人気ブログランキング |

今月の樹木 2020年1月 マンリョウ

菅さん提供

マンリョウ (万両 常緑小低木 サクラソウ科) 

                                  花期78月 果期112月                              

 花も木の実も目にすることが少ない冬場に、濃い緑の葉と真っ赤な実を付けたマンリョウはいやが上にも目を引きます。ことに、雪で一面銀世界の中で出会ったときは、緑と赤のコントラストがひときわ鮮やかに映えて美しさが際立ちます。
 マンリョウは林縁の半日蔭のような所を好み、成長しても1mほどにしかならないため、和風庭園の下層をカバーする下草として昔から重宝されてきました。
 樹齢を重ねても枝が暴れることもなくコンパクトな樹形を保ち、上品な印象が漂うことも和風庭園にはなくてはならない下草として扱われてきたものと思います。
 小低木でありながら庭の主木の松や梅と比肩する存在感を感じたのは、有名な日本庭園を散策していて庭石の傍らに赤い実を付けたマンリョウが目に留まったときでした。そのように感じたのは、周りの景色と木姿の美しさが見事に調和していたからでしょう。日本庭園ならではの静謐な空間の中に身を置いていたことで、この木の美しさを改めて知ることができたとも言えます。
 マンリョウには万両の漢字が充てられ お金にまつわる縁起の良い木として、昔から同じような赤い実を付けるセンリョウ科のセンリョウと並んで正月飾りに使われてきました。また、センリョウよりも多くの実を付けるところからマンリョウの名になったとも言われています。

 白っぽい実を付けるシロミノマンリョウと言う品種も有り、正月にはマンリョウと共に紅白取り合わせて用いられることもあるようです。


 直径8mmほどの白い花も可愛いものですが、朝に咲いて夕方にはしぼむ一日花のため、実と

異なり一度に多くの花を長期間に渡って楽しめないのは少し残念なところです。


今月の樹木 2020年1月 マンリョウ_d0024426_17343504.jpg

今月の樹木 2020年1月 マンリョウ_d0024426_17344215.jpg

今月の樹木 2020年1月 マンリョウ_d0024426_17344656.jpg







by str1685 | 2020-01-11 17:29 | 今月の樹木 | Comments(0)

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31