新薪づくり体験会(2016年3月21日(月・祝))



d0024426_11205192.jpg

d0024426_21495269.jpg

[PR]

by str1685 | 2016-02-28 21:53 | お知らせ | Comments(0)

2016年2月25日(木) 臨時

 今日は午後から北県民局から「平成27年度魅力ある北摂里山林景観づくり事業(北摂里山林育成事業)」の進行状況の視察を受けました。  

参加者 5名

 B地区の伐採&ネット張も終わり、A地区進入路の補修、コナラの伐採を予定しています。その前に現在張っているネットを取り外す必要があります。
 そのネットの取り外しとこちらで自力施工分のネットを張れるところまで、張ってしまおうと臨時作業となりました。


 下記の図は設置予定のパッチディフェンスの位置です。
d0024426_14382928.jpg




 進入路整備でユンボが入ってきました。これで道が平らになれば作業がしやすくなります。

d0024426_14110801.jpg
進入路が平坦になりました。
d0024426_14284800.jpg
ネットの取り外しを実施しました。
d0024426_14293318.jpg

簡単に外せそうと思っていましたが、思いのほか苦戦したのが、アンカーを引き抜く作業で苦労しました。
d0024426_14140439.jpg


松枯れによく似た伝染病に下記の病気があります。山でのたき火は山火事の元だけではありません。





[PR]

by str1685 | 2016-02-26 14:46 | 活動報告 | Comments(0)

2016年2月21日(日) 例会

 前日は雨で今日の天候を心配しましたが、普段の行いが良いのか良い天気に恵まれました。お陰様で今日1日が流れず有意義に仕事が前に進みました。

参加者 9名

 今日は薪割機とチェンソーの納品があります。黒川駅で業者と待ち合わせて山上に登ります。もちろんケーブルが動いておりませんので歩き組は先にスタートして、自動車で昇る組と別れて出発です。

 今日の作業は伐採木の搬出と鹿ネットの取り外しの予定でしたが、機器の搬入に伴う使用説明で時間を取られて鹿ネットの取り外しは出来ませんでしたが、容易に取り外しが出来るか見てきました。
 ネットの支柱は、ゆすると案外簡単に抜けます。こんな状況であれば10人程度でかかれば半日で終える事が出来る?と判断し今日の作業は明日からの仕事で、伐採木の搬出に止まりました。

 25日の県からの下見の折にネットの撤去作業を実施いたします。

新規の薪割機は破壊力22tで今までの(7t)力とは比べようがありません。
d0024426_20324578.jpg

チェンソーは今までのものと大差ないですが、今回の機器は
d0024426_21112753.jpg
水琴窟左側の様子 すっかり様変わりしました。こちらの方には枯れ松が林立していましたが、すっきり全部倒されました。ホウノキ3本残しました。
d0024426_22120589.jpg
そちらは水琴窟右側もソヨゴなどの常緑樹も全部伐採しています。
d0024426_22152169.jpg
水琴窟の頂上からの眺めです。ここに10ⅿ×10ⅿのパッチディフェンス2カ所設置です。
d0024426_22155250.jpg
これで明日はネットを張ることになります。ここには3月21日と4月6日のイベント用の植樹が出来ます。











[PR]

by str1685 | 2016-02-22 16:21 | 活動報告 | Comments(0)

2016年2月17日(土) 臨時

 シカ防止ネット(金網)の納品の立ち合いで妙見の森まで案内しました。

参加者 3名

 業者に妙見の森まで資材を搬入して頂く為、一庫ダム駐車場で待ち合わせて搬入しました。また、薪の納品を控えて薪の運び出しです。

 資材の内容は下記のとおりです。20ⅿ×10ⅿ3カ所、10ⅿ×10ⅿ3カ所延べ300ⅿのネットと2.5ⅿ置きに柱、門扉(簡易)、支柱となっています。
d0024426_10402490.jpg

A地区の資材(ふれあい広場に置きました。)
d0024426_17003745.jpg
B地区の資材(団栗小舎の前に置きました。)
d0024426_17021400.jpg


 

[PR]

by str1685 | 2016-02-19 17:03 | 活動報告 | Comments(0)

2016年 2月15日(月) 進行状況視察

 日高林業さんが2回目の作業日です。枯れ松などまだまだ伐採が必要で気になりますので立ち合いに行きました。また北摂里山博物館からの打ち合わせ。

参加者 1名

 このように立ち枯れした松が水琴窟の遊歩道沿いに10本乱立しています。今日は重点的に枯れ松の伐採に入りました。
d0024426_16314234.jpg

d0024426_16345381.jpg
倒すと枝は四方に飛び散り危険な事が分かりました。
d0024426_16451655.jpg



[PR]

by str1685 | 2016-02-19 16:48 | 活動報告 | Comments(0)

2016年 2月11日(木・祝) 例会

 今日は「能勢妙見山お火焚きまつり」でケーブルが運転しています。それに合わせて例会日も変更してこの日を例会日と定めて実施しました。参加者も今日は多く参加頂きました。

参加者 18名

 遊歩道に積まれた玉切り分(ホダ木用、薪用)を運び込み整理しました。

 遊歩道に並べられた玉切り分です。これを小舎まで運びホダ木用、薪用に分けて作業開始です。
d0024426_13590045.jpg
この2山で100本はあると思われます。今期は100本程度植菌の予定ですからこれで間に合う予定です。
d0024426_14010900.jpg

d0024426_14033218.jpg
d0024426_14010900.jpg
径の太い部分は薪にします。細い部分はホダ木として利用します。
d0024426_14041225.jpg
薪の乾燥を図るため井桁に積んで乾燥小屋で約1年乾燥させます。
d0024426_14060170.jpg








[PR]

by str1685 | 2016-02-19 14:08 | 活動報告 | Comments(0)

2016年02月 8日(月) 作業進捗状況見回り&北摂里山博物館打ち合わせ

 今日からいよいよ業者が入り整備が始まります。B地区の施業状況を見てきました。また午後からは北摂里山博物館の28年度実施事項の打ち合わせです。

参加者 2名

 薪の乾燥小屋のすぐ上がったところの大きなコナラです。
d0024426_15552503.jpg
伐採木の玉切り(11日の活動日にはこれを運び出し作業になります。)
d0024426_15572780.jpg
北摂里山博物館からの依頼で、28年度里山大学の受講生の皆さんに

黒川地区の谷さんのクヌギ林の入り口です。
d0024426_16002247.jpg
立派なクヌギがそろっています。
d0024426_16020597.jpg






[PR]

by str1685 | 2016-02-19 13:37 | 活動報告 | Comments(0)

2016年2月6日(土) 臨時

 今日は「北摂里山林育成事業」実施に当たり、業者との打ち合わせで山に登りました。

参加者 5名

 1)ソーンディフェンス設置地区をパッチディフェンスA地区として10ⅿ四方を3カ所20ⅿ×10ⅿを3カ所設置します。少し設置面積を広げるためにコナラの大木など27本伐採が必要です。
 2)水琴窟の上の部分には、予てより気になっている枯れ松が10本程度と常緑樹のソヨゴが14本店度あります。これらを伐採して、パッチディフェンスB地区として10ⅿ四方を2カ所設置します。

d0024426_15155957.jpg
その他作業
1)竹の杭づくり
 
真竹を持って来ていただきました。1.2ⅿにカットして植樹用の杭と土留めに使います。
d0024426_15220342.jpg

d0024426_15242702.jpg


2)廃棄したホダ木の積み直し(今まで井桁に組んで並べていましたが、そのままベタに並べました。こちらの方が乾燥が進まずにカブトムシが集まりやすいとの事です。)
d0024426_15190444.jpg




[PR]

by str1685 | 2016-02-16 15:25 | 活動報告 | Comments(0)

2016年2月3日(水) 例会

今日の例会もケーブルが冬季期間の運休日で参加者が少なかったです。

参加者 11名

前回に引き続き伐採木の引き上げです。今日であらかた引き上げました。


d0024426_14223026.jpg

[PR]

by str1685 | 2016-02-15 14:39 | 活動報告 | Comments(0)

今月の草本(2016年02月)

菅さん提供

スイバ(酸葉 タデ科)           

                     花期58月 

 早朝の崖で寒さに耐え忍ぶかのように地際にロゼット状の葉を広げ霜化粧をしたスイバを目にしました。別の場所の田んぼの土手では日当たりが良いせいか葉は赤く上に伸び、中心部には小さな茎も確認できました。

 この茎は腰の高さほどにも伸び、夏には無数の花を付けます。

 スイバは葉も茎も食べると酸っぱいことからこの名になったようですが、遊び半分で茎の部分をしゃぶって酸っぱい味を楽しんだのは子供のころの思い出のひとつです。


 赤い葉を見ていてジャムを作ることを思い立ち、さっそく葉を摘んで帰って作ってみることにしました。赤いジャムを期待していましたがチョコレート色の酸っぱいジャムに仕上がりました。

 数年前にジャムを作る目的でスイバに良く似たルバーブの栽培に挑戦しましたが、寒冷作物のためかうまく育たずルバーブジャムはあきらめざるを得ませんでした。

 今にして思えば気候的に難しい作物作りに挑戦しなくても、道端にいくらでもあるスイバや同じ仲間のギシギシでも良かったわけです。

 ただで手に入る食材とはいえ、タデ科には体に良くないシュウ酸が多く含まれていますので、しょっちゅう食べられないところが少し残念ではあります。


d0024426_21413752.jpg

d0024426_21415611.jpg

d0024426_21421321.jpg





[PR]

by str1685 | 2016-02-14 21:42 | 今月の草本 | Comments(0)