期だけに雨で12日が順延され今日(14日)の開催されました。お陰様で今日は絶好の好天気に恵まれ、散策から
木工クラフトと無事終えました。
 
参加者 126名 (会員17名、小学4年生113名、先生6名)

活動内容
 川西小学校4年生の「里山体験学習」を実施しました。
 4クラスの対応で、散策と木工クラフトを実施しますので、下記の通り班分けをして実施。
 午前散策(1組1、2班。2組3、4班)⇒午後木工
 午前木工(3組5、6班。4組7、8班)⇒午後散策
 クラブの対応も多くの方にいろいろ体験して頂こうと散策の案内も初めての方にも経験して頂き、木工も持ち場を午前と午後を入れ替えて実施しました。

ケーブル山上駅から歩いて団栗小舎へやってきました。
d0024426_13545749.jpg
裏庭へ全員集合です。
d0024426_13550412.jpg
開校式
d0024426_10391412.jpg

1、2組は4班に分かれて散策。(散策コース)
d0024426_11354348.jpg

出会いの妙桜で記念撮影。
d0024426_10401285.jpg
3、4組は前庭と裏庭に分かれて木工です。団栗小舎の中は、見本と材料が並んでいます。
d0024426_10404675.jpg
見本と材料の説明をしていますね。
d0024426_10405050.jpg
前庭と裏庭では、加工をして接着を手伝っています。
d0024426_10405309.jpg

d0024426_10414012.jpg
d0024426_10414118.jpg
1日あっという間に時間がたちお別れになりました。











 

[PR]

by str1685 | 2018-06-16 11:31 | Comments(0)

2018年06月08日(木) 臨時 里山体験学習(加茂小学校)

 時期が時期だけに雨で順延にならないか気を揉みました。雨が本降りにならないでけ良かった。(時々小雨が)大雨にならず無事終えましたので何よりです。
 
参加者 103名 (会員15名、小学4年生84名、先生4名)

活動内容
 加茂小学校4年生の「里山体験学習」を実施しました。
 スケジュール
d0024426_09142676.jpg
開校式
d0024426_09302027.jpg
 出会い妙桜(この谷で一番大きいエドヒガン)で予め胸囲周径を計った紐を用意してあるので、これで輪っかを作りこの中に何人は入れるか見ています。8人かな?
d0024426_09302822.jpg
エドヒガンの木の下で・・・。
d0024426_09303164.jpg
本当は外で木工クラフトを実施したかったですが、天候を見て団栗小舎で実施しました。やはり手狭で動きが取れない状況です。
d0024426_09303588.jpg
d0024426_09512421.jpg
閉校式も終わり無事皆さんの帰途につく姿を見送りました。
d0024426_09303707.jpg








[PR]

by str1685 | 2018-06-10 09:54 | 活動報告 | Comments(0)

2018年6月3日(日)  例会


参加者 12名
 

実施事項

 玉切りした丸太が庭に大分転がっており、現在虫はさなぎになりかけています。早く割って干す作業が急務です。

 ★子供探検隊のプログラム打ち合わせ。

 ★8日の加茂小(85名3クラスを6班に分けて、午前中散策午後から木工とすると案内人が6

名必要です。)

  日差しは戻り曇り(晴れ)の模様

  案内人予定者:中橋、釜野、逸見、相沢、臼杵、澤田(6名)を予定したい

  木工用意:加藤、岡本、島田、辻本、堂脇、坂東(6名)予定

 ★12日の川小(114名)⇒出席して頂く方確認。

 ★バードコール(見本)作成


薪割り作業BirdCall用の材をカット、薪割り、ナラ枯れによる被害木伐採後のカーマブ剤再燻蒸。

d0024426_21321706.jpg
大径木のコナラは大型の薪割り機(20T)で割っています。
d0024426_21322039.jpg

BirdCall見本作成中

d0024426_21322582.jpg

完成した見本(一面を削りその面に記念の文字や絵をかいてもらうようにしています。)
d0024426_21322895.jpg





 



[PR]

by str1685 | 2018-06-03 21:42 | 活動報告 | Comments(0)