2012年7月15日(日) 例会

 梅雨の雨とは思えぬ豪雨が明け方にかけてあり、今日は雨が上がっても山の仕事は無理のような状況です。
 (今回の画像は菅さんにお願いしました。)

参加者 17名

連絡事項
 8月12日(日)日生中央 サピエ2階ギャラリー 10:30~12:00になぜ日本一の里山なの?と題して人博の服部先生の講演があります。(詳しくは赤い文字の「なぜ日本一の里山なの?」にカーソルを合わせてクリックしてください)

 妙見山上で「ヒメホタル」の観察会が今日の夜あります。参加希望の方は活動の終了後参加可能です。

活動内容
 今日は豪雨により地盤が不安定と判断します。よって今日は道具類の整備を実施しました。日頃疎かになりがちの道具を整備と植樹したエドヒガンの名札の架け替え。
 
 エドヒガン植樹の際、植樹者の名札を掲示しましたが、消えかけています。その架け替えをしようと頑張っていただきました。
d0024426_1946514.jpg

チェンソー、刈払機、厚鎌、ナタ、卓上丸鋸といろいろあります。整備だけでも大変です。
d0024426_1948331.jpg

団栗小舎に珍客来訪
 国蝶「オオムラサキ」のオスが間違って小舎の中に入ってきました。また、小舎の近くではイカルが囀っていました。
 余談(イカルの「ききなし」に「月日星(つきひほし)」があります。後ろにホイホイホイを付けると一度見たい「サンコウチョウ」(三光鳥=日・月・星の三つの光。)
d0024426_1951073.jpg

 こちらはリフト付近のネジバナです。ありふれたラン科の植物のひとつですが清楚で好きな花の一つです。
d0024426_19515219.jpg

[PR]

by str1685 | 2012-07-15 15:48 | 活動報告 | Comments(0)