ブログトップ

 今日は加茂小里山体験学習(82名 里山林散策学習~木工クラフト)ですが、黒川里山まつりを控えて準備があります。その準備の一つ、コースターの仕上げ(ゴム印を押します。300枚)

里山観察会(「人と自然の博物館」との連携講座)
 今日は朝から良い天気で、快適な観察日和になりました。里山観察会も大事ですが、祭りの用意があります。そちらに大方の勢力を取りました。
 しいたけのホダ木の保水、コースターのヤスリがけ、葉脈しおりのリボンがけなど順調に仕上がりました。 

 参加人数 17名(会員17名、教師3名、その他3名、児童82名)

散策コース
 集合場所(水広場) → 台場仕立てクヌギ、コナラ地区 → 炭窯跡 → 放置林 → 桜の群生(市の天然記念物(エドヒガン)出会いの妙桜 → 水広場 → クッキングセンター(昼食休憩)
 
 午後からの木工クラフトはクッキングセンターで実施。

ケーブル黒川駅に着くと既に観光バスで着いています。(10時開校で現在9時です。早すぎる?と思いつつ早速打ち合わせを済ませて9:15発のケーブルに乗車)
d0024426_12503661.jpg

薪炭林を抜けて炭窯後に下りる階段です。今年は団栗(コナラ)の生り年でしょうか沢山のどんぐりが落ちています。みんな小枝、葉っぱ、団栗など沢山拾っています。
d0024426_1251066.jpg

今回愛称募集をして「出会いの妙桜」と名称が決まったエドヒガンです。どれだけ大きいかみんなで手をつないで、その大きさを確認しています。
d0024426_12511279.jpg
 
午後からの木工クラフト。見本を見ながら思い思いの作品に取り組んでいただきました。3点も作ったよ・・・。少し自慢しながらはしゃいでいます。
d0024426_12514213.jpg

あっという間に終わりです。整理整頓&お掃除も終わり集合。
d0024426_12521455.jpg


みんな元気で1日里山で遊びました。お別れはやはりハイタッチかな。
[PR]
by str1685 | 2012-10-30 13:31 | 活動報告 | Comments(0)

参加者 6名

 今日は芋掘り?なぜ??。
 11月4日は「黒川里山まつり」です。私たちの出し物の中に今年から2つ追加しました。①ウッドバーニング②石焼き芋の振る舞です。MabさんとKamさんに60個用意していただきましたが、あと60個追加して、用意することにしました。黒川の地元の方に相談しましたら、そのようなことであればとご協力いただき無償で芋掘りの実施になりました。
 掘ったあと水洗い&天日乾燥です。その間に少しも時間を無駄にぜず、近くの大谷鉱山跡地を見学に出かけました。

大谷鉱山の途中に見事な台場仕立てのクヌギがありました。
d0024426_923428.jpg

d0024426_9233713.jpg

d0024426_924722.jpg

d0024426_9242727.jpg

猪の罠もあります。このクヌギを見てどのように感じますか?いろいろと考えを巡らせてください。
d0024426_9275253.jpg

鉱山は川の向こうですが、少し道を間違え帰りに確認。時間がないので傍に近づけなかったです。
d0024426_9304261.jpg


 北摂には8箇所(大阪府箕面市(川浦鉱山)・豊能町吉川(平井川間歩)・東ときわ台(桜谷鉱山)・光風台(花織鉱山・天狗鉱山)、川西市黒川(緑青鉱山・大谷鉱山・勝星鉱山))が挙げられますが、黒川の大谷鉱山は戦後も掘削されていたそうで、トロッコの線路跡などで、当時の様子をいくらか偲ぶことができるかと思い。見学に出かけました
(詳しくは下記の「大谷鉱山」の文字にカーソルを合わせてクリックしてください。

              大谷鉱山
[PR]
by str1685 | 2012-10-27 20:31 | 活動報告 | Comments(0)

里山観察会(「人と自然の博物館」との連携講座)
 今日は朝から良い天気で、快適な観察日和になりました。里山観察会も大事ですが、祭りの用意があります。そちらに大方の勢力を取りました。
 しいたけのホダ木の保水、コースターのヤスリがけ、葉脈しおりのリボンがけなど順調に仕上がりました。 

 参加人数 28名(一般参加6名、会員20名、講師2名)

散策コース
集合場所、水広場 → 台場仕立てクヌギ、コナラ地区 → 炭窯跡 → 放置林 → 桜の群生(市の天然記念物(エドヒガン)出会いの妙桜 → 水広場(昼食休憩) 水琴窟(当クラブの基地でシイタケ栽培や薪作りを見学) → ブナの成木を確認 → 妙見山上のブナの原生林

 実際の里山観察はもとより、この秋には多くの催しが開催されているため、その紹介及び当クラブの加入案内をさせて頂きました。

 (配布されたパンフレット類)
 里山観察の案内
 川西里山クラブのパンフレット
 黒川里山まつり

カーソルを画像の上にもっていって、左クリックしてください。(拡大します)
コナラ、クヌギを台場仕立てにすべく切りましたが、思わしく萌芽がありません。少し出た部分がありましたが、枯れてしまいました。シカの食害か?一部分を刈り取ってするのでなく、皆伐が必要か?課題を残しています。
d0024426_13525112.jpg
 
炭窯跡:黒川の里山にはこのような炭窯跡があちこちで見つかります。なぜこのように山の中に炭窯が作られたのか。茶道の高級炭「菊炭」の説明などがありました。
d0024426_13531945.jpg

カシノナガキクイムシの拡散を防止するためゴキブリホイホイならぬ「かしながホイホイ」を設置しています。成虫になって飛び出してくるのを粘着剤で取ります。
d0024426_13534670.jpg

最終地点のブナの原生林に着きました。ご苦労様でした。
d0024426_1354732.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-10-23 13:27 | 活動報告 | Comments(0)

 今日は北摂里山大学の受け入れです。

 参加者 3名(会員 3名 受講生32名 関係者5名)

 散策コース(クヌギ林~炭窯跡~かしながホイホイ設置場所~ビフォーアフター~エドヒガン(出会いの妙桜)と約1時間過密スケジュールです。)を回って休憩&昼食となりました。

 案内は私が引き受け石田先生と回りましたが祭りを控えて、コースター300個&葉脈しおり200枚が追加されて、こちらの方に力がかかります。今日で峠を超えたいと思いますが・・・。コースターにまたヤスリがけ&ゴム印の押印などが追加となりました。
 この続きは明日の「里山観察会」に委ねられました。
[PR]
by str1685 | 2012-10-20 18:01 | 活動報告 | Comments(0)

11月4日(日)開催の黒川里山まつりのチラシが出来上がりました。

 皆さんに例会に持って上がります。

 私たちの実施する出し物は
  里山観察(クヌギの小径~エドヒガンの小径≪出会いの妙桜≫)
  葉脈しおり、木工クラフト、ウッドバーニング、丸太切り
 を実施します。

チラシ表(画像をクリックして下さい)
d0024426_19414661.jpg

私たちの名前も≪主催:黒川里山まつり実行委員会に連ねています≫最下段で文字も小さいのでその部分だけ切り取り再掲載しました。頑張りましょう!
d0024426_19544074.jpg

チラシ裏(画像をクリックして下さい)
d0024426_19422565.jpg


d0024426_20562887.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-10-13 18:31 | お知らせ | Comments(0)

菅さん提供

ウラジロノキ(裏白の木 落葉高木 バラ科)          
                  花期5~6月  果期10月

 ウラジロノキに良く似た樹木にアズキナシがあります。葉や果実の形、大きさがそっくりで容易に区別がつきません。でも葉の裏を見れば一目瞭然。ウラジロノキは他の樹木と比べても際だって白さが目立ちます。
 葉の裏が白いのでウラジロノキとはなんとも分かりやすい名前ですが、白く見えるのは綿毛が密生しているためでアズキナシとの区別点になります。

 果実はリンゴをやや細長くしたような形で1cmほど。味もリンゴに近いと耳にしていましたので試しに口にしてみましたがナシの芯をかじった時のようなジャリジャリ感があって食感は今一つ。なにかこの果実を活かす方法はないかと考えましたが、芯を取るには小さすぎてジャムにも出来そうにもないし...。そうそう、この手のものは果実酒が一番。ということで数ヵ月先には美味しい果実酒が味わえそうです。

d0024426_7125552.jpg


d0024426_7145670.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-10-12 07:19 | 今月の樹木 | Comments(0)

 今年の春(2012年3月18日)に兵庫県森林林業技術センターからホンシメジ栽培を指導していただきました。今回は2回目で菌が活着しているかどうか確認です。

 参加者 10名(会員9名、県指導者1名)

 残念!20箇所植菌のうち大成功は1箇所、まずまず2箇所で、その他17箇所(袋の破れ、取り付けの根元テープの甘さで水の挿入、急傾斜の為土砂の流れ落ちによる露出、獣の悪戯?などなど)
 この失敗により再度挑戦することにしました。

まずまずの例(発根がいまいち少ない&菌のまわりも少ない。)
d0024426_1157533.jpg

成功の例(発根も多く見られて菌も割合多く回っている。)
d0024426_11553314.jpg


 これよりもカシノナガキクイムシが問題です。根元にフラス(木の根元には多量の粉が積もっている。これは木屑と糞の混合物でフラスと呼ばれる。)が出ているが、葉っぱは枯れていません。マスアタックがそれほど多くなかったのか?この対策が必要となります。
 来年、成虫になった個体は飛び立つ6月までに、何らかの処置が必要です。(かしながホイホイを貼り付けたいと思っています。)そのままですと付近の健全なナラ類に飛来し穿入し、被害が増大することになります。


d0024426_955978.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-10-07 10:57 | 活動報告 | Comments(0)

 爽やかな季節になりました。日中は日陰に入ると汗が引き、気持ちがいいですね。秋の七草が咲き始めました。

 参加者 22名

連絡事項
 10月の予定
  6日(土)ホンシメジ活着確認(当日はいつもどおり9:35のケーブルに乗車します。各自移植コテを持参ください。)作業は午前中に終わると思います。午後から葉脈しおりをします。
 20日(土)北摂里山大学。
 21日(日)里山観察会。
 30日(火)里山体験学習(加茂小)

活動報告
 黒川里山まつりのスタンプラリーの景品準備(木の輪切りでコースター300個、葉脈しおり300枚)コースターは今日一応完成し、6日に葉脈しおり300枚仕上げる予定です。)
 薪割り
 遊歩道の確認(補修が必要な箇所があるか確認したが、該当箇所はなかった。)
 祭り用のヒノキ伐採木確認(確認が取れたが、運び出しルートが困難)

祭り用のコースター作り後ろでは、その皮をはがし面をサンドペーパーで仕上げています。300枚はやはりきついです。
d0024426_1783347.jpg
 
薪割りも大変な作業です。折角の材を無駄にできません。
d0024426_1710054.jpg

d0024426_1791637.jpg

小舎の裏庭を見ると草が伸びてます。○○さん草刈有難うございました。
d0024426_17103795.jpg


蛇足になりますが、秋の七草について思いつくまま書きました。
 秋の七草の覚え方ご存知ですか?春の七草は案外皆さん覚えておいでになりますが、秋の七草はなかなか全部名前を覚えている方が少ないです。なぜでしょうか?春の七草は食べるが秋の七草は花を見て楽しむ。いやしんぼですかね?
 
秋の七草は一般的に「おすきなふくは(お好きな服は?)」という語呂合わせで覚えます。
お:女郎花(おみなえし)
す:薄(すすき)
き:桔梗(ききょう)
な:撫子(なでしこ)
ふ:藤袴(ふじばかま)
く:葛(くず)
は:萩(はぎ)

しかし、花といってもすすきの花はご存知ですか?
ススキの花?ススキには、雌しべ・雄しべはあっても花びらはありません。
d0024426_10273494.jpg



 
[PR]
by str1685 | 2012-10-04 11:13 | 活動報告 | Comments(0)