ブログトップ

 今日の天気予報は、雨の予想でした。植樹のイベントを開催するのはダメかな?と諦めていましたが、日頃の行いがよっぽど良いと言う事ですね、雨に降られるどころか日が差してきました。
 このように山の作業の予定は天候に左右され、予定した作業が出来ないとなった場合順延また順延となりかねないので、気がもめます。

 参加者: 18名(一般参加者10名)

 今日はクヌギの植栽を一般市民募集で実施しました。応募のあった方は10名です。現場は急峻で、礫岩が多いい所です。いつ石が落ちる可能性があります。用心に越した事はありません、横一列で上の方から実施しました。

 スタート10:30挨拶を兼ねた作業手順を簡単に説明。「案ずるより産むが易し」を地でゆきました。予定通り約80本程度を午前中に植樹完了です。午後からはネットの門扉も取り付けました。
 昼食時にはシイタケ狩りをして、少しばかりの鹿肉でバーベキュー参加の皆さんに楽しんでいただきました。

張り紙をして受付開始です。予定の10:30には全員集合しました。
3班に分かれて作業を行います。 
d0024426_21415947.jpg

苗木を持って植栽地へ(安全のため事前に、落ちそうな石は粗方落としています。しかしそれでも心配は絶えませんね)
d0024426_21422314.jpg

横1列で上から実施しています。この体制が最後まで続けて欲しい。
d0024426_21431411.jpg

下から撮るとこんなに急斜面です。
d0024426_21443656.jpg

この事業の立て看板です。
d0024426_2324272.jpg

昼食前にシイタケ狩を実施。どんこ椎茸が収穫出来ました。
d0024426_2245189.jpg

椎茸と鹿肉でバーベキュー好評を得ました。
d0024426_2281935.jpg


d0024426_8102416.jpg

中食後近くを散策。標高500Mに存在するブナを見ていただきました。
d0024426_2210123.jpg

成虫で越冬し早春にいち早く飛び始める「ルリタテハ」?を発見しました。アセビの花の蜜を吸っているのでしょうか?山に済むタテハチョウは樹液を吸っていると思いますが、樹液の上がらない時期は花の蜜になるのかな?
d0024426_22153481.jpg

林さんのウッドバーニングです。CMかな?(右近:多田駅前のディンプル多田B1)
d0024426_22251371.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-27 06:32 | 活動報告 | Comments(0)

今月の草本(2013年03月)

菅さん提供

チャルメルソウ(哨吶草  ユキノシタ科)          
                 花期3~5月  果期5~6月
 チャルメラソウの間違いではありません。でもチャルメルソウの語源は受粉が終わった後の花の形が屋台のラーメン屋さんの客寄せに吹かれるチャルメラに良く似ているところから来ているそうです。

 生育場所は沢沿いの湿った岩場の林床で見かけられます。花の大きさは数mmと小さく色も地味で生育場所の環境と合わせて人目に触れることは少ない草花です。人目に触れにくいどころか花粉を運んでくれる多くの虫たちにも見向きもされないようで、この花の花粉を運んでくれる虫は蚊の姿に良く似たキノコバエという種類の中のただ一種の昆虫だけという事が研究者の調査で分かってきました。

 奇妙な花の形もこの昆虫が蜜を吸うときに脚の支えに役立っているとのことです。
変わった花の形や昆虫との関係に加えて、調査研究が進めば新たな発見が有りそうな植物です。

d0024426_7374823.jpg


d0024426_7403385.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-25 07:25 | 活動報告 | Comments(0)

 今日は24日(日)のクヌギの植樹会(一般募集)を控えて、最後の仕上げと頑張りました。しかし天候が気になります。このまま何とか1日もって欲しい所ですが・・・。

 参加者: 11名

 着くなり格納庫の屋根が剥がれています。とにかくブルーシートを貼り直さないと駄目です。それにシイタケのホダ場も貼る必要があります。
 とにかく今日の目的の鹿ネット張りができるかどうかです。ネットをかける為の鉄の杭は、全部立てました。ネット張りは、半分で時間切れです。当日植樹と並行して貼っていきます。

鉄の杭を4m置きに立てました。高さが高いためいろんな工夫(ノッチスは頭が入らないためダメ、鉄杭を差し込み抜いた跡に差し込む等)をして試しましたが、台の上に登り打つというセオリー通りが適していたみたいです。
d0024426_754334.jpg

ネットは予定の半分、杭打ちは完了です。後は扉の完成を待っています。
d0024426_7331278.jpg

格納庫の屋根の部分が剥がれていました。補修にブルーシートを貼り付け応急処置を終えました。
d0024426_7444693.jpg

ホダ場の骨組みは終えて、ネットを被せるのみになっています。最初のホダ場の補修も残っています。
d0024426_74528.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-21 07:48 | 活動報告 | Comments(0)

 表記についてこのBlogに書き込みがありました。

 鹿の大繁殖にはほとほと手を妬いています。私たちの里山ボランティア活動では、植栽がなくなり、鹿の食さない樹木や草が残る結果となります。

 クヌギやエドヒガンの苗木を植えるにも活動資金の乏しいボランティア活動なので、実生から育てて山に植えるのですが、シカ対策を必要とします。保護ネットを購入すると1本当り5,000円程度のネット必要で、100本植樹すると50万円の費用がかかります。

 地元のお百姓さんもこのシカ対策だけでも大変な出費がかかっていると思われます。もちろん野生動物はシカだけでありません。イノシシだけでもありません。最近はヌートリア、アライグマ、ハクビシンなどの外来種も出てきているのが現状です。

 この被害について、もっと大きな枠組み(根本的なことを考える必要があるのでは?)で考える必要があると思います。

 ここで書き込みのあった表記の「鹿対策に狼の導入」について皆さんのご意見は如何でしょうか?
下記ラベルをクリックしていただきますと「一般社団法人日本オオカミ協会」にリンクします。一度ご覧になって、ご意見をお聞かせください。

d0024426_1234727.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-19 11:24 | お知らせ | Comments(1)

 昨日からケーブルの運行が再開されました。気温もグット上がってきました。今日も仕事が大いに進む事と思います。

 参加者: 26名

 今日は単管で薪の乾燥小屋の完成&シイタケホダ場の補修と24日のクヌギ植樹に向けて、準備を整えます。

 黒川駅舎が改装されました。こげ茶色でシックな感じです。
 そこに掲げられた看板「妙見の森ケーブル」となっています。今年の春から、表現は「妙見の森」と表現する事になりました。
(今まで「妙見山」の愛称で多くのお客様に親しまれてきましたが、この度「妙見の森」と愛称を変更されました。)
d0024426_7321331.jpg

皆伐地のコナラを積み上げました。これは全部薪にし、椎茸栽培には使えません。
ホダ木は切ってから3ヶ月程度寝かす必要が有ります。また、植菌は、遅くても4月初旬までにしないと駄目です。植菌は出来てもコナラの原木はどうしようもありません。(もちろんこのまま実施しても全くでない事ではありません。多少出ると思いますがベストではありません。)
d0024426_81269.jpg

皆伐地内は結構急な斜面ですから歩道を付けました。
d0024426_8124123.jpg

皆伐あとの整理をする前に、あまりに石ころが多いので先に取り除くことにしました。次に竹の杭を2mおきに立て、その位置に植樹のしていただきます。
d0024426_8292148.jpg

横から皆伐地を見るとやはり急斜面ですね。
d0024426_8344750.jpg

薪の乾燥小舎も完成です。床もパレットを敷き詰めました。この写真は昼休みに撮りましたので、完成間近の写真です。またシイタケのホダ場も進んでいます(写真は撮り忘れました)
d0024426_8363215.jpg


 次回臨時活度を実施します。
 3月20日(水・祝)に鹿ネットを取り付けます。(ネットの紐をほどく前に必ず上と下のロープを通してからほどいて下さい。)
 気になる天気予報は?20日・24日も大丈夫の予報です。よろしくお願い致します。
[PR]
by str1685 | 2013-03-17 21:01 | 活動報告 | Comments(0)

 篠山市森林組合に依頼工事が入っていますので、進捗状況や工事の指示に妙見山上まで出かけました。能勢電さんの水広場付近のドレスアップ?(レンガの敷詰め&ウッドデッキの拡張)をしていますが、なんといっても山上は「里山の景観」を見に来て頂くところです。(ケーブルの車内アナウンスにもその表現でされています。)ドレスアップと言う意味合いでなく、茶道で言う簡素な雰囲気が似合うものと思います。決して大型遊戯施設を連想させる物と相反する路線で開発して欲しいものです。

 エドヒガンの続きにクヌギを植樹するためにコナラ林の皆伐を進めています。これにはナラ枯れによる被害、コナラの萌芽が見られない、鹿の食害等などにより薪炭林の将来が心配です。そこで、クヌギのどんぐり(地元で採取)を育ててきました。

 皆伐は20×30mですが、区切りのの設定により、少し大きくなります。2m間隔で植えますが際から5mは日照関係で省きます。その関係で70本程度植樹します。

 皆伐は14日には出来ると思います。そのあと引き継ぎ、植樹の用意となります。(植樹予定日3月24日(日))

植樹の為の前作業
 植える場所に竹の杭を立てる。
鹿ネットの設置
 ネットは50mを2枚購入しました。解く際の注意として、必ず先に上と下のロープを通してからほどいて下さい。慌てて先に解いてしまうと縺れて困ります。

購入部品 
1)防鹿ネット 1.8m×50m(15cm目)2枚    
2)貼りロープ 10mm 55m 2本
3)押えロープ 8mm 55m 2本        
4)L型支柱 2.5m 24本
5)底止めアンカー 60本
6)なまし鉄線 25Kg

作業順序
1)ネットにロープを通す
 束ねられた状態のままのネットにロープ(張りロープ・押さえロープ)を通して下さい。

2)ネットの設置
 張りロープと押さえロープを通した状態のネットをほどきます。
 ネットは、一度に広げると横に引っ張られて上下の幅がとれなくなってしまいますので、
 少しづつ広げながら作業を行います。
 ※ネットは余裕を持って(横に引っ張らずに)取り付けてください。
  (ニホンジカなどの追突の衝撃を和らげてくれます)
  押さえロープは、底止めアンカー(12本しかありません。)出来る限り丸太を寝かせて押さえます。この丸太は所々に道の上に上げず適当に残して欲しいと依頼済です。凸凹のあるような所は隙間をなくすようにお願いいたします。

3)ポールを立てる
 ポールは、50cm程真っ直ぐに打ち込みます。基本とするポールの間隔は、風や雨水の流れなどを鑑みて、4mに設定して下さい。
 ※ポールの打ち直し作業は、労働力・時間を無駄に費やしてしまいます。そのようなことがない様に、設定してから打ち込み作業を行って下さい。

4)ポールの固定
 動物の衝撃に対する支柱の強度を増すため、ポールに針金により支線を張ります。その支線に底止めアンカーを打ちます。(左右1本計2本)コーナーは3本支線を張るようにしします。

5)出入口の設置
出入り口の柱は単管を利用します。扉と蝶番は別途購入します。


 工事箇所及び作業は次の写真より判断ください。

皆伐部分の現状です。奥に「出合いの妙桜」とその看板が見えます。
d0024426_9292285.jpg

クッキングセンターに行く途中に、「かわらけ投げ」(現在ロープで立ち入り禁止。現在この下を人が通るため止めていただきました。)そのへんから見ました。
d0024426_9303746.jpg

伐採されたコナラは、薪に利用しますので1mで玉切りしてこのように積んでいただきます。
d0024426_9305414.jpg

業者の林内作業車です。積載&ウインチが付いています。(この程度の作業車が欲しい!)
d0024426_9311049.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-10 09:40 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供

 アカメガシワ(赤芽柏 落葉高木 雌雄異種 トウダイグサ科)           
             花期6~7月  果期9~10月

 3月も終わる頃に山歩きをしていると真っ赤な木の芽を目にすることがあります。その名もアカメガシワ。赤い色は葉の表面に密生した毛によるもので葉の成長と共に脱落していきます。昔は大きな葉をカシワの葉のように食べ物を盛ったり包むのに用いた所もあったようで、菜盛葉、飯盛菜などの別名もあってそこから赤い芽の柏、アカメガシワとなったようです。花も赤いのは雌株の花で雄株の花は淡黄色です。
 手もとの図鑑に新芽は天ぷらやお浸しにするとありましたが、色鮮やかな山菜料理が楽しめそうですね。ちなみにクリスマスシーズンに出回る赤い葉のポインセチアはこの木の仲間です。
 アカメガシワは古くから胃潰瘍、各種の腫れ物に良いと珍重されてきたそうで、現代薬にも使われているようです。痔の外用薬として生の葉をすりつぶしてその汁を患部に塗ると良いそうですので、山歩きに疲れて腰を下ろす時に心当たりの方は試されてはいかが。

d0024426_93519.jpg


d0024426_93161.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-04 08:54 | 今月の樹木 | Comments(0)

川西のサクラ写真募集

 川西市とNPO法人川西再発見では、川西市の市木「サクラ」の写真を募集します。

 募集期間は平成25年4月1日(月)から5月1日までとなっています。

 つきましては、私たちのエドヒガン「出合いの妙桜」(愛称募集で昨年決まりました名称)を是非応募して下さい。(作品は50点に選定されて展示されます。)

 詳しくは下記URLからご覧下さい。(下記の赤字をクリック)
 川西のサクラ写真募集  

d0024426_8293121.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-04 08:30 | お知らせ | Comments(0)

 今日は納品の資材位がありますので、車で登りました。昨日降った雪がアイスバーンになっていないか心配していましたが、地道が泥濘んだあと後凍てついていましたがなんとか無事運べました。

 参加者: 22名

 今日は単管で薪の乾燥小屋の増築&シイタケ菌打ちを予定しています。単管の組立は素人ばかりで出来るかな?少し不安でしたが、頼りになる助っ人をお願いしました。予定以上に進みあと1日あれば完成です。
 シイタケの菌打ちも全部打ち終わり、ほだ木置き場も単管で作りかけ、もう少しです。
 
 次回はコナラ林の皆伐のの跡を植樹するように準備です。臨時活動をもう1日植樹の日までに必要と思えます。ご協力ください。

鹿ネット資材です。鹿ネット(ステンレス入50m2枚)貼りロープ55m×2本、押さえロープ55m×2本、支柱24本、底止めアンカー60本、なまし鉄線25kg
d0024426_22452426.jpg

薪の乾燥小屋(単管4m×10本、3m×32本、2m×33本、1m×10本その他クランプ90個、垂木、波板など)
d0024426_22455565.jpg

チェンソー、刈払機2台、丁能鍬12丁
d0024426_22462251.jpg

地ならしが済んでいるので、早速組立が始まりました。
d0024426_23225930.jpg

多方出来上がりです。後は波板が4枚不足しており次回です。床はパレットをもう少し敷終わります。
d0024426_23232079.jpg

シイタケの菌打は予定の100本を超えている模様です。
d0024426_23234113.jpg

菌打ちが終わりシイタケのホダ木置き場を作りかけました。
d0024426_23235639.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-03-03 20:27 | 活動報告 | Comments(0)