ブログトップ

妙見山エドヒガン群の大木の愛称が決まりました.

 川西市指定文化財天然記念物の妙見山エドヒガン群にある大木の愛称募集を行い、157点の応募の中から、「出会いの妙桜(であいのたえざくら)」に決まりました。

 「妙見山に咲く妙なる美しい桜の下で多くの人に素敵な出会いがありますように」との願いが込められています。

正面の大木が今回愛称募集で決まりました≪出会いの妙桜≫です。後ろのピンク色の桜もエドヒガンです。(画像は国定さん提供)
d0024426_914246.jpg


朝日新聞阪神版にも掲載されました。(画像をクリックしてください)
d0024426_926247.jpg


エドヒガン愛称決定のニュースリリースは、予定通り本日(8/27)の14:00に下記のとおり発表されました。
d0024426_15425969.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-08-27 09:03 | お知らせ | Comments(0)

 暑い暑いと言っても季節は変わります。セミの鳴き声により、秋の到来が近いことに気づきますね。やはり自然の中に入らないと季節の変わり目がわかりません。街中でいると毎日の雑用にまぎれてその感覚が失われると思います。

 参加者 15名

連絡事項
 愛称募集をしていましたエドヒガンの巨木の愛称を決定して、27日に発表します。

 ホンシメジ活着確認 10月6日(土)

 里山観察会 10月21日(日)

 黒川里山まつりの関係
  開催準備11月3日(水)、開催当日11月4日(日)の参加者は9月末日までに連絡頂けますようお願い致します。

活動報告
 今日は上記の事柄を踏まえて、秋の里山まつりや里山体験学習のための遊歩道の整備。エドヒガン植裁地のダンドボロギク除去。薪割。裏庭の雑草刈り。トリトンへ薪の納品。

エドヒガンの横の階段と周辺の散策道もだいぶ傷んでいます。作っておいた杭(薪用をこちらへ100本作っていたのを使いました。次はクヌギ林から炭窯後に下りる階段と周辺の散策道を実施います。)
d0024426_1152552.jpg

エドヒガン植裁地のダンドボロギクの除去。前回抜き取りましたが、既に生えてきています。種を付ける前に抜き取っていますが、なかなか追いつきません。
d0024426_11112770.jpg

コナラの薪づくりです。丸太で乾かしていた物を40CM切り、それを薪割機で割っています。
d0024426_11151014.jpg

d0024426_11153356.jpg

裏庭も雑草が茂ってきていますので、刈払機で刈り取ってスッキリしました。
d0024426_11155952.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-08-23 10:15 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供

クマヤナギ(熊柳 つる性落葉低木 クロウメモドキ科)          
              花期7~8月  果期7~8月

 クマヤナギのつぼみを目にしたのでどんな花が咲くのか楽しみに花の季節を待ちました。時期が来て花を観察してみると直径3㍉ほどの虫眼鏡で見るような小ささでいささかがっかりしましたが、クロウメモドキ科の花は総じて小さいのを思いだして納得。
 
 熊の付く植物や生き物は熊笹や熊蜂のように強さや大きい事の例えに使われる場合が有りますが、クマヤナギの場合はどうでしょう。つるのように細く伸びる枝は他の樹木にゆるく巻きつく程度でもたれかかっているようにも見え、葉は平行脈で端正な形です。垂れ下がる枝が風に揺れる様子をヤナギに見たてたのかもしれませんが熊のイメージはありません。
 枝が熊でも切ることができないほど強いということでクマヤナギという説も有ります。力試しに枝を引っ張て見ようなんて物好きな熊もいるとは思えませんが、人も食べることの出来るこの実が熊の好物で、実を採るために引っ張られた枝が切れてない状態を見た人がクマヤナギと名づけたのかもしれませんね。
 しなやかで丈夫な枝は“かんじき”の材料に使われたり馬を御すムチにもなったそうです。

 実は翌年の花が咲く頃に熟してきます。黒く熟した実と花とを同時に見られることもあります。
(画像をクリックしてください拡大します。)
d0024426_8542781.jpg


d0024426_8544230.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-08-07 08:55 | 今月の樹木 | Comments(0)

 猛暑が続きます。山上は涼しいですよ?でもそう変わりませんね。暑さでダウンしないように早めの休憩と水分補給をこまめに!と頑張りました。

 参加者 16名

連絡事項
 私たちの活動を大まかに分け、必要とする材を考えてみました。
コナラ40本、雑木(ソヨゴ、ネジキ、ヒサカキ、リョウブなど)10本が必要と見込まれる。
 内訳は、薪の生産(900束)、シイタケのホダ木(100本)、遊歩道の階段などに杭&横木(里山観察小学生の里山体験学習等の為に)
問題点(コナラの萌芽が見込めない。通常クヌギよりコナラの方が萌芽率はいいはずですが、萌芽しないのはどのような原因があるのか?まず鹿の食害が考えられますから、高い位置で伐採をしているが効果がありません。この対策として昨年度からクヌギのドングリを植え育てています。また、鹿の食害によるものかどうか、ネットを200m四方に調査を考え助成金を請求しましたがボツとなりました。コナラをクヌギに置き換えてる作業となります。しかし、鹿対策はつきまといます。

活動報告
 今日は上記の事柄を踏まえて、秋の里山まつりや里山体験学習のための遊歩道の整備のために杭づくり100本、木工用の木片スライス3,000枚に目標に、薪の束ねなどなど小舎の近辺で実施しました。
カブトムシが羽化してました。早速餌を与えておきました。クラブの扶養家族が増えました。
d0024426_8281386.jpg

木陰で木片づくり(小学生の木工クラフト用に年間3,000枚見込まれるため普段から作って在庫を持つように)
d0024426_8284659.jpg

遊歩道の杭づくり(今までは、近くの雑木を倒して生木で作っていましたが、やはり乾燥させたものを使ったほうが長持ちがすると思い、薪として、しっかり乾燥させたコナラを使いました。
d0024426_829036.jpg

巨木を倒し谷に放置された物を諦めていましたが、今日は挑戦して引っ張り上げました。(引っ張りだこ(ウインチ)では力不足と諦めていた、今日は手動のチルホールで挑戦。)
d0024426_848863.jpg

この松は先のより大きいですが、動滑車を一つ噛ますことで上がりました。
d0024426_8482141.jpg

[PR]
by str1685 | 2012-08-01 16:09 | 活動報告 | Comments(0)