川西里山クラブ str1685.exblog.jp

里山の整備・管理活動を行い、自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的としています。


by str1685
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2015年6月 ウツギ   (空木 落葉低木 アジサイ科) 

菅さん提供

ウツギ   (空木 落葉低木 アジサイ科)           
                   花期6~7月  果期10~11月

 卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて忍音もらす夏は来ぬ・・・と唱歌にある花がこのウツギです。

 同じアジサイ科のアジサイ属は強い日光の元では色あせて見えますが、ウツギの場合は真っ白な花が歌のように夏の到来を知らせてくれる花としてふさわしい感じの花です。
 ウツギは幹の中が空ろになっているところが名前の由来ですが、一方の卯の花の名の由来は、花が旧暦の卯月(うづき)に咲くことから来たともいわれています。
 ちなみに食べ物の卯の花は、豆腐を作る過程でできる大豆の皮の「オカラ」の語感が空に通じるため、縁起を担いで白いオカラを白い卯の花に例えたというのが通説のようです。

 ウツギと名のつくものにはバイカウツギ、タニウツギ、ハコネウツギ、ツクバネウツギ、ノリウツギ、ミツバウツギ、ドクウツギなど数多く、中には樹形や花の雰囲気がウツギに似ているだけで幹が中空ではないものもあり分類上の科も様々です。

 秋に熟すウツギの実は真ん中から花柱の名残がトゲのように突き出ていて、他のいろいろなウツギの実と比べるとユニークさが際立っています。
 中の種子は翼のある風散布型なので、トゲには種子を鳥の食害から守る役割が有るのでは考えましたが実際のところはどうなんでしょう。

(余談)
 この時期私達の活動地で、ホトトギスが盛んに鳴いてウツギも咲いていますよ。 
 
d0024426_625821.jpg


d0024426_629818.jpg

[PR]
by str1685 | 2015-06-15 06:16 | 今月の樹木 | Comments(0)