今月の樹木(2016年04月)

菅さん提供

ニガイチゴ(苦苺 落葉低木 バラ科)

                        花期45月 果期56

 甘いイチゴは子供や女性にとっては人気の果物ですが、ニガイチゴは名前を聞いただけでそっぽを向かれそうなイチゴで、食べてみるとその名のとおり甘さのほかに苦みも感じます。


 土地の崩壊や森林伐採などで地表に日が当たりだすと最初に生えてくる植物は先駆植物、あるいはパイオニアプランツともいわれますが、ニガイチゴもその一つで日当たりの良いところを好むようです。

 学名には宝石のルビーを意味する語句が含まれているようですが、明るい日差しの中では正にルビーを思わせる赤色です。

 山あいの伐採跡地に、表土に埋もれていた種、いわゆる埋土種子から出芽したと思われるニガイチゴが瞬く間に藪を形成して沢山の赤い実を実らせている光景を目にしたことがありました。ところが数年後に現地を訪れてみるとあれほど繁茂していたニガイチゴの藪がきれいさっぱり無くなっているではありませんか。他の背の高い樹木の成長に伴い被蔭されて消滅したと思われますが、表土には多くの種が埋もれていて捲土重来を期す日を待っているに違いありま

せん。

 この地でニガイチゴのルビーの実の輝きが再び見られる日がやってくるのは何年後、あるいは何十年後のことになるのでしょうか。


d0024426_23301688.jpg


d0024426_23302671.jpg


d0024426_23303542.jpg











[PR]

by str1685 | 2016-04-17 23:32 | 今月の樹木 | Comments(0)