人気ブログランキング |

2020年1月19日 例会

 2020年仕事始めです。冬季期間はケーブルが運休中で、基本的には徒歩で活動地まで登ります。(歩いて45分程度)一部の人は自動車であがる(年のせいで歩いて上がってその後山仕事が出来ない為)

参加者 13名(会員12名 一般1名)(自力登山者6名、自動車組6名)

 伐採シーズンに入っていますが、予定されている地区の伐採がまだ手付かずの状態です。何が何でも今日は取り掛かりたいと思っていましたが、薪の束ね(出荷用)が無くなり、買い求め頂いているお客さんからの要望もあります。また、前日に台風で倒れたエノキの大木(大木の基準は直径が1m以上を言います。)を団栗小舎へ運び込んでいます。これを玉切りして、薪用に割る作業が有りますので、今日は急遽薪の束ね&薪づくりを実施します。

運び込んだエノキの大木。
2020年1月19日 例会_d0024426_09121422.jpg

 まず最初は乾燥小屋の床補修です。ここに割った薪を乾燥させます。(梅雨入りまでは雨ざらしで乾燥させた方が、樹液が抜けて良い薪になりますが・・・。割った薪を放置できませんのでいったんここで乾燥。今日割る事の出来なかった大割りの部分は雨ざらしで、水乾燥させます。)
第2乾燥小屋の床部分が一部破損しているので、補修しました。
2020年1月19日 例会_d0024426_09101027.jpg

長さ40㎝で玉切りして、そのままでは大きくて薪割り機に乗せるのが大変なので、楔を打ち込んで大割りです。
2020年1月19日 例会_d0024426_09215487.jpg

楔を打ち込んで割っても木に粘りがあり、中々離れません。バーを二人で差し込んでこじ開けます。
2020年1月19日 例会_d0024426_09241964.jpg

大割りした材を薪割り機で更に割って薪の状態にします。
2020年1月19日 例会_d0024426_09255801.jpg

薪割り機で割った薪は、修理した乾燥小屋に取敢えず山ずみです。
2020年1月19日 例会_d0024426_09300762.jpg

一方では、乾燥済みのコナラを束ねて出荷準備をしています。(第一乾燥小屋で約1,000束?程度乾燥した薪が有ります。今日の束ねは100束出来るかな?)
2020年1月19日 例会_d0024426_09342504.jpg

その他に、今日の材でバードコール、花台にと別途材を保管しました。また、ウッドバーニングにリョウブを輪切りにして用意をしました。
2020年1月19日 例会_d0024426_09402403.jpg

 



by str1685 | 2020-01-19 21:00 | 活動報告 | Comments(0)

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31