今月の草本(2017年 8月)

菅さん提供


トチバニンジン(栃葉人参 ウコギ科)           

                         花期 6月~7月 

 トチバニンジンをさがそうと思えば林下の半日蔭で腐植土が堆積したような所がポイントです。文字通りトチノキの葉に似た葉を付ける多年草で葉の形を知っていれば他の山野草と見まがうことはありませんが個体数が少ないので容易には姿を現してはくれません。


 花は他のウコギ科と同様に花茎の先に丸い形にまとまって付きますが白い小さな花は林の中では目立つものではありません。

 ところが、夏の終わりころになると花とは打って変わって真っ赤な実がいくつも寄り集まって付く様子は薄暗い林の中では俄然目を引きます。

 人参と名は付きますが根茎は人参の形ではなく横に這っていて節くれだち、この形が竹の節に似るというのでチクセツニンジン(竹節人参)の別名があるそうです。

 地上の姿かたちが良く似ていて高価な値段で取引されている朝鮮人参とは同じ仲間で、トチバニンジンにも薬効のあることが知られていて去痰、解熱、健胃薬として用いられているようです。

 薬としての用い方は乾燥させた根茎を煎じ詰めて飲用するのが一般的なようですが、薬用酒としての利用法もあるようです。


 トチバニンジンが意外にも有名な育毛剤にも用いられていることを知ったのはごく最近のこと。

根茎が手に入ったなら薬用酒にしてちびちびなめながら頭にもなすりつけて効果のほどを確かめて効果のほどを確かめてみることにしましょうか。


(トチバニンジンの実)

d0024426_08283577.jpg

(トチバニンジンの花)

d0024426_08284342.jpg











[PR]

# by str1685 | 2017-08-29 08:30 | 今月の草本 | Comments(0)

今月の樹木(2017年 8月)

菅さん提供


コバンノキ(小判の木 落葉低木 コミカンソウ科)          

                         花期5月  果期78

 一昔前に「金のなる木」を育てることが流行ったそうです。木とはいっても多肉植物の多年草で、ある園芸農家が新芽に五円玉を通した状態でそのまま成長させたものを金のなる木と称して販売したところ、縁起の良い名前と物珍しさから大ヒットしたようです。


 金のなる木は南アフリカ原産で木ではなく草ですが、日本には正真正銘の樹木でお金にまつわる名前のコバンノキというのがあります。

 なぜコバンノキと言うのかといえば、黄金色(こがねいろ)の花が咲くわけでも小判の形をした実がなるわけでもなく、葉の形を小判に見立てたことによるもので、小判型に整った幾つもの葉が水平に張り出した短枝の左右に整然と並んでつく様子からはすっきりとした端正な印象を受けます。

 暗紫色の花は数ミリの大きさしかなく詳しく観察するには虫眼鏡が必要なほどですが、それぞれの葉とペアになるように並んで付くので小さいながらも緑の葉とは好対照の美しさがあります。実の方は6mmほどの大きさのブドウのような液果ですが美味しいものではなく食べるには値しません。というより口にした経験からは食べないほうが無難です。

 縁起の良い名前の木ですが園芸界では外国産で葉に白や赤、ピンクの()が入ったヨウシュコバンノキ(洋種小判の木)の方がもてはやされているようです。

 コバンノキを育てて金運にあやかりたい向きには、成金趣味に通じるような派手な外国産より、慎ましやかな印象の在来種をお勧めしたいと思いますがいらぬお世話でしょうか。


d0024426_17242158.jpg


d0024426_17242957.jpg


d0024426_17243804.jpg



[PR]

# by str1685 | 2017-08-25 17:26 | 今月の樹木 | Comments(0)

2017年08月20日(日) 活動報告

 酷暑が続きます雨も割合降っており、クヌギの植栽地も順調に成長しているようです。

参加者数 19名

 今日は植生調査(24日)を控えて先に植栽したクヌギの成長を計測しておきます。これで2年目の成長記録になります。伐採木の運び出し(A地区の植栽地下)まだ残っているので、出会いの妙桜から作業車に乗せて持ち上がる。それとA地区植栽地の一番奥側から引き上げる事にしました。
 植栽地の下刈りを少し実施。

B地区の1区画クヌギ29本枯死なく育ったいました。しかし、ブナ&エドヒガンを仮植えしていますが、ブナのみ2本とも枯死していました。標高500ⅿでは無理でしょうか。幼木では無理なようです。
d0024426_14500731.jpg
A地区は33本中2016年に1本枯死、2017年に3本枯死。

d0024426_14502262.jpg
伐採しておいたコナラを搬送です。運搬車に少ししか積めません。
d0024426_14505440.jpg
A地区の植樹地の下から運び上げています。
d0024426_14503007.jpg
A地区の植樹地(柵内)の下刈りをしている。
d0024426_15052800.jpg
桜谷の周辺は鹿の不嗜好植物であるマツカゼソウ、ダンドボロギク、イワヒメワラビが覆いつくしています。
手前がマツカゼソウ、後がダンドボロギクです。
d0024426_15054892.jpg
同じく手前のススキに似ているニシノホンモンジスゲと奥にイワヒメワラビです。
d0024426_15055391.jpg
おまけ?今日は活動から帰り引き続き地域の盆踊りでこちらの方にも参加です。こちらのクラブではメダカと鈴虫が本命ですが、飛び入りでクワガタ&カブトムシも販売しました。そのうちクワガタのつがいを買って育ててみます。
d0024426_16323669.jpg






[PR]

# by str1685 | 2017-08-25 16:38 | 活動報告 | Comments(0)

2017年08月06日(日) 活動報告

 クヌギの植樹地が乾燥していいないか、心配ですが台風が接近していますの大丈夫でしょう。
今日は駐車場の出口の整備の仕上げと団栗小舎周辺の整理をしたいと思います。(台風の関係&うだるような暑さで草刈りなどできないと思われる。)

 参加者 14名

 駐車場の上り坂を小石を敷いて補修しましたが、これでスリップせずに登れるか問題です。雨が降って地が固まれば・・・。
d0024426_07341794.jpg


 薪割りにために40㎝に玉切りしています。長期に作業が続いています。
d0024426_07300380.jpg


 40㎝に玉切りした丸太は隣の大型薪割り機へ。
d0024426_07301960.jpg

d0024426_07302766.jpg


 大割りした薪はこちらで小割にしています。
d0024426_07303224.jpg

 直射日光を避けるためブルーシートを張って薪の束です。割と風が通ります。
d0024426_07310467.jpg

 団栗小舎の前。石垣の段にススキが伸び放題です。ここは刈払い機は無理で手刈りになりますが、刈込挟がヤニがこびりつき切れが悪くハサミの研ぎからです。
d0024426_07303858.jpg

 ウバユリ(山上駅すぐ右)が咲いていました。名前の由来は花が咲くころに葉がない。(姥=歯がない)から名付けられたそうですが下の画像を見て下さい葉がついています。
d0024426_07311821.jpg
 葉をよく見て下さい。ハート形ですね。イギリスでの名前はハートリーフリリー(heartleaf lily)です。しかし軸の部分を入れるとスペード型に見えますね。葉のみか軸を入れて見るかで想像力が変わりますね。
d0024426_07312408.jpg







 

 

 

[PR]

# by str1685 | 2017-08-22 08:25 | 活動報告 | Comments(0)

2017年08月02日(水) 例会

 今日は2日前に実施した「阪急阪神ゆめまちフェスティバル」の道具類を乗って上がって片づける前に少し早めに集合(9:00)し、駐車場の出口(登りでスリップ)を補修しました。川原の石を敷きこんで完成しました。

参加者数 11名

ここが駐車場入り口です。堆積(落ち葉による)が貯まり下は固い岩盤上です。必然的にスリップする条件がそろっていますね。見た目は緩やかなスロープでスリップなど考えられませんが・・・。
d0024426_16280185.jpg
補修完了です。(砂利や石を敷きましたが、その前にゴムシートを敷くテストをして頂いたり最終的にこの処理となっています。)
d0024426_16341652.jpg


朝一から仕事で少し疲れ気味いきなり次の仕事も?と思い打ち合わせ。
d0024426_16450964.jpg
折角植えたミョウガが鹿にやられています。作業の終わりにネットを張って保護しました。
d0024426_18022735.jpg
直射日光をシートを張ってその下で薪の束をして頂きました。少しは涼しい?
d0024426_18054802.jpg

伐採木もやっとこれで運び終えました。
d0024426_18073500.jpg






[PR]

# by str1685 | 2017-08-03 18:10 | 活動報告 | Comments(0)