今月の樹木(2016年06月)

菅さん提供

バイカウツギ(梅花空木 落葉低木 アジサイ科)           

                   花期56月 果期9月~10

 ウツギと名の付く樹木はいくつかの科に見られますが、アジサイ科のバイカウツギは漢字では梅花空木と書き、初夏に梅に似た花を咲かせます。

 梅の花に似ているとはいっても、良く見ると梅の5弁の花よりも1枚少ない4弁の花です。

 梅と同じバラ科にコゴメウツギ(小米空木)というのがありますが、こちらの花は梅の花とは似ても似つかず、花弁は少なくてもアジサイ科のバイカウツギの花の方が梅の花に似ているというのは樹木の花を観察する者にとっては興味深いところです。


 香りが良いのも梅に似ていますが残念ながら果実は梅のような利用価値はありません。果実の先端には長く突き出た花柱の名残が見られます。

 バイカウツギは古くから庭木や生け花の花材として親しまれている樹木のようです。

 香りのよさから香水の原料にもされるというバイカウツギ。日本の原生種は香りは控えめですが、園芸種には香りの強い品種があるようです。

 花の咲く時期はちょうど蛍が飛び交う時期と重なります。甘い香りが漂う宵闇に蛍の幻想的な淡い光も漂う。

 そんなロマンチックな光景に出会えたなら初夏の忘れえぬ一夜の情景として、バイカウツギの花言葉の一つにあるいい「思い出」にきっとなることでしょうね。


d0024426_07035406.jpg

d0024426_07041460.jpg






[PR]

by str1685 | 2016-06-25 07:04 | 今月の樹木 | Comments(0)

2016年6月19日(日) 例会

 残念ながら今日は朝から雨です。この時期は当たり前?と諦めていますが、何か出来る事はないかと皆さん集まってきました。

参加者 15名

 今日の仕事は薪割り(いつもながら)、伐採木の運び出し(大方運び終えました。)、薪乾燥小屋の予定地決定と測量。

 この後実行委員会で7月の実施事項の確認をしました。

 この雨の中で写真は撮っておりません。昨日山に上がりエドヒガンの種の採種&クヌギの育成状態を見てきましたので、その時の画像のコメントを付記しアップしました。

 元気に育っています。判りますか?竹の杭を目印にクヌギの葉っぱで確認してください。雑草&根笹も負けじと大きくなって来ています。梅雨明け頃に苗木の周囲を刈り取る必要があります。
クヌギの苗木と雑草と見分けられますか?竹の目印あたりをよく見て下さい。
d0024426_22565980.jpg
昨年の苗木(ピンクのリボン)は新芽を出していません。やはり枯れている。
d0024426_09530392.jpg
金網越しに鹿が口で引っ張ってしごくように柔らかい葉っぱを食べたのか先の葉っぱが無くなっています?(噛み切っていないので鹿とは違う?)
d0024426_09551114.jpg

葉っぱが上と下にしかありません。中間の葉っぱが無くなっています。これも鹿にやられている?
d0024426_10042771.jpg
ネットが弛んで下に少し位置を下げている。張り直しが必要。
d0024426_10063689.jpg
ネットの直ぐ脇の木が大きく影になってクヌギの育成を阻害している。伐採が必要。
d0024426_10091102.jpg















[PR]

by str1685 | 2016-06-20 10:14 | 活動報告 | Comments(0)

2016年6月14日(火) 臨時 里山体験学習(川西小学校)

 天候で大分気をもみましたが梅雨の合間を潜り抜けて実施できた感があります。

 参加者 111名(会員17名、小学生89名、教師5名)

 予定通りの時間に開校式が始まりました。私は忘れ物をして家まで取りに帰りましたが、やっとの思いで間に合いました。
d0024426_17062416.jpg
コナラ、クヌギ林を散策していろんな樹木を見ました。リョウブの木が、鹿の食害により樹皮を剥がされている。触ってみて、モチツツジのねばねばした感じやヤブムラサキのビロードの感触をまた伐採されたソヨゴの葉っぱで死還を作って見せるとみんなびっくりしていました。
d0024426_17073724.jpg

d0024426_17080943.jpg
他にも炭窯跡や整備されていない照葉樹林の森の明るさの比較などいろんな体験をしながら出会いの妙桜(エドヒガン)に到着です。
d0024426_17095850.jpg
エドヒガンの植樹をしたところではダンドボロギクがびっしりと生えています。通り道でもと思い引き抜きをして頂きました。雨後のでしたので子供でも簡単に引き抜けました。
d0024426_17282077.jpg
予定通りBBQテラスに到着し昼食です。
d0024426_17102902.jpg
午後からの木工クラフトの開始です。3組で人数も多いので各組別にスタートしました。
d0024426_17110488.jpg

全員作品を完成させて集合です。今日もアッという間に時間が過ぎて閉会式です。
d0024426_17113843.jpg
最後はハイタッチでお別れです。

d0024426_22452682.jpg









[PR]

by str1685 | 2016-06-15 22:45 | 活動報告 | Comments(0)

2016年6月12日(日) 臨時 コバノミツバツツジの挿し木

 昨年からの繰り越している散策路を彩るために足元に草花をと思いつつそのままになっています。その理由は鹿の食害です。

 折角植えても鹿に食べられるだけとやる気が失せていましたが、ツツジは食害を免れて育っています。そこでコバノミツバツツジは彩も良く山に映えると思い挿し木に挑戦しました。


 挿し木の時期は春挿し(3月中旬~4月)と梅雨挿し(6月~7月)の2回あります。梅雨挿しにする枝は今年伸ばした枝を使います。10㎝の枝を半分程度鹿沼土差し、葉が多いと蒸散が多く発根できないそうです。

 作業は朝7時から12時までプランター2杯に80本程度差しましたが上手く出来るかどうか秋には結果げ出ると思います。


参加者 3名(会員2名 外部の応援者1名)

d0024426_13113700.jpg


[PR]

by str1685 | 2016-06-12 13:13 | 活動報告 | Comments(0)

2016年6月5日(日) 例会

 今日は朝から雨が降っており、参加者がすくないと思っていました。また東谷ズム「畦野物語」を服部先生が公演されます。そちらの方にも是非参加して欲しいと言っておりました。例会に参加されたからは、午後からの部に全員で参加の予定です。

参加者 8名

 今日の作業
1日に実施した「里山体験学習」のクラフト関係の残数確認と14日の川小の準備(輪切りの準備)
脇割り作業(少し作業が遅れています。伐採した材の運び出しもまだ残っています。梅雨入りまでには仕上げたかったですが仕方ないです。)
東谷ズム「畦野物語」見学


伐採したコナラの大木を大型の薪割機で大割をします。
d0024426_21405690.jpg
大割した薪を小型の薪割機で小割にします。小割にした薪を乾燥小屋まで運び井桁に組んで積み上げます。
d0024426_21413897.jpg
段取り良く半日で黄色の丸印の中の玉切り分がすっかり処分が出来ました。
d0024426_21420701.jpg

午後から平野神社で開催された「畦野物語」を聞きに行きました。
d0024426_21425526.jpg

「畦野物語」の骨子は下記のとおりです。
d0024426_21493973.jpg
余談
 平野神社の社叢(しゃそう=神社の森)は川西市の天然記念物になっています。
 アラカシが優占する照葉樹林。コナラの大木がわずかに混生する。また、神木としてツガの大木が見られます。
(アラカシ、ツガ、コナラ、ヤブツバキ、サカキ、ヒサカキ、クチナシ、モッコク)

亜高木層以下が欠落しており、林床にもほとんど植物が見られない。市の天然記 念物として重要な社叢ですが、生物多様性はあまり高くないと思われます。








[PR]

by str1685 | 2016-06-05 21:50 | 活動報告 | Comments(0)

2016年6月3日(金) 臨時(里山体験学習)

 6月に入っても快晴で爽やかな天候に恵まれました。
 
参加者 99名 (会員16名、小学4年生79名、先生4名)

活動内容
 加茂小4年生79名の「里山体験学習」を実施しました。
 
 午前中は散策(里山散策クヌギの小径からエドヒガンの小径)
 午後から木工クラフト挑戦

時間      活動内容
 9:50    里山開校式
10:00    妙見の森散策
11:30    お弁当
12:15    木工クラフト
13:45    閉校式

開講式
d0024426_12221724.jpg
クヌギの小径からエドヒガンの小径を抜けるルートで里山散策です。夏緑樹林(薪炭林)では、伐採されたソヨゴが萌芽しており、その葉っぱでライターで死還を作って見せるとびっくりしていました。モチツツジのねばねばした感覚やヤブムラサキの葉っぱの柔らかいビロードみたいな感覚。サンショの葉っぱの匂い。ホウノキの葉っぱのデカさ
台場クヌギの変な形?いろいろ見て炭窯跡へ到着。
d0024426_12230467.jpg


d0024426_12234607.jpg
エドヒガンの群生する谷へ(川西市天然記念物)そのでっかい出会いの谷ザクラへ。幹の太さがどれだけあるか3人が両手を広げて測りました。
d0024426_12242556.jpg
そろそろ疲れてきたかな?と思う頃にもとの場所にたどり着きました。
d0024426_12244697.jpg
午後からの木工クラフトで80人を整理して材料を渡すだけでも大変です。そこのいろいろ注文を聞いて各個人個人の作品を作ってもらいました。出来た作品を見たかったですね。
d0024426_12251472.jpg
終了式です

d0024426_12280650.jpg










[PR]

by str1685 | 2016-06-04 12:47 | 活動報告 | Comments(0)

2016年6月 1日(水) 例会

 関西の梅雨入りはいつから?今日は良い天気で気温も快適の18℃です。今月は仕事も予定もぎっちり詰まっていますので頑張ってかたずけて行きましょう。

参加者 11名

 今日の仕事
1)薪割り:団栗小舎間前に積んでいるコナラの大木を早く処理しないといけません。40㎝にチェンソーで丸太切りし順次薪割機で割って薪にして乾燥小屋へ。片方では乾燥した薪を輪っかに入れて束にしています。

2)シイタケのホダ木:旧年度分の整理をして、今年菌打ちした寝かせているホダ木をそろそろ立てないといけませんので今日はその作業と、遮光ネットの点検が必要です。

3)クヌギの苗木:植樹で少し余っている苗木をネットの中へ追加して植えこみました。

4)エドヒガンの種取用意:エドヒガンの種がそろそろ実って落ちてきています。採種して来年は苗木を育てたいと思います。

5)6月3日の加茂小受け入れの準備:木工クラフト関係の諸道具、

1)薪割り: コナラの大木伐採して、ナラ枯れを少しでも食い止めようとしています。この大木を割るのは今までの薪割機(7t)では、無理でしたが、今回新しく購入した薪割機(22t)では容易く割ってくれます。大分スピードアップがされたと思います。
d0024426_10402080.jpg
大割にした薪を今までの薪割機を使って小割にします。これで完成品になります。
d0024426_10454758.jpg
2)シイタケのホダ木:
ホダ木の古くなったものは抜き去り、隙間が空いています。それを詰めてまた、新たな置く場所も作りました。
d0024426_10533716.jpg
今まで仮伏せをしていたホダ木を新たに設置した場所に立てました。
d0024426_10540946.jpg
全部今年植菌したホダ木を立てて完成です。
d0024426_10544093.jpg
3)クヌギの苗木:残念!仕事を分かれてしていましたので、活動の様子を撮ることが出来ませんでした。

4)エドヒガンの種取用意:エドヒガン(出会いの妙桜)の下にブルーシートを敷いて採種の予定です。シートの最下部には、種が落ちて転がり出ないように折り返しをつけています。

d0024426_11212131.jpg

5)6月3日の加茂小受け入れの準備:小屋の中でチェックシートで漏れがないかチェックして揃えて頂きました。また、午後からのBBQテラスのでの炉の確保は10カ所(生徒8カ所、先生方1カ所、クラブ1カ所)を手配し大丈夫です。
天候も晴れの予想で上手く行きそうです。(雨で順延ですと仕切り直しで手数が倍かかりますので良かったです。)

キアシドクガ
モンシロチョウみたいな蝶?が大量発生。しかし飛び方がどうも蝶の感じがしません。蛾ではないか?1匹を捕まえて画像を人博に送り調べて頂きました。回答はキアシドクガ!名の通り前脚が黄色いドクガ科の蛾。「毒蛾」というと小学生の「里山体験学習」をひかえて、大変だと一瞬思いましたが、実際には毒は持っていないという事で一安心です。
d0024426_21431242.jpg

d0024426_08072302.jpg









[PR]

by str1685 | 2016-06-02 11:39 | 活動報告 | Comments(0)