今月の樹木(2016年07月)

管さん提供

ウワミズザクラ(上溝桜 落葉高木 バラ科)          
                  花期4~5月  果期7~8月

 梅雨明け頃になるとウワミズザクラの実が色づいてきます。緑色から始まって黄、オレンジ、赤と変化して熟しきると黒くなりますが、一つひとつの実の熟し度合いが異なるため、一つの果軸でもカラフルな実が見られます。

 ブラシ状に花が集まって咲くウワミズザクラは花見の対象にされる桜ではありませんが、さくらんぼは当然花と同じように集まって付くので、色づく時には野生のさくらんぼの中では際立つ綺麗さで見応えがあります。
 このさくらんぼは野生のさくらんぼの中では苦みが少なくて食べやすい方ですが、味の点では市販のさくらんぼには到底かないません。 
 ウワミズザクラをもっと味わうには、新潟県を中心に食用にされている杏仁子(あんにんご、杏仁香とも)というものがあります。未熟な実や蕾を塩漬けにしたもので、杏仁豆腐でおなじみの杏子(あんず)の種子の白い胚乳のところの香りがすることからそう呼ばれていて酒の肴にぴったりとか。
 その杏仁子、試に作ってみました。出来上がりはほのかな酸味といい香りの一品に仕上がりました。香りの成分はクマリンと呼ばれるもので、桜餅を包んでいる塩漬けされたオオシマザクラの葉と同じ香りがします。クマリンと動物の熊との間に何か関係が有るのか無いのか良く分かりませんが、ウワミズザクラの実はツキノワグマの大好物だそうです。この実を焼酎に付け込めば芳醇な香りの果実酒ができます。

 この山の幸、熊さんにおすそ分けしてもらってお相伴にあずかりましょう。
 
d0024426_8553161.jpg


d0024426_8554755.jpg


d0024426_856181.jpg

[PR]

by str1685 | 2016-07-25 08:56 | 今月の樹木 | Comments(0)

2016年7月22日(金) 臨時

 今日は薪の納品で山に上がるという事で、有志で集まって薪の配送だけでなくいろいろやって頂きました。

参加者 6名

 雨水をタンクに貯めるための樋の取り付け、ホースリールのジョイントチェック、ウッドバーニングの準備、薪の積重ね整理、ヒラタケの本伏せチェックなど暑い中ご苦労様でした。
[PR]

by str1685 | 2016-07-22 21:07 | 活動報告 | Comments(0)

2016年7月17日(日) 例会

 出かけようと外に出ると雨です。例会は月に3回で仕事が溜まって来ており、今日は是非とも雨が上がるよう祈りたい気持ちです。
 取敢えず買い求めたエンジンポンプ&ホースリールを車に積込み、大学生の卒論の質問事項に答える為に、待ち合わせ場所(8:00妙見口駅)に出かけました。

 参加者 15名

 今日の仕事
 雨水配水テスト、薪乾燥小屋建設、ヒラタケの本伏せ、薪割&薪の括り、B地区用のタンク設置
 予定されている仕事次回繰り越し
 クヌギ苗のポット返却、ナラガシワのポット植え、毎木調査、ウッドバーニングの用意(8月3日実施)、植栽地の下刈り

今日の仕事をするため部材など購入し事前に運び込んだ部材
エンジンポンプとホース&リール
d0024426_12215846.jpg

d0024426_12223329.jpg


d0024426_1224893.jpg


薪割り作業は毎回続きます。約1年先の納品を確保するためにその準備です。
d0024426_14275590.jpg

薪の乾燥小屋づくり
単管により骨組みを作り、垂木を取り付け波板を張ります。床はブロックを敷きその上にパレットを乗せて完成です。
d0024426_13554668.jpg

乾燥小屋は今日でここまで進みました。大体これで完成のイメージが判って頂けると思います。
d0024426_144685.jpg

ヒラタケの本伏せは、均等に並べて山土を取って来て下に少し埋まるように土を入れ上に枯草を置き乾燥に備えました。
d0024426_13595322.jpg

現在の薪乾燥小屋の横に雨水を受けてタンクに水が貯まるように設置しました。ここから50ⅿ先のクヌギ植樹地(B地区)にポンプアップして配信します。ポンプの試運転&ホース(50ⅿ)が届くか実際に伸ばしてチェックもしました。
d0024426_1453444.jpg

ショック!シイタケのホダ木飼育場所にナラガシワの苗木プランターに約50本をポットに植え替えるように持ってきましたが、今日確認すると鹿にやられたか、葉っぱが無くなっています。(少し葉が残っているので、今しばらく待って葉が出て来るか確認します。
d0024426_14105210.jpg

B地区の植樹したクヌギの状態。元気に育っています。鹿の挿入もないようです。
d0024426_14154136.jpg

お知らせ
団栗小舎下側のリョウブの花が満開です。
d0024426_14174129.jpg


8月実施予定事項打ち合わせ(役員会報告)
1)8月3日(水)
 4~5名でふれあい広場藤棚の下にセットして実施します。中橋さんリーダーで実施。他の方は団栗小舎で前回の仕事の続きを実施。
①薪の乾燥小屋づくり(屋根張り、床敷(ブロックを置きパレットを乗せる)
②水やりの準備(B地区のタンクへの雨水取り入れられるように雨どいを設ける)
③薪割り
④毎木調査(出来れば)
2)8月7日(日)&8月23日(日)
①草刈り(植樹地の苗木の坪刈、エドヒガンの小径の遊歩道)
②植生調査の準備(コナラの苗木毎木調査)
3)8月23日(火)
①植生調査(人博、阪神農林と三者協同)










 


  
[PR]

by str1685 | 2016-07-18 12:24 | 活動報告 | Comments(0)

薪乾燥小屋の資材購入

 今日は薪乾燥後名を設置するために資材をホームセンターに買い求めに行きました。長尺もの(単管、波板、垂木など)重量物(ブロック、など)を貸出の軽トラ1台、参加者の自家用車3台に分散して乗せて走りました。

参加者 6名(会員5名、一般1名)

 山上での一般観光客を考えて夕方5時ごろ到着して、6時ごろにホームセンターまで軽トラを返却し資材の運び込みを終えました。
 次回例会(7月17日(日))から薪乾燥小屋の建設にかかります。
[PR]

by str1685 | 2016-07-10 10:48 | 活動報告 | Comments(0)

2016年7月6日(水) 例会

 今日は晴れです一番気にかかるのはあちこちで「熱中症」に罹ったニュースです。また、クマの出現やマダニなどなど一斉に虫や動物が動き出した感じです。くれぐれも注意して自分の身は自分で守るが大原則です注意しましょう。

参加者 17名

 今日の作業
1)伐採木の運び出し
2)薪割り作業
3)薪乾燥小屋の設置予定地整備
4)ホダ木並び替え

この木の実は何でしょう?エゴノキの実です。
この種子をヤマガラが特に好みます。秋から冬にかけてヤマガラが集まって来ます。食性は雑食で、夏季は昆虫、クモ、食べ、冬季は主に秋に貯蔵したこの実を食べるのでしょう。
d0024426_15383340.jpg

コナラの大木を運び出すために薪の長さ40㎝玉切りしていますが、たったの40㎝の長さが重たくて1人では担げません。
d0024426_15455950.jpg

[PR]

by str1685 | 2016-07-08 15:55 | 活動報告 | Comments(0)

2016年7月03日(日) 例会

 今日は朝から蒸し暑いケーブル下の気温25℃ですが湿気が多いのでしょう。仕事は沢山有りますが、この条件でするとなると厳しいです。

 参加者 15名

今日の予定
 薪割り&薪の束ね
 鹿ネットの補修
 薪の乾燥小屋設置(現在のホダ木置き場の一部を移動し、薪の乾燥小屋を設置する)
 雨水タンク取付(夏の日照りで植樹したクヌギを守るために)
 クヌギの幼木が風で揺れているので、根元を固定するために添木を立てる。

今日の継続(持ち越し)作業
 薪割り&薪の束ね(この作業はまだまだ続きます。冬場に倒してすべてのコナラを済ますまで)
 薪の乾燥小屋設置(シイタケのホダ木の運び出し、一部まで残っています。単管の取り外しが終わりました。新たに単管で組み立てます。)
 雨水タンク取付(A地区2基設置出来ました。B地区2基&ホダ木用に1基必要です)
 
7月実施事項で持ち越し作業
 ナラカシハのポット植え、植えつけたクヌギのポットを返却の為の荷造り、遮光ネットの点検、伐採木(コナラ)の引き上げ、植栽地の下刈り、クヌギの苗木に番号を付ける、ヒラタケ短木栽培の本伏せ、植生調査(9月)それまでにクヌギの苗木にナンバーを振り当てる、ウッドバーニング用の材の確保(実施日8月3日(水))

今月は臨時作業で作業を熟さないとなりません皆さんの格段のご協力をお願いします。次回例会で臨時作業日を決定して掲載します。

モリアオガエルの卵鬼(ふれあい広場の池に出来ていました。)
d0024426_13512694.jpg

国崎落合橋付近に出現したそうです。注意に越したことはありません。
他にもマダニにも注意が必要です。裾じまいはしっかりとして、回避スプレイがありますので振り掛けてください。
d0024426_13525639.jpg

幼木(植樹したクヌギ)に雑草回避と雨による土の流失兼ねてテスト的に張り付けました。(A地区のクヌギ)
d0024426_1425693.jpg

幼木(植樹したクヌギ)が風の影響で根元まで揺れます。根元をしっかりさせるために添木で保護しました。(B地区)
d0024426_14221450.jpg

鹿ネットの補修(A地区のネットの高さが足りない部分があります。ネットを上部に追加して張りました。)
d0024426_14244432.jpg

完成しました。
d0024426_14262851.jpg

A地区の雨水タンク設置(作業道の左側の傾斜地を利用して取付をしています。)
d0024426_1427790.jpg

取付完成です。
d0024426_14274337.jpg

最後に薪の乾燥小屋に積まれた薪の状態を見ました。素晴らしく正確に積み上げられています。見ても気持ちが良いです。
d0024426_1612422.jpg

[PR]

by str1685 | 2016-07-04 16:06 | 活動報告 | Comments(0)