川西里山クラブ str1685.exblog.jp

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2018年 11月 28日 ( 1 )

 これから冬場にかけて樹木の伐採シーズンです。その先に今一度チェンソーの取り扱いについて、基礎から勉強する事で安全な操作を身に着けて頂くために開催しました。

参加者 8名

 いつも通り体を解す為ラジオ体操から始め、午前中チェンソーの整備を実施し、午後から実際にコナラの大木を伐採します。

 早速チェンソー講習会が始まりました。手前に玉切りするように台に乗せたコナラの丸太があります。講習会はまず何からしますか?
 通常は刃研ぎですが、真っ先に実施したのは、現在使っているチェンソーで玉切りを実施します。切れなかった機械でエンジンの調子も悪い機会です。
d0024426_19531242.jpg
一番調子の悪いチェンソー(エンジンのかかりが悪い。かかってもアクセルを吹かすと止まる。)エアクリーナエレメントの清掃をするためにチョークを閉じる(掃除に伴いゴミがエンジン内部に落ち込まないよう、チョークを閉じます。)プラグの状態&点火も点検。特に異常はなかった。考えられるのはゴミがエンジン内部に落ちピストンリング&ピストンにも傷があるかもしてないとの事でした。
d0024426_21083146.jpg
次に刃研ぎ、チェーンの張りを一杯に張る(溝に深くはまり横に動かないように)目立てゲージを乗せて矢印に合わせて、丸ヤスリを一直線に研ぐ。バーの溝が歪んでおり、チェーンが横に倒れるようではだめ。
d0024426_21084799.jpg
色々説明を受けながらやっと研ぎ上がりました。
d0024426_21085108.jpg
早速研ぎ上がった刃で、研ぐ前と後の切れ味を試しました。(真っすぐよく切れる。)
d0024426_21085815.jpg
午後からの作業はコナラの大木を倒します。松枯れの処分をまず実施し、伐倒するコナラに一本梯子で高い位置にワイヤーをかけて、倒す方向に(ロープはダメ!わいやーで)。倒す方向は、かかり木にならないように&倒した後運ぶ出しやすい場所を考えて。
d0024426_21461776.jpg
まず、受け口(径の3/1程度)。ここで受け口の下の切り口(平らな部分)にさらに3/2程度下に切り込みました。(これは、切れた折平らですとバウンドして、飛ぶ恐れがあるため)反対側から追口(3/2程度)ツルを1/10程度残す感じで。
d0024426_21462442.jpg
少し思ったより右側(谷側)に倒れ、少しかかり木に成りかけ?です。まづまづ成功!
手前に白いロープ。ここから下へ20m横へ30mを皆伐して、クヌギを植樹&鹿ネットを張る予定です。
d0024426_21463718.jpg
切り口で、倒れた方向と再確認です。ツルは綺麗に揃っていました。切る方向が思ったより右側に切っていたと思われます。
d0024426_21463365.jpg
切った大きなコラらは、枝を払って玉切りして地面に完全に落とし落ち着かせて、団栗小舎に帰ってきました。ふと上を見ると鮮やかにモミジが染まっていました。(ご苦労様)
d0024426_21464018.jpg


[PR]
by str1685 | 2018-11-28 09:33 | 活動報告 | Comments(0)