ブログトップ

里山活動で使う道具

 里山活動で使う道具
 実際どのような道具があれば、安全で確実な仕事ができるのか、考える必要があると思いました。勿論先人がいろんな道具を試行錯誤しながら現在に至っていると思いますが・・・。

 しかし、昔と今の違いは?ノコ→チェンソー、草刈鎌→刈払機、などなど昔と今では、やり方方法が大きく変わってきている?

 時間の流れ方も違っている。今の時代に合った道具をみんなで考え出す必要があると思います。
 
 早速パソコンで検索してみました。
 元気里山道具考がヒットしました。これを参考に私たちの現場に必要な道具をみんなで考え出したいと思いました。何かご提案を頂ければ有難いです。
 下の「元気里山道具考」の文字にカーソルを合わせてクリックして下さい。

元気里山道具考

この連絡で下記の意見がありました。
皆さんもご意見をお送り下さい。
(Kさん)
道具のブログみましたが、自作道具がいいですね。
なんでもかんでも電動工具ではなく、ですね。

道具も増えてきたので、置き場の整理も必要かと。
この前、ツルハシやオノ、クワ、シャベルの置き場が煩雑になってるなーと思いました。
整理方法考えてみます。
(宜しくお願い致します。)
[PR]
by str1685 | 2012-11-21 21:04 | お知らせ | Comments(0)

 今日は雨のため延期された陽明小の里山体験学習(里山林散策学習~木工クラフト)です。昨日の例会に続き連続の活動です。

 参加人数 69名(会員11名、教師3名、その他1名、児童54名)

実施内容
散策コース
 集合場所(水広場) → 台場仕立てクヌギ、コナラ地区 → 炭窯跡 → 放置林 → 桜の群生(市の天然記念物(エドヒガン)出会いの妙桜 → 水広場 → クッキングセンター(昼食休憩)
 
 午後からの木工クラフトはクッキングセンターで実施。

 ケーブル黒川駅に着くと既に観光バスで着いてケーブルで上に上がったとのことです。10時開校ですから、時間が開始まであまりすぎます。用意が出来次第予定時間より早めて実施することにしました。

 開校そうそう児童達からの感想で、こんな山の上に里山が存在するとは思えないとの事であり、この様子からすると里山について、いろいろと勉強をしてきていると頼もしく思えてきました。
 是非今日は里山を直に触れて実感して帰っていただこうと開始しました。(帰るまでに里山を納得して帰ることができるかな?)
d0024426_1345454.jpg

 薪炭林のクヌギの小径を回っています。(ここでハプニング!がありました。ベンチテーブルのところで、コナラ、クヌギの葉っぱを理解してもらうため各自で拾ってもらいました。コナラ、クヌギの葉っぱ、樹皮を比較しながら炭や薪に利用した木を理解してもらいました。大きな葉っぱはホウノキなどなど話をしながらふと上を見たとき、割りと太い枝が児童の頭の上の方で止まっています。すぐに離れてもらい木を揺すって、落としました。
 なんと偶然でしょうか帰ってメールを開くとこのような状況で運悪く頭に枝が直撃したニュースが入っていました。無事で何よりですが、万全の注意が必要とつくづく考えさせられました。
d0024426_13451962.jpg

 エドヒガンの巨木「出会いの妙桜」をとおり、植樹地を抜けてもうすぐ終わりです。この頃になるとお腹がすいてきたのか、お昼のことが口をついて出てきます。
d0024426_13453446.jpg

 この紅葉は圧巻です。皆んなが「すごい、スゲー」と言っていました。
d0024426_1345483.jpg

 午後からは散策で拾ってきたどんぐりや木の枝で木工クラフトづくりです。
d0024426_1431473.jpg

 閉校式のあとハイタッチでみんな帰っていきました。
d0024426_1346953.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-11-20 13:47 | 活動報告 | Comments(0)

 昨日は雨で、伊丹市中央公民館の「つながるいのち~自然体感プログラム~」の第2回目「里山ぶらり発見ウォーキング」中止となりました。誠に残念でした。1日の違いですが、今日は天気もすっかり回復して、良い天気です。遅ればせながら紅葉が楽しめそうです。
 
 参加者 21名

 今後の計画
 コナラを伐採して薪やシイタケのホダ木に利用していますが、萌芽がありません。これは鹿の食害によるものか、樹齢のせいか正確なところは判明しませんが、毎年減少している事は確実です。そこにもってきて、カシノナガキクイムシがコナラに入ってきています。状況は急変していませんが、じわっと迫ってきている感じです。
 これに対処すべく拡散防止に努力してきましたが、やはり樹木の若返りが必要と判断し、極僅かな面積(20㎡)ですが皆伐してクヌギを植樹します。これは自然に配慮して、この程度に止めました。(鹿対策が上手く凌ぐことができれば、順次継続実施いたします。)
 この計画に伴い、薪の乾燥小屋、椎茸の圃場の増設が必要になります。他に諸道具も見直し取り揃えることも必要となってきます。

 これらを里山観察にこられる方に見てわかるようにディスプレイ的に表現することも考えておくことが望まれると思えます。

イロハモミジが素晴らしい装いで迎えてくれました。(画像をクリックして下さい。)
d0024426_21173152.jpg
 
今日は晴れと安心していましたが、急に降りがしました。急遽テントを貼り薪割りです。
d0024426_2131144.jpg

薪の乾燥小屋を増設します。拡張するため地ならしをしています。これが大変で、切株がありその除去に手間取りました。
d0024426_2134275.jpg

シイタケが驚くほど出ています。このホダ木は秋にタップリと水を与えました。
d0024426_2141943.jpg

この蔦は?何とも綺麗な模様に染まっています。思わず撮りましたが名前は?
d0024426_2144661.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-11-18 17:48 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供

コマユミ(小真弓 落葉低木 ニシシギ科)          
              花期5~6月  果期9~11月

 葉がマユミに比べると小さいためコマユミと名づけられていますが果実はマユミよりもニシキギの方とそっくりです。分類上は枝に縦方向にコルク質のヒレ状のものが有るものをニシキギといい、ヒレ状のものが無いものをコマユミということになっていますが厳密に区別しない見方もあるようです。

 春に咲く淡緑色の花は5mm程と小さく目立ちません。花が目立たない分紅葉で目立ちたいという訳でもないでしょうが、ニシキギ、コマユミとも秋の早い時期から紅葉し始めます。
 若い果実も淡緑色ですが秋の深まりと共に次第に赤くなり果皮が2片に裂開してオレンジ色の種子が顔をのぞかせます。上の写真では派手なメイクにオレンジ色のブローチをつけた厚化粧美人のようにも見えますが、実の皮を剥くと真珠のような種子が出てくるそうですから、派手な中にもつつましさを持った美人ということにしておきましょうか。
 実は有毒で昔はこの実をつぶしてシラミ退治をしたそうです。昔の人にとっては紅葉の季節はシラミ退治の季節でもあったわけですね。

d0024426_8403288.jpg


d0024426_8413896.jpg


d0024426_8422893.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-11-13 08:01 | 今月の樹木 | Comments(0)

懇親会のお知らせ

 今年も残り少なくなってきました。毎年のことですがケーブルが12月10日以降運休に入ります。(今年は土日祝は24日まで運転されます)

 そこで今年の活動してきた思いを皆さんと語らいながら愉快に懇親会を開催したいと思います。

(今回は中橋、馬渕、釜野さんにお世話になります。皆様もご協力をお願いします。)

                  記

1.日時   平成24年12月 8日(土)9:30~15:00

2.場所   妙見山 団栗小舎

3.集合   ケーブル黒川駅( 9:35発に乗車)

4.会費   1,000円

5.内容   ダッチオーブン料理、芋煮

       缶ビール・酒類を少々会から提供します。(差し入れ大歓迎です。)

6.その他注意事項

(公共交通機関を利用して参加してください)                            

 準備の都合がありますので、11月19日(月)までに参加の可否をご連絡ください。 出欠の連絡は秋月さんまでお願い致します。下記のCommentsをクリックしていただき記入可能です。
[PR]
by str1685 | 2012-11-11 10:48 | お知らせ | Comments(0)

 一昨日はご苦労様でした無事「黒川里山まつり」終了しました。それも束の間次の準備が待っています。今日はその用意です。
 
 参加者 13名

 今後の予定
 17日:伊丹中央公民館からの ~自然体感プログラム~ 「里山ぶらり発見ウォーキング」予定30名
 18日:例会
 19日:「里山体験学習」(陽明小児童55名)

 11月の作業はコナラの伐採(薪、シイタケのホダ木用)、住民参画型里山林再生事業の実施場所の確定があります。

 今日は17、19日のプログラムの用意と点検としました。時間があれば北摂里山博物館からのコースターづくりを40枚仕上げます。

予定通り用意ができましたので、先日祭りで使用したヒノキの丸太切りで残った部分の皮をむきました。(皮を付けたままですと白太に虫が入ります。)
d0024426_1325886.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-11-08 13:32 | 活動報告 | Comments(0)

 毎年雨に降られたたられたこの里山まつりですが、今日はお天気に恵まれて1日良い予報が続きそうです。

参加者 23名

 市民の皆さんに里山を身近に知っていただくために「里山観察」を実施。また、里山の恵みを利用して、丸太切り、葉脈しおり、木工クラフト、バーニングペンおまけとして石焼き芋を実施しました。
 
 里山まつり目当ての方は?皆さんなんでしょうか。
 こちらの目的と一致したほうが良いのですが・・・。

 さすがに里山観察会は無理のようです。(私たちはこの観察会を通じて里山を知っていただき、興味をもっていただき、できれば一緒に活動をしていただければとの思いで企画しています。しかし結果は無情にも0でした。観察する時間が1時間と長いからかな?)

 (参加推定人数)
 里山観察 0人、丸太切り 54人、葉脈しおり 136人、ウッドバーニング137人、焼き芋149人、木工クラフト183人、計659人

駐車場の関係もあり、車で直接会場に上がりました。ケーブル利用者も8:50に乗車9:00から会場設定前日に用意をしていますから10:00開始に余裕で設定を終えました。
d0024426_851555.jpg

d0024426_8523673.jpg

すっかり定番の木工クラフト&葉脈しおりです。
d0024426_8572723.jpg

丸太切りも案外人気がありました。
d0024426_8593327.jpg

今回初めてのウッドバーニング。これはやってよかったと思いました。
d0024426_902486.jpg

シイタケ栽培の中で鈴なりの1本を見つけましたので、展示しました。
d0024426_915012.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-11-05 18:23 | 活動報告 | Comments(0)

陽明小学校の「里山体験学習」の開催日延期について。

 11月6日(火) ⇒ 11月19日(月)に変更されました。

[PR]
by str1685 | 2012-11-05 15:17 | お知らせ | Comments(0)

参加者 8名

 里山まつりがいよいよ明日になりました。会場設定は明日にしますが、いろいろな材料や道具類を会場近くまで運び込みました。

 先ずは丸太切りの材料調達と檜を求めて人工林(里山と人工林の区分は?)へ適当な細さを求めて切り出しました。

 昼までに時間がありますので、県から依頼のコースターをヤスリで磨き焼印をしました。(50個)はサービスです。

 午後からは各出し物(里山観察会、葉脈しおり、木工クラフト、丸太切り、ウッドバーニングの諸道具&材料と石焼き芋の器材&材料を揃えて水広場まで運び出しました。(ブルーシートで覆いますが、万が一のため機械類は残しています。)

 準備は完了しました。あすが楽しみです。
切り出したヒノキです。切るといい香りがして芳香剤として車に乗せても良いですよ。
d0024426_18525297.jpg

明日のまつりの道具&材料を積んでいます。軽4トラックがあって有難いです。
d0024426_19165165.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-11-03 18:40 | 活動報告 | Comments(0)