ブログトップ

 暑い日が続きますね雨もしばらく降っていませんし、今日も雨の気配を感じません。植樹したエドヒガンやクヌギが心配です。

 今日は、前回に続きの能勢電の開業 100 周年記念アートイベントの為の団栗小舎の整理をします。

参加人数 14名

今日の作業
 部屋の収納整理
 コナラの丸太割。
 
 玄関周りが綺麗に整理できました。
 早速北摂里山のポスター&飾り棚を展示しました。(どこかで見た景色ですね。そうです「里山体験学習」で小学生を案内して「出会いの妙桜」での桜の大きさを実感しているところです。
 このポスターは「北摂里山の魅力をもっと多くの方に知って欲しい!」との思いを込めて、「北摂里山ポスター写真コンクール 作品募集」の案内です。
詳しくは「北摂里山ポスター写真コンクール 作品募集」の文字をクリックして下さい。
d0024426_6331055.jpg

 階段下の檜のベンチ材も片付けスッキリと整理。(そのうちここも何かに利用されそうです。)
d0024426_6333829.jpg


玄関周りの表では、コナラの玉切りを割って薪にして乾燥小屋に収納しています。
まだまだかかりそうですね。
d0024426_7606.jpg


ヤマトタマムシの産卵
タマムシは枯れ木のくぼみに卵を産みます。(古木は桜、えのき、ケヤキ、コナラ、クヌギ、カキです。)
薪にしようとコナラの丸太切りを積んでいますが、そこにヤマトタマムシが飛んできて産卵をしています。木の中で2年ほどで成虫になり飛びます。(画像は吉田さんから)
ヤマトタマムシの成虫は、葉っぱを食べます。樹液には来ないので、クワガタ・カブトとは違うと認識しないといけない。
d0024426_8281077.jpg


こちらはシイタケのホダ木に水をかけました。お天気続き&気温が高すぎるため少しでも(気休めかな?)
d0024426_791972.jpg


こちらは植樹したエドヒガンが枯れています。原因を調査する必要があります。
風の影響を受けて、木が揺れて根っこも安定しないと思いしっかりと固定するために括りつけた麻紐が幹に食い込んでいます。これが原因とは思いませんが、次回点検をするようにします。

 植栽地のダンドボロギク、ベニバナボロギクは制圧が進んでいるようです。数が減ってきましたがあちこちで花が咲きかけています。早めの処分が必要です。
d0024426_7113889.jpg


ケーブル山上駅15:00の気温です。31.8度でした。真夏日の30度を越えていました。
これでも日陰に入り風が通り抜けるととても気持ちがいいですよ。
d0024426_718317.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-08-19 07:20 | 活動報告 | Comments(0)

 能勢電の開業 100 周年記念アートイベントが2013 年 9 月 14日(土)~2013 年 11 月 24 日(日)の期間で開催されます。

 このアートイベントは、「妙見の森」一帯の地域にアートを点在させ、ハイキングや街歩き気分で芸術作品を気軽にお楽しみ頂く芸術祭です。
 この展示箇所として「団栗舎屋」 も利用しますので、私たちの道具類も整理整頓して、受け入れ準備が必要です。
 今日はそのために入口付近の刈払機、チェンソーなどの機器類やベンチ用材として確保している檜の丸太を場所を移動し玄関を広くします。

 また、コナラの薪材もまだまだ運びきっていません。引き続き運ぶ事にします。

参加人数 18名

今日の作業
 部屋の収納整理
 屋根の波板張替え&単管の組立。
 コナラの丸太運び。
 
14時からは黒川里山まつりの打ち合わせ会議がありますので、一足先に失礼して、会議に出席させて頂きました。
[PR]
by str1685 | 2013-08-07 16:21 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供

コアカソ(小赤麻 落葉小低木 イラクサ科)           
                花期8~9月 果期11~12月

 田畑の土手や用水路脇で良く見かける1~2mの低木です。コアカソに似た名前に草本のアカソ(赤麻)と、同じく草本のクサコアカソ(草小赤麻)が有ります。この3種の名称の関係は、コアカソはアカソに似てはいるが葉がアカソより小さいのでコアカソと呼び、クサコアカソはコアカソに良く似てはいるが草なので頭にクサが付く呼び名になったというまるで連想ゲームのような関係です。

 この科を代表するイラクサは山菜として利用されますが、青シソの葉を連想させるコアカソも食べられるのではと調べてみたところ、残念ながら毒はなさそうですが食用にはならないようです。
 余談ですがイラクサを最初に食べてみようと思った人はこの草から何か旨いものを連想したに違いありません。イラクサの毒針に刺された痛みがハチに刺されたような感覚から珍味のハチの子を連想したのではないでしょうか。そうでもなければ毒針だらけのこの草を食べてみようなんてとても思いませんよね。

 イラクサ科の仲間には漢字で書くと麻という字が有るように古くから繊維を採って布として利用していたそうです。越後上布の名は聞いたことがありましたが、これもイラクサ科のカラムシ、別名苧麻(ちょま)が原料だったんですね。

d0024426_9484747.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-08-04 10:33 | 今月の樹木 | Comments(0)