今月の樹木11月 (2014年11月)

菅さん提供

シラキ (白木 落葉小高木 トウダイグサ科)           
                   花期5~7月  果期10~11月

 シラキの見どころといえば、きれいな紅葉が楽しめるところ。
 一般に紅葉する木の葉は日当たりの良い所では鮮やかな赤に日陰になる所では黄色くなる傾向にあるようです。シラキも例外ではなく、ときには黄葉も楽しむことができます。

 白っぽい樹皮がシラキの名の由来と思っていましたが、どうやら材が白いところからついた名前のようです。昔はいろいろな樹木を加工して日用に使っていたので、黒っぽい樹皮でも材が白いのでシラカシというように、昔の人は樹皮の色より材の色の方を身近に感じていたのではないでしょうか。

 初夏には葉の間からつんつんといくつも立ち上がった花穂を見ることができます。上部には多数の雄花が、下部に数個の雌花が付きます。
 実には油分が豊富で搾取した油は灯火や頭髪油に用いられていたそうです。
 この実は食用になるという話もありますが有毒という説もあります。3個の実がくっついたような形で、クルンとしためしべの先端の花柱が飾りのように残った実は子供の格好の遊び道具のように思えます。きれいな紅葉と相まって実が食べられればいうことなしですが、子供のころに遊んだり食べたりしたという話を聞かないところを見ると有毒説も否定できないようで、うかつには口に入れないほうが良さそうです。

d0024426_22393226.jpg


d0024426_22395486.jpg


d0024426_22401999.jpg

[PR]

by str1685 | 2014-11-24 22:40 | 今月の樹木 | Comments(0)

2014年11月16日(日) 例会

  急に気温が下がりました。少し寒いかな?しかし山仕事にはこれくらいの気温が動きやすいですよ。
  これからのシーズン薪づくりです。来春には、伐採跡にクヌギを植樹いたします。

参加人員 18名

  少し遅れている丸太の階段づくり、コナラの伐採木運び出し、薪割と意欲的に取り組みました。気になる薪の在庫確保は、2月発送分まで確保できました。

 国蝶(オオムラサキ)の幼虫
 エノキの下で冬眠します。エノキの下の枯れ葉を取り除かないようにお願いします。(特に池の横にあるエノキは注意して下さい。そっとしてあげて下さい。)
 葉っぱの裏側にこのようにひっついて冬眠しています。(11月~4月初旬まで)冬眠の期間はこのような茶色ですが、4月になって葉っぱを食べ始めるころは緑色になっています。(4月半ばを過ぎ。))6月半ばには羽化して飛び回ります。7月には卵を産みつけます。
本種は環境省により準絶滅危惧(NT)に指定されています。しかし、里山の荒廃が目立って来ています。そうなると一気に絶滅危惧種になるものと思われます。そうならないために私たちの活動が、必要と思っています。
d0024426_9393764.jpg

オオムラサキ幼虫(5月ごろ) なかなかかわいい顔をしていますよ。
d0024426_10482040.jpg















オオムラサキ成虫(オス)
d0024426_10445016.jpg
























 いきなり網に引っ掛かった鹿を発見。う~ん・・・(にっくき鹿!さばいて食べようか。しかし顔を見ると中々そうは出来ません。網を外して逃がしてやりました。狩猟の免許もありませんから仕方ないですが) 
 
d0024426_20503862.jpg


 階段づくりも大変です。10㎝の丸太を2本横に積むのが基本ですが・・・。1本のところもあるようです。
d0024426_1385344.jpg

d0024426_13121277.jpg

 コナラの伐採ぼくがこんなにあります。早急に引き上げが必要です。  
d0024426_20565789.jpg


 枝を払い引っ張りだこ(ウインチ)で引き上げます。画像で判って頂けますか?急斜面で、踏ん張ると足元が滑ります。平地での作業の倍は疲れます。
d0024426_2102432.jpg


 今日は妙見の森でアート&音楽祭が開かれていました。これで連想して昨年開かれたアートラインの作品です。「山上のブランコ」が下から角度を変えて見えましたのでカメラに収めました。
d0024426_2143262.jpg


 引き続いて帰り際に「トラバント」(東ドイツ製の車)です。ここのモミジが素晴らしいのですが、少し早いようです。もう少し時間がかかりそうですね。
d0024426_2125064.jpg

[PR]

by str1685 | 2014-11-16 21:15 | 活動報告 | Comments(0)

2014年11月7日(金) 臨時(里山体験学習)

  今日は加茂小学校の「里山体験学習」で、心配された天候も大丈夫の様子です。後は事故がなく無事終了を願うのみです。

参加者 15名(小学生78名、先生方4名、教育委員会から1名)

「里山体験学習」実施プログラム
秋の里山開校式⇒妙見の森散策⇒お弁当⇒木工クラフト⇒閉校式

 最初のケーブル定時9:35発に乗り遅れました。即、折り返し5分後に臨時ケーブルを2回連続で発車。どうも幸先の良いスタート?とは言えない。天候もウーン・・・。

(画像の一部は逸見さんにご協力頂きました) 
 始まりました(開講式です)。
d0024426_18422048.jpg

 薪炭林のクヌギの小径に入ってきました。コナラ、クヌギ、リョウブ、ホウノキなどなどの夏緑林が迎えます。足元にはソヨゴの萌芽が見られます。徹底的に常緑樹を伐採し、明るい森になっています。
 手に持っているのは、ホウノキの落ち葉かな?大きさにびっくりしているようです。他にソヨゴの葉っぱに火を近づけ死環やヤブムラサキの葉手触りの柔らかさを体感してどのように思ったのでしょう。
d0024426_23234674.jpg


 炭窯跡での菊炭説明です。ここではやはり歴史を知って川西の誇れる里山文化理解して育って欲しいですね。
 ここには、サンショが生えています。葉っぱをちぎって揉んで匂いを嗅ぐと、爽やかな香りとみんなが次々と嗅いでいました。
d0024426_2016781.jpg


 エドヒガンの小径を降りて桜谷の「出会いの妙桜」来ました。指差しの方向は?巨木のエドヒガンではなさそうですね。2011年3月に市民参加で植樹したエドヒガンの方向です。
 このエドヒガン、今年の春初めて開花を見ました。種を取って育てて3年、植樹して3年目で開花でした。
d0024426_21252323.jpg


 午前中のプログラムが押し気味で、昼食時間を短縮しましたが、子供たちはなんのその早々に遊具で遊んでいます。
d0024426_21532343.jpg


 午後からの木工クラフトの説明をしています。さてみんなどんな作品を作ってくれるかな。
d0024426_22225613.jpg


いろいろと材料が並んでいます。ドングリを使うのかな?
d0024426_22352417.jpg


 ほんとにあっという間に今日の里山体験学習が終了しました。楽しかったです。
d0024426_22252088.jpg

[PR]

by str1685 | 2014-11-07 16:06 | 活動報告 | Comments(0)

2014年11月5日(水) 例会

 「黒川里山まつり」が雨天中止で中止となり、今日はその後始末?と薪割作業です。

参加者数 16名

 今日の作業
 まつりのイベントの一つ「みんなで楽しむ薪割体験」の為に用意したコナラの伐採木はもとより、小屋の前のうず高く積まれている丸太を早く割らないとなりません。
 今日1日で約40束が出来ました。

 帰りに本シメジの植菌地を確認しましたが、残念本シメジを見ることは出来ませんでした。11月末まで見守りたいと思います。

 手前に立てて置かれているのが、今日運び込まれたコナラです。しかしその後ろに玉切りして、割らないといけないのが、うず高く積まれています。早くしないと次々運び込まれます。
 しかし、薪割り機も悲鳴を上げて、油圧の油が沸騰してきます。なだめながらの作業が続きます。
d0024426_22211074.jpg


 伐採現場です。下にまだ引き上げていないコナラがあります。
 来年3月にはここにクヌギを植樹します。
d0024426_22262998.jpg


 祭りの為に用意したピザの材料を処分するために今日はピザを焼きました。またKさんの差し入れのサツマイモも石焼き芋にして頂きます。
d0024426_22304179.jpg





 

 
[PR]

by str1685 | 2014-11-05 16:11 | 活動報告 | Comments(0)