2017年07月31日(月) 臨時活動報告

 阪急阪神ゆめまちフェスティバル
今日は里山での活動ではありません。大阪の中心(西梅田ハービスホール)まで出向いて里山のアピールです。

参加者 21名

 会場はすごくでっかい会場でびっくりです。各参加グループはパーテイションで仕切られ私たちのグループは中央の舞台のちょうど真ん前です。

開場は主催者から撮影禁止で後日送付される予定です暫くお待ちください。
参加者数 
木工クラフト    60名(予定数通り)
ウッドバーニング 140名   〃
葉脈しおり    115名(予定数300名を大きく下回りました。)

木工クラフトの見本をいろいろ並べました。もちろん参加者が自由に作ってもいいので材料を選んでいろんな作品が出来ると思います。
d0024426_20465267.jpg
スタッフもお手伝いに大変そうです。
d0024426_20453136.jpg
小鳥が枝にとまっています。
d0024426_20524215.jpg
ウッドバーニングの材料と道具です。他に肝心のバーニングペンが必要です。
d0024426_20543414.jpg
熱心に自分の作品に取り組んでいます。
d0024426_20551151.jpg
葉脈しおりは葉肉を歯ブラシで取り除けるように処理をしています。歯ブラシでうまく葉脈だけに出来るかな?
d0024426_20514341.jpg



終了後スタッフ全員集合。
d0024426_21182073.jpg

 

[PR]

# by str1685 | 2017-08-03 15:19 | 活動報告 | Comments(0)

2017年07月24日(月) 臨時活動報告

 今日は阪神農林から来て頂き雨天のため延び延びになっていたクヌギの植栽地を地上からドローンを飛ばして撮影しました。(生育状況を見る:柵内と柵外の違いなど)また、ネット破損個所の再点検をして頂きました。

 また午後からは薪&31日の道具類を運び出してもらいました。

 参加者 3名(他に県から3名)

 団栗小舎の雨水タンクの上に(2階の窓)にスズメバチが巣をしています。すぐに撤去をしますが暫くは気を付けて下さい。
 
 スズメバチの種類が気になりますね。しかし、近づいて視るわけにいかずこの画像で判断です。キイロスズメバチと判断しました。判断した理由=営巣(巣の形、ある場所)からですから誤りの可能性も

d0024426_07322209.jpg

パッチディフェンス点検表
d0024426_21565644.jpg
7月全部異常なしとなっていますが、今日(7月24日)で見回りの結果〇で柵立ち枯れあり(食痕による被害か?)
d0024426_21570974.jpg
クヌギの苗木はB地区が相対的に大きく育っています。
原因が何でしょう:傾斜はB地区が緩やかで立ち木が柵外の方まで多く伐採されています。A地区は柵のぎりぎりまで立木があり斜面が急です。改善をしたくても事前条件などは無理としても日光のあたり加減は改良の余地があると思えます。

A&B地区にドローンを飛ばし生育状態(特に柵内と柵外の違いを撮影)
d0024426_14481434.jpg

鹿の監視カメラの増設
 現在A地区のみでしたがB地区も配置しました。

駐車場の改良
 駐車場の登りの際スリップを止めるためN、Mさんでゴムシートを検討して頂きましたが、結論的に無理と結論が出ました。
 次回例会日(8月2日(水))には9時に集合して全員で表層土を除去して、河原のバラスを収集して表層土にバラスを敷設事が最善と判断しましたので皆さんご協力ください。



[PR]

# by str1685 | 2017-07-25 14:55 | 活動報告 | Comments(0)

2017年07月16日 例会

参加者 14名

 阪急阪神ゆめまちフェスチバル打ち合わせ

 当日ハービスホールに8:30集合
 (待ち合わせてJR8:45の快速の後部車両に乗車します。自動車では中橋さんの車に搬入物を8:30到着予定) 
d0024426_08175551.jpg
開場(ハービスホール)案内図
d0024426_08361524.jpg
 

 班分け(トップに記載された方がリーダーです。当日はこの方の指示に従って下さい)
  受付、葉脈しおり、ウッドバーニング、木工クラフト準備用具を箱詰めし用意完了

 実施対象者数
  葉脈しおり    300名(20分毎に17名)
  ウッドバーニング 140名(30分毎に12名)
  木工クラフト    60名(30毎に  5名)

 実施時間
  午前の部(10:00~13:00)
  午後の部(14:00~17:00)
  
 上記の通り決定しました。
 
 班別に打ち合わせ&当日の搬入資材を点検し箱詰めにしました。
d0024426_08505786.jpg

d0024426_08510322.jpg

d0024426_08510839.jpg
その他
 伐採木の搬入(伐採木の搬入は後1日で済みそう?) 
d0024426_08512144.jpg
 バードコール試作(販売を試みます。これも里山利活用に繋がるか!&一般者の里山散策に)
d0024426_09025659.jpg



 

  
 
  

[PR]

# by str1685 | 2017-07-17 09:03 | 活動報告 | Comments(0)

今月の樹木(2017年07月)

菅さん提供


ウスノキ(臼の木 落葉低木 ツツジ科)          

                         花期4月~5月  果期79

 「森の宝石」といえば森の中で見られる美しいもののこと。それが鳥ならブッポウソウやカワセミで、昆虫好きな人に言わせればそれは蝶でオオムラサキやミドリシジミ、はたまた甲虫で綺麗な羽を持ったタマムシやハンミョウだと言う人もいるでしょう。

 木の実で言えばノブドウやムラサキシキブ、サワフタギに木苺などが挙げられますが本命はこのウスノキでしょうか。

 なぜなら赤い実には宝石と呼ぶに相応しい特徴があるからです。それは宝石のカットのような稜(りょう角張り)と、先端に施された五角形のくぼみのある大胆なカットです。

 このくぼみが臼のようであることからこの木の名がウスノキになったということですが、もしも赤いルビーのような宝石を見知っている現代の人がこの木に名前を付けるとしたら、宝石に興味のない人でもこの美しい実を目の前にしたときには迷わず宝石に因んだ名前を付けたくなるに違いありません。

 釣鐘型に咲く花の先端は少し反り返っており、この形は実とそっくりです。良く似た花を付けるものにスノキがありますが、こちらの実はウスノキのようには赤くはならずほぼ球形で黒く熟します。


 色んな木の実でジャムをこしらえるのは楽しいもので、ウスノキのジャムもいつか作ってみたいものの一つです。きっと真っ赤なジャムができそうですが、この木自体が少ないうえに付ける実も少ないので長年山歩きをしていてもその願いはいまだに叶えることができません。

 たやすくは手に入らない希少性も森の宝石としては相応しいのかもしれません。


d0024426_21003723.jpg

d0024426_21004985.jpg




[PR]

# by str1685 | 2017-07-12 21:01 | 今月の樹木 | Comments(0)

2017年07月09日(日) 臨時(活動報告)

 急遽能勢電の要望でバードコールの試作をしました。

 参加者 1名

 固い木(径2.5㎝)に丸カンボルトをねじ込んで摩擦音発生(鳥の鳴き声の様)させるバードコールを試作しました。


d0024426_20244068.jpg




[PR]

# by str1685 | 2017-07-09 20:32 | 活動報告 | Comments(0)