今月の樹木(2018年08月)

菅さん提供


ウリノキ(瓜の木 落葉低木 ウリノキ科)           

                                     花期6月 果期89

 8月半ば、避暑を兼ねて山道を散策していると、近くにウリノキが可愛らしい姿の花を咲かせていたことを思い出し、立ち寄ってみることにしました。

 ウリノキの名の由来は、葉の形がウリの葉に似ていることからそのように呼ばれています。ウリとは無関係のウリハダカエデの葉ともそっくりです。

 ウリノキは滅多に見かけない樹木で花にはなかなか出会えませんでした。この山道は良く利用する山道ですが、ここにあるウリノキはずっとウリハダカエデと思い込んでいましたので花にめぐり会える機会を長い間 のがしていたことになります。


 数年前に偶然ここで花を初めて目にしたときは、花に出会えたうれしさと同時に我が身の観察眼の無さを思い知ることとなりました。(かえで)(たぐい)の葉はどれも対生でウリノキは互生という明確な違いがありますので、ちょっと注意してみれば違いは一目瞭然なのですが、遠目でしか見ていなかったということで自分を納得させました。

 ウリノキの葉は大きなものでは差し渡し20cmにもなりますが、実の大きさは1cmにも満たない大きさで、キュウリやメロンのようなウリの仲間の実が大きくなるのとは対照的な大きさです。

 この時期の果実はすでに濃紺色になって完熟しているようでした。多くの図鑑などには果実は藍色に熟すと記載されています。確かに結実直後の緑色から鮮やかな藍色に変化していく時期はありますが、濃紺色の果実は柿に例えれば熟柿(じゅくし)のような状態ということになるのでしょうか。


 仙台の七夕飾りに見られるような形の花は一度見たら忘れられない花です。愛くるしい花と美しい藍色に熟す果実は庭木にすれば身近で楽しめそうです。

 花びらの先端がクルクルと巻き上がったこのユニークな花の形はウリノキだけの専売特許ではありません。ウリノキとは縁もゆかりもない樹木で赤くて美味しい実を付けるツツジ科のアクシバも同じような形の花を付けます。

 アクシバが乾燥気味の所でも見られるのに対し、ウリノキは沢沿いなどのやや湿気の多い薄暗い場所で見られます。そのため、大きな葉の陰になる花や果実の撮影には一苦労です。


 さて、ウリノキの実もアクシバのように食べられるのかと言えばこちらは食べられる代物ではありません。ウリノキの名前につられて一度口にしたことがありますが、当たり前と言えば当たり前の話で、ウリノキとは名ばかりのメロンなどとは程遠いとても不味(まず)いものでした。


d0024426_20420981.jpg


d0024426_20421285.jpg



[PR]

by str1685 | 2018-08-18 20:50 | 今月の樹木 | Comments(1)

Commented at 2018-09-07 21:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。