ブログトップ

 快晴に恵まれた中「北摂里山大学体験学習」を受け入れクヌギの小径からエドヒガンの小径を案内しました。

 見学の目的は「日本一の里山」と言われる黒川地区を視察します。菊炭生産による輪伐を実際に見るのが目的と思いますが、当クラブでは炭を焼いていません。
 当クラブでは、放置された里山は自然の力により進む植物遷移を中断させて、里山保全に勤めているところを見て頂きました。

参加人数 1名 受講生ほか30名

 遷移を中断させ落葉樹に統一したクヌギの小径を案内しました。この作業を進めるために当クラブの運営としてコナラの伐採によるシイタケ&薪作り、新規に本しめじの栽培を始めました(臨床を綺麗に保つため)。小学生の「里山体験学習」、一般市民対象の「里山観察会」、黒川里山まつりの参加などを紹介。
 また、カシノナガキクイムシによるナラ枯れの障害に対処する為のクヌギの植樹や絶滅危惧種のエドヒガンの植樹も見て頂きました。
 エドヒガンの大木では市民にこの木の愛称募集で「出会いの妙桜」と命名し特別に保護し、皆さんに親しまれるようにしています。

 他に能勢電鉄100周年記念事業「アートライン」の紹介(里山に設置されたアート)しました。

薪炭林(クヌギ&コナラ)の整備された中を案内。林床に本しめじを栽培中である旨も説明した。
d0024426_2005838.jpg


林床には光が当たり光と影とを作り出しているが、1点を照らしているだけではありません。太陽の動きにより林床全体に光があたっていると感じてください。
d0024426_20678.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-09-21 20:12 | 活動報告 | Comments(0)

 北摂里山大学の体験・学習を21日に受け入れします。先日の台風18号の影響で遊歩道の破損箇所を修復する目的で開催しました。
 勿論この受け入れだけでなく、一般の方が散策されますので、早急に補修は必要です。

 
参加人数 8名

今日の作業
 遊歩道の補修
 団栗小舎の雨漏り修理
 里山体験学習用の木工クラフトの準備 

スロープが一部破損(中程に破損箇所があります。)またこの部分の横木がほとんど腐食が進んでおり、取替が必要でした。ここは当初設置した場所で5年以上になりますので当然と言えば当然です。
また、この上の階段部分が8箇所あります。今回の階段部分の横木は、コナラを乾燥させています。杭は鉄筋を切断したものを用意しています。今回の補修は長持ちしそうです。
d0024426_8252078.jpg

階段部分の補修です。なにせ作業車を横付け出来ません。炭焼き跡に置いて、機材を持ち上げるのも大変です。
d0024426_8335073.jpg

この部分は応急処置になりました。横木が相当長いものが必要です。あり合わせを応急的に使用しました。芯材はしっかりしているものを選び補修しています。杭は鉄筋を打ちましたので、大丈夫です。
d0024426_839462.jpg

炭窯跡付近でキノコを発見。
左の赤いのは一見して毒キノコ?しかし、タマゴダケであるば立派な食用キノコです。しかし食べるのには勇気がいりますね。右は判りません?テングダケであれば毒ですが果して毒か食用かどちらでしょう。
いずれにしても自然のキノコは、食べないほうが得策か。
名前がわかる方は書き込んで下さい。
d0024426_91438100.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-09-19 22:51 | 活動報告 | Comments(0)

 今日は台風18号の影響で雨は覚悟して活動地に出かけました。今回も豪雨で午後から引き上げました。全くついていないです。

 なお、14日(土)から能勢電100周年記念のアート展開催をしております。玄関を入ったところで受付をされる方が、常駐しておりますのでよろしくお願い致します。

 
参加人数 18名

今日の作業
 1)畑シメジの菌床の渡し(申込者に配布完了です)
 2)本しめじの活着確認
 3)エドヒガン枯死(1本)処分&周辺のダンドボロギク引き抜き
 
 今日は午後から雨が降り出し作業にならないと引き上げました。しかし、気になるのは遊歩道の階段部分が8箇所損傷していました。早急に手当が必要です。
 
 本しめじの活着は今回は確実に発根したところに菌が活着しておりました。来年の秋には収穫が期待できそうです。お楽しみにしてください。

 畑シメジの栽培方法を山上駅で説明して頂きました。
 パンフレットが全部に配布できませんでした。必要の方は連絡(PC)でご連絡ください。返信させて頂きます。
d0024426_18503664.jpg

 植菌場所を皆で掘っています。結果が楽しみです。
d0024426_185197.jpg


 ご覧下さい!発根してその根っこが白くなっています。成功です。
全部で19箇所に植菌No1、2が目印を取られており探すのに苦労しましたが、No3~19はそのまま目印が残っておりました。個々の個体に優劣はあるもののほとんどが成功でしたが、道を挟んで東側は少し状態が悪く、西側は成績が良いようです。
d0024426_1852668.jpg


能勢電100周年記念アートラインの作品が妙見の森で展示されました。(展示場所は能勢電沿線に広がっています。私たちの活動地の妙見の森でピックアップしました。)

 この駅は「北極星入口」駅です。次の駅は「北極星」と表示されています。レールは北極星に向けて敷かれました。???銀河鉄道999を連想します。
d0024426_785535.jpg

ブランコ(櫻谷を見下ろす以前カワラケ投げのあったところです。アーチ状の突っ張りの先にブランコがぶら下がっています。このブランコに乗ると空間に浮かんだ気分で気持ちっが良いかな?実際には出来ませんが)
d0024426_7144017.jpg

トラバント(Trabant )
 東ドイツのVEBザクセンリンク社が生産していた小型乗用車です。(1957年 - 1990年「トラビ」(Trabi )の愛称で親しまれた。)2ストローク空冷直列2気筒エンジン。初期形P50では500cc、その排気量拡大型P60では600ccとなりました。私の若い頃はトヨタのパブリカ(空冷水平2気筒エンジン)に乗りましたが、同程度の車かな?
 命名された「トラバント」はドイツ語で「衛星」「仲間」「随伴者」などを意味する語で、1957年に打ち上げに成功したソ連の人工衛星「スプートニク1号」を賞賛して命名されました。これで、宇宙を想像して頂けますか?

 銀河鉄道999、宇宙ブランコに続きこの作品です。全部宇宙を表現していると思われてきました。皆さんはどのように感じますか?今一度じっくりと鑑賞ください。
d0024426_8182751.jpg


最後に山上駅の横の「妙見の森足湯」です。歩き疲れた足をここで癒してお帰りくださいとの配慮です。一度入って下さい(入場料200円オリジナルタオル付きです)
d0024426_1325812.jpg

d0024426_9344421.jpg


足湯に浸かり前を見ると黒川地区の集落が見えます。
d0024426_9393930.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-09-15 18:58 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供

エノキ (榎 落葉高木 ニレ科)           
                花期4~5月  果期9~10月

 木偏に夏と書いてエノキ。昔の街道の目印に一里ごとに作られた塚に多く植えられた樹種で、大樹になるとその木陰で旅人が休んだという話があります。榎の字は和製漢字だそうで、旅人に木陰を提供してくれるエノキに感謝の気持ちを込めて夏を代表する木としてこの字が作られたのかも知れません。

 子供のころは夏よりも秋にこの木の恩恵にあずかりました。田舎の親戚の近くにエノキの大木が有り秋になるとこの実を従姉妹らと競って食べた記憶があります。秋になると直径5~6mmの実は緑色から次第に黄色、オレンジを経て赤褐色に変化します。オレンジ色の実はまだ渋みが残っていて赤褐色の実が食べごろですが、熟しすぎるとカスカスして美味しくありません。

 エノキは国蝶のオオムラサキの幼虫時の食草として知られていますが、かつては若葉が救荒職として人の口にも入っていたとはつい最近知りました。

 花は新葉の展開と同時に咲きますが小さく目立ちません。
 
d0024426_206560.jpg


d0024426_2062076.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-09-08 19:58 | 今月の樹木 | Comments(0)

 今日は台風の影響で雨は覚悟して活動地に出かけました。しかし、午後から豪雨で警報に変わりましたので早々に切り上げ途中で引き上げました。

 アート展開催のお陰で小屋に電気が来ました。
 
参加人数 21名

今日の作業
 里山体験学習の材料点検
 コナラの丸太割(薪作り)
 アート展開催のためにドアの掛け金の取り付け
 チェンソーの刃研ぎ
 団栗小舎で出来る作業にしました。

雨のためテントを張って作業の開始です。
d0024426_1641383.jpg

この小舎の2階部分がアート展の会場となります。一般の方が出入りしますので念のため中から留め金を取付ました。
d0024426_16415964.jpg

小学生の里山体験学習の材料確認。ドングリは全部ネズミにやられてダメのようです。新しく用意が必要です。みなさんご協力をお願いします。
d0024426_1642129.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-09-04 16:45 | 活動報告 | Comments(0)