2011年8月21日 例会

 今日は朝から雨それも時折激しく降ります。今日の活動は?(中止)と思わせる天候ですが、何があってもこの活動日の為に予定を空けて心待ちにしていると云う事で、雨天決行になっています。
 
 参加者 11名

 課題が沢山あって、何から始める?状況ですがともかく今日のところは、天候の都合で已むを得ません。

 課題
 1)コナラ、マツの伐採分の運び出し(薪割りは40cmに丸太切りして、保管分は終了。ベンチつくり)
 2)ボロギクの引き抜き(エドヒガン植栽地にボロギクが群生しています。前回の残りと団栗小舎付近を排除しました。この件はいちようこれで完結とします。)
 3)9月13日(火)(予備日9月15日)川西市立清和台南小学校104名 自然観察&作品制作 の準備
 4)クヌギ植林地の下刈り(9月予定2ヵ所①「茶道文化支える森づくり計画」②「企業の森づくり事業」)
 5)10月6日(予備日10月7日)陽明小学校54名自然観察&作品制作 の準備
 6)黒川里山まつりの段取り
 7)キンラン、ギンランの見守り
 8)樹名板付け
 9)ベンチの作成
10)エドヒガン関係の臨時活動が入るかもしれません(現在秘密です。9月中旬には発表予定です。)

11月からはコナラの伐採が始まります。(例年どおり) よろしくお願いします。

 今日の実施内容
 ダンドボロギクがそろそろ花を咲かせかけています。すぐに実がなり綿帽子で一面に広がる前に処分が必要で、最優先で実施しました。(
 午後からはコナラの伐採し、規定の長さ(40cm)に玉切りしているのを薪割りし、保管するようにしました。
 キンラン、ギンラン調査。

ダンドボロギクです。人の背丈が判りますか?後ろの方に頭だけが少し見えています。こんなに大きくなっています。(画像をクリックしてください拡大します。)
d0024426_19483710.jpg

前回の残りを全部処分しました。エドヒガンの幼木もハッキリ確認できるようになりました。
d0024426_19485112.jpg


その他
ヤマボウシの実がだんだん赤みを増してきました。(この実は食べることが出来ますが、手が届かない?)
(画像は次回に掲載します。)
[PR]

by str1685 | 2011-08-21 20:33 | 活動報告 | Comments(0)

2011年8月13日 臨時(懇親会)

 酷暑、酷暑、酷暑いくら云っても言い足りません。雨は暫く降っていません。というわけで、納涼バーベキューしゃれ込みました。しかし、お盆の期間参加者が少ない模様です。

 参加者 15名

 5時からクッキングセンターでやり始めましたが、暫くすると日が落ち、だんだん薄暗くなり、ランタンに火が入ります。なかなかいいムードです。蚊などの虫刺されが心配でしたが、ぜんぜん大丈夫で、この点も良かったです。
 差し入れのお酒も沢山頂き、料理の方も肉が充分あり、皆さん大満足で終了しました。

 次回は日にちの設定を考慮して、多くの皆さんに参加していただきますように配慮します。

d0024426_13275956.jpg


d0024426_1328145.jpg

[PR]

by str1685 | 2011-08-14 13:29 | 活動報告 | Comments(0)

今月の樹木(2011年8月)

菅さん提供

リョウブ(令法 落葉小高木 リョウブ科)           
                      花期7~8月  果期10~11月

 10年近く前に森林組合の人と山に入った時に、「この辺りはサルスベリの木が多いですね」と声をかけたところ「それはリョウブです」と答えが返ってきて気恥ずかしい思いをしたことがあります。
 山の木に疎かった当時は幹の樹皮が剥がれたリョウブの様子から全く別種のサルスベリと思い込んでいたものでした。ところがリョウブをサルスベリと呼ぶ地方もあると最近になって知り、あながち間違いでもなかったと自分を慰めています。サルスベリ様のきれいな樹肌を活かして材を床柱に利用することもあるようです。
 この木を紹介した図鑑などには名前の由来を、救荒植物として利用されるようになった経緯から来ていると記されているものが多くあります。実際食べた人の話では香りは良いがあまり美味しくはないそうです。
 白い花はかなり目立ちますが小さな花の集まりです。その小さな花を良く見ると雄しべの先がカニのハサミのようにかわいく分かれているのが観察できます。

d0024426_8315152.jpg


d0024426_8164331.jpg

[PR]

by str1685 | 2011-08-14 08:09 | 今月の樹木 | Comments(0)

妙見山上の植生図(2011年8月)

 環境省では「第6回・第7回自然環境保全基礎調査 植生調査」が行われ、その調査結果について発表されました。

 では、私たちが活動している妙見山ではどのような植生図になっているか興味がわき下記のとおりコピーしました。

 この植生図から今後のあり方などを皆さんと決めていきたいと思います。皆さんのご意見をお聞かせください。

 今後の進め方
 樹木の登録(パソコンに皆で樹木&位置が登録できるソフトを探しています。)
 絶滅危惧種で森を手入れすることにより、現れた生物の調査(キンラン、ギンラン、シュンランなど)

「第6回・第7回自然環境保全基礎調査 植生調査」(下記の図にカーソルを置きクリックで拡大します。)
中央の赤色の星マーク()は「水広場」です。 
d0024426_15361394.jpg

[PR]

by str1685 | 2011-08-12 09:04 | お知らせ | Comments(0)

2011年8月3日 例会

暑い日が続きます。今日の参加者は?多くて20人までと思っていました。驚きです多くの皆さんに参加願いました。

 参加者 25名(会員22名、見学3名)

 今日は人博から3名迎えて、活動地の案内をしました。作業予定は炭窯跡&周辺の散策道の補修とキンラン&ギンランの保護&調査です。
 予定通り炭窯跡の修復と遊歩道の一部修復も済みましたが、今日は驚きがありました。エドヒガンを植樹した地区にベニバナボロギクとダンドボロギクが一面覆っています。このまま放置すると背丈ぐらいにすぐになりそうです。午後から急遽引き抜きに掛かりました。少し残りましたが、次回には片が付きそうです。

炭窯も化粧直し完了です。遊歩道も出来立派な進入路です。
最後に土を盛り叩きました。
d0024426_7471558.jpg

炭窯跡の前の遊歩道も修復完了です。左側が崩れていました。
d0024426_752692.jpg

補修ご苦労様でした。出来上がったところで記念撮影です。
d0024426_7581552.jpg

キンラン、ギンラン確認調査。今年は多く出ていましたが、調査をしていませんでした。遅ればせながら、毎年個数をカウントしたいと思います。
兵庫県版絶滅危惧種c ランクになっていますが選定理由が観賞用など採取となっています。このランは「菌根菌」 と呼ばれる菌類と共生する特殊な生育形態にあり、林下等の特殊な土壌にのみ生息します。
 よって、この花を採取して移植しても家庭で育てる事は不可能です。しかし採取されるということは、エビネ類と混同されて採取されるようです。
なお、今回の調査で6株確認しました。もっとあったと思います・・・。消失?盗掘?この点もハッキリさせるために番号を振り調査します。
d0024426_1994551.jpg


ボロギクが一面覆っています。この秋実が成るまでに処分しないと。タイムリミット8月中かな?
d0024426_19192920.jpg


次回からの予定(括弧の表示は予定リーダー)
1)ボロギクの引き抜き(8月) (中井)
2)薪の生産&販売  (中橋)
3)キンランギンランの保護 (秋月)
4)樹名板付け (菅)
5)小学生の里山体験学習(9月13日、予備日9月15日)、(10月6日、予備日7日)
6)ベンチの作成 (藤村)
7)里山観察(10月9日(日))
8)里山まつり準備(10月30日(日))
9)企業の森&大土山の下刈(9月)
10)コナラの伐採(11月)

おまけ
"風鈴ケーブル"運行運行中です。(発車と同時に窓から風が入り、巧く鳴ります。)
d0024426_19531186.jpg

[PR]

by str1685 | 2011-08-03 21:27 | 活動報告 | Comments(0)