ブログトップ

今月の樹木(2017年05月)

菅さん提供


ゴマギ(胡麻木 落葉小高木 レンプクソウ科)          

                         花期5月~6月  果期89

 いくつもの白い花が行く先々で爽やかな風を受けて梢の先でそよいでいます。五月晴れの下、山道を歩いているとそんな光景に出会えます。

 それらの花はガマズミやカマツカ、カナメモチ、ヤブデマリと様々ですが、どれも小さな花が寄せ集まって咲き、遠目には一つに見える花たちです。


 そんな花の中にガマズミに良く似たゴマギの花が有ります。この木の特徴は何と言っても名に有る通りのゴマの香りです。葉にはかなりの匂いがあって、千切ったり揉んだりしなくても葉の表面を指先で軽くこすって嗅ぐだけでゴマギの名に偽りがないことが分かります。


 柔らかい若葉の頃であれば調理してゴマの香りを楽しめそうですが、食用になるという話は寡聞にして聞いたことはありません。

 植物の葉の匂いは一つには害虫を忌避する効果も有るといわれていますが、葉には少なからず虫も付くので、ゴマギの強烈な匂いはゴマ好きの虫を呼び寄せる逆効果になっているということはないのでしょうか。


 一方、花の香りはというと甘い香りがするという話ですが、咲き始めの頃も散り際の頃もゴマの香りを嗅いだ経験しかありません。天候などの条件次第では甘い香りがするのかもしれません。

 果期は同科のガマズミより一月ほど早く、同じく同科のヤブデマリとほぼ同時期です。ガマズミの実は完熟しても赤いままですが、ゴマギはヤブデマリと同様に赤い色から完熟状態になってくると黒くなります。花柄が赤くなる点もヤブデマリに似ています。

 ガマズミと同じ科ならば実は食べられるのではないかと口にしてみたことがありますが、ガマズミのような酸味が有るわけでもなく、またゴマの味や香りがするわけでもなく、かなり不味かったような記憶が有ります。


 ゴマのような葉の香りといい、美味しそうな実といい、いかにも食べられそうですが口にはしない方が賢明なようです。


d0024426_20025096.jpg


d0024426_20032409.jpg





[PR]
# by str1685 | 2017-05-22 20:03 | 今月の樹木 | Comments(0)

2015年5月17日(日) 第13回定時総会
第13回定時総会
日時:平成29年5月21日(日)10:00~11:15
場所:妙見山上団栗小舎
出席者:(会員47名中23名出席17名委任状 計40名)
議場に出席状況ならびに委任状提出者を報告し総会が成立した旨告げた。

用意された議題
(1)平成28年度活動報告    (原案通り承認)
(2)平成28年度決算報告    (原案通り承認)
(3)平成29年度活動計画    (原案通り承認)
(4)平成29年度予算      (原案通り承認)
(5)会則の変更     
   3条の事務所の所在地変更

   本会則改正は平成29年4月1日より施行する。

(6)役員改選     
   役員改選を実施したが、立候補者がなく現役員の留任と決定された。
(7)その他 
   今後作業の進め方については、運営委員を取決めてその運営委員のもと作業を進める事とした。
   運営委員会は毎月第一日曜日に変更された。

総会終了後、すがすがしい若葉の下での会食となりました。
d0024426_20002848.jpg

d0024426_20011355.jpg

 久しぶりにキンランを確認しました。活動地の中心が現在は移動しA地区からB地区に変わっています。そのためキンランの確認が疎かになっていましたが、今日は下記の通り確認しました。
ご注意!(このブログをご覧になった一般の方に)
キンランは菌根性樹木・菌根菌・キンランの三者共生系を構築しなければ栽培できません。したがって、自生地からキンランのみを掘って移植した場合には、ほとんどが枯死します。持ち帰って庭に植えたり、鉢植えにしても育たないです。もし見つけても、心に焼き付けるか、少し離れた場所から写真に撮影するにとどめましょう。
d0024426_20014709.jpg
2011年5月にはキンラン、ギンラン、チゴユリを掲載しましたが・・・。
これらは当初のA地区で最近は活動の主体がB地区に移りA地区が疎かになっています。これは、鹿の食害も考えられますがどちらにしてもこれらの植物がやられた可能性が強いです。
d0024426_22481439.jpg








[PR]
# by str1685 | 2017-05-21 23:02 | 活動報告 | Comments(0)

 
 ゴールデンウイーク最終日とあって前回に引き続き参加さが少ないです。
 来る途中私たちが目の敵にして、ツルきりをしているフジが見事に咲き誇っています。フジ娘問うだけあってなかなかのものです。この季節早乙女、フジ娘日本の表現は良いですね。

参加者数 13名

 今日の仕事
 今日で薪割りを全部片づける予定です。それと来月は「里山体験学習」の木工クラフトの材料確認と道具類のチェック。
 後はエドヒガンの苗木を少し持ってきたので、鉢に植えて少し根付くまで保管する事にしました。

体験学習の点検です。加茂小72名、川小105名計177名になります。
d0024426_17524090.jpg

今日で積んでいたコナラを玉切り、薪割りですっきり出来ました。薪の蓄えは1年8ケ月分は出来たと思います。ずいぶん余裕が出来ました。
d0024426_18031187.jpg

ホウノキの花が咲いていましたよ。
d0024426_20550536.jpg


鹿ネットの点検状況です。(5月3日)
次回は総会ですが、簡単に補修できるのであれば補修をしておきたい。
A-4の上辺のフェンスは上から流れてきた土砂に押されて、隙間が空いている。根本的に対策が必要。)

平成

29年度

A-1

ネット

A-2

ネット

A-3

金網

A-4

金網

A-5

金網

A-6

金網

B-1

金網

B-2

金網

4月

5月

兎害幹折

上辺下部

土砂隙間

下辺右端ワイヤー外れ








凡例:◎:破損なし、柵内痕跡なし ○:破損なし、柵内痕跡有り、△:破損あり、柵内痕跡なし

×:破損あり、柵内痕跡有り




d0024426_09034312.jpg








 

[PR]
# by str1685 | 2017-05-07 20:55 | 活動報告 | Comments(0)

 連休ど真ん中の活動日参加者は?少ないと予想されますが・・・。案外そうでもなかったです多く来て頂きました。
 桜は終わりましたが、次々と装いを変えて花は咲いていますよ。

参加者数 14名

 今日の仕事
 今日は薪割りとコナラの伐採木の枝を運び木工クラフトの材(木の輪切り、枝の部分利用)と薪の収納小屋の整理をしました。 

 今後の予定として
 1)監査(5月12日(金))役員で市へ赴き監査を受けます。
 2)総会(5月21日(日))出欠の連絡を入れてない方は加藤さんまでお願いします。
 3)里山体験学習(6月2日(金) 加茂小 72名 雨天の場合6月16日(金)に延期
 4)北摂里山大学受入(6月3日(土)40名)
 5)里山体験学習(6月13日(火) 川小 105名 雨天の場合6月23日(金)に延期
 7)ゆめまちフェスティバル(7月31日(月))500名
   葉脈しおり     20分単位で18回 1回 17名単位で回転(300名)
   ウッドバーニング  30分単位で12回 1回 12名単位で回転(140名)
   木工クラフト    30分単位で12回 1回  5名単位で回転( 60名)

コナラの枝を運びました。この枝でクラフト用の材を確保したいと思います。
d0024426_14433661.jpg
薪乾燥小屋は満杯です。束ねて団栗小舎に保管し新たの割った材をここで乾燥させます。
d0024426_14454610.jpg
薪を次つじ割っていますが、クラフト用の木の輪切りも必要です。
d0024426_14473723.jpg
団栗小舎の庭でドウダンツツジが満開です。
d0024426_14501383.jpg
第一薪乾燥小屋の前のウワズミザクラも満開でした。
d0024426_14515767.jpg







 


[PR]
# by str1685 | 2017-05-04 14:53 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供


里山モチツツジ(黐躑躅 半常緑低木 ツツジ科)          

       花期4月~5月  果期810

 早春の山を彩るコバノミツバツツジが咲きそろう頃モチツツジが咲きだします。

 モチツツジの花はコバノミツバツツジの花よりやや大きく花弁の赤い斑点が良く目立ちます。花が開いた後に葉が展開するコバノミツバツツジと違い、花と葉が同時に見られるのもモチツツジの特徴です。
 公園などで見かける植栽されたツツジ類は手入れが行き届き、鮮やかな絨毯を敷き詰めたような景観は見事ですが、山の緑の中に点在するツツジの花も見逃せません。植栽のツツジは種を問わずほとんどが常緑樹のため紅葉は楽しめませんが落葉性のツツジは花も紅葉も楽しめます。


 秋に美しく紅葉するモチツツジの葉は春に出現した葉で紅葉後は落葉しますが、花と同時に見られる細めの葉は前年の夏に形成され、秋には色の変化はあっても落葉せずに枝先に残り、一冬越して春に落葉するということです。

そのためモチツツジは半常緑樹とされています。


 モチツツジのモチは鳥や昆虫を捕まえるのに使う主にモチノキ科の樹皮から採れる粘着物質の「鳥黐(とりもち)」に由来するもので、新芽や花の蕚などがとりもちのように粘るためこの名前で呼ばれていますが、食べる餅に由来するという説も有るようです。


 モチツツジはこの粘着物質で花を昆虫などからの食害から守っているといわれていますが、これにくっついた虫を食べにくる虫もいるそうですから、捕食者にとってはモチツツジのネバネバは願ってもない自然のとりもちということになりますね。

d0024426_07581791.jpg

d0024426_07583937.jpg



[PR]
# by str1685 | 2017-04-18 07:58 | 今月の樹木 | Comments(0)