ブログトップ

シラネアオイ

 Japan Hotspotで象徴種(フラッグシップ・スピーシーズ)にシラネアオイがあってびっくり。
実は現役時代北海道に出張した折り、シラネアオイを売っているのを偶然見つけすぐに買い求めました。私の住んでいるところでは、まさか育つとは思っていなかったですが、これが毎年花を咲かせます。
(買ったのは14年ほど前だと思います。)
 しかし、なかなか株は増えません。買った時のまま2株です。また、昨年家の建て替えで、庭は整理されて植物はおおかたなくなりました。シラネアオイは鉢に取りましたが?はたしてこの春に花を咲かせますか疑問です。

 2009年4月に取った画像がありますのでご覧ください。(画像はクリックで拡大します。)
シラネアオイつぼみ
d0024426_20252645.jpg

シラネアオイ開花
この花は、日本人好み?すっきりと一重で淡い色(どぎつい赤や黄色でない)好きです。この花淡い青紫色のびらは、アジサイと同じく萼です。
d0024426_20255398.jpg

1属1科1種の日本固有の植物です。本州中北部の日本海側~北海道にかけての東北地方の雪深い山野の林の下などに自生しています。
開花時期は5~6月頃で淡い青紫色の花を咲かせます。花の色は色幅があり、白に近い色の花を咲かせるときもあります。
どちらかというと冷涼な気候を好みますので平地での栽培は難しい植物です。
因みに我が家では、4月10日過ぎに咲いていました。1ヶ月早咲き?です。
[PR]
by str1685 | 2011-01-28 20:05 | その他 | Comments(0)

エドヒガン植樹

県の絶滅危惧種『エドヒガン』の植樹について参加者の募集を『広報かわにし』2月号(19頁)に掲載しました。

下段の切り抜きをクリックしてください。
d0024426_13204429.jpg

このエドヒガンの植樹に関して、『瀬戸内オリーブ基金』の助成事業を受けています。
[PR]
by str1685 | 2011-01-28 12:16 | お知らせ | Comments(0)

生物多様性HOTSPOT

 2010年に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)において

 地球上には自然豊かな地域にありながら、今まさに消えようとしている命があります。このかけがえのない命が息づいている場所。地球上の34ヶ所の『HOTSPOT』(ホットスポット)が指定されました。

1. アトランティック・フォレスト
2. カルフォルニア植物相地域
3. ケープ植物相地域
4. カリブ海諸島
5. コーカサス
6. セラード
7. ヴァルディヴィア森林(チリ冬季降雨地帯)   
8. 東アフリカ沿岸林
9. 東メラネシア諸島>
10. 東アフリカ山岳地帯
11. 西アフリカ・ギニア森林   
12. ヒマラヤ
13. アフリカの角
14. インドビルマ(インドシナ半島)
15 イラン・アナトリア高原
16. ジャパン
17. マダガスカルおよびインド洋諸島
18. マドレア高木森林
19. マピュタランド・ポンドランド・オーバニー(アフリカ南東部沿岸)
20. 地中海沿岸
21. 中央アメリカ
22. 中央アジア山岳地帯
23. 中国南西山岳地帯
24. ニューカレドニア
25. ニュージーランド
26. フィリピン
27. ポリネシア・ミクロネシア
28. オーストリア南西部
29. カルー多肉植物地域
30. スンダランド
31. 熱帯アンデス
32. トゥンベス・チョコ・マグダレナ
33. ウォーレシア
34. インド西ガーツおよびスリランカ

 日本もこのHOTSPOTに入っています。
 それでは、どのような生き物が危機に瀕しているのと気になります。
 その種の保全が自然環境の保全をアピールすることにつながる種。『象徴種またはフラッグシップ・スピーシーズ』と呼びます。ジャパン・ホットスポットの象徴種は下記の赤い文字をクリックして下さい。

象徴種(フラッグシップ・スピーシーズ)
http://www.japanhotspot.net/find/flagshipspecies.html

また、NHKの『ホットスポット 最後の楽園 』放送予定を記載しました。
「福山雅治 最後の楽園をゆく~メイキング オブ ホットスポット~」(仮)と題して、ホットスポットのメイキング版を以下の日時で放送いたします。是非、ご覧ください。
 NHKは3年の歳月をかけ、絶滅のおそれのある珍しい生物が集中している"ホットスポット"6か所を取り上げ、最後の楽園で繰り広げられる大自然のドラマと進化の不思議、尊い生命のきらめきを描き出す。最先端の特撮技術を駆使してとら えた、見たこともないような神秘的な光景。世にも不思議な動物たちの驚きの映像の数々。

第1回「マダガスカル 太古の生命が宿る島」
2011年1月30日(日) 午後9時00分~9時58分 総合
第2回「ブラジル・セラード 光る大地の謎」
2011年2月6日(日) 午後9時00分~9時58分 総合
第3回「ニュージーランド ~隔絶が作った珍鳥たちの島~」
2011年3月予定
第4回「オーストラリア ~不毛の大地が守る珍獣たちの大陸~」
2011年4月予定
第5回「アフリカ古代湖 ~競争が生んだ怪魚の湖~」
2011年5月予定
第6回「日本 ~暖流が育てた奇跡の森~」
2011年6月予定
※福山さんは、ブラジル、マダガスカルほかを訪問予定。
すべての回のナレーションを担当。
旅人としては、プロローグ、第1回、第2回、第6回に出演予定。
[PR]
by str1685 | 2011-01-26 21:57 | その他 | Comments(0)

(財)ひょうご環境創造協会 環境創造課より第5回生物多様性連携講座(生物多様性を考えるNGO・NPO、市民のHyogo対話)の案内がありました。

詳しくは「第5回生物多様性連携講座」(←をクリック)をしてください。(リンクしています。)
[PR]
by str1685 | 2011-01-18 21:31 | お知らせ | Comments(0)

菅さん提供

ヤブコウジ(藪柑子 常緑小低木 ヤブコウジ科)           
                      花期7~8月  果期10~1月

 木立の間を落ち葉を踏みしめて歩いていると、足元の緑の中に赤い実を覗かせているヤブコウジを目にすることがあります。木の丈は10cmくらいからせいぜい20cmほどしかありませんが、落ち葉の中では緑と赤のコントラストが目を引きます。
 夏に咲く5~8mmの白い花は他の多くの草木の緑に埋もれて目にすることは困難です。果実も5~6mmほどしかありませんが、径が2~3mmほどの木にとっては巨大な果実を付けていることになります。そのせいか果実を2個以上付けた木を目にすることはほとんどありません。
 少ない果実では子孫繁栄は心もとないと思ったかどうかは別にして、ヤブコウジは地下茎で繁殖する術を心得ているようで、我家の庭先でも思わぬ所から芽を出しているところに遭遇することもあります。
 ヤブコウジは別名十両とも言われ、千両や万両と並んで正月の飾りものとして使われることもあるようです。
d0024426_2125676.jpg

[PR]
by str1685 | 2011-01-10 20:56 | 今月の樹木 | Comments(0)

2011年01月09日例会

 今日3連休の中日&恵比寿さんの初日と重なり参加者は?と気を回していました。(早々から計画が立て込んでおり、これからの運営が気になっています。)しかし、みんな判って頂いているのか、多くの参加を頂きました。

参加者 23名

今日の作業
 前回の作業(エドヒガン植樹の為のネザサ刈り、コナラの引上げ)にプラス能勢電の方から依頼で、枯れ松の処理があります。また、藤村さんが物置の3台目を作っていただきました。

 エドヒガンの植樹は場所の確保(ネザサの刈り取り作業が大変です。)が難しく植樹の本数を減らすことにしました。コナラの引く上げも予定が遅れています。皆さんの格別のご協力をお願いします。また今日は能勢電からの枯れ松の撤去の協力要請も受けており大変な1日となりました。

ネザサの刈り込みがどの程度進んでいるのか比較の写真を見てください。
この写真は1月5日です。葉を落とした低木が2本あります。これを基準に下の1月9日の分を確認して下さい。
d0024426_2022476.jpg

相当進んでいます。これが上下に全体に進んでいることになります。
d0024426_19533281.jpg

判りづらいかな?と思い上に駆け上り全体を撮りました。
d0024426_19534699.jpg

コナラの引上げ作業です。切り倒しているのは100m程度下の谷から「引っ張りだこ」を使って上げています。機械で引上げるだけと思われますが、現実はそう簡単に行きません。
d0024426_2017593.jpg

[PR]
by str1685 | 2011-01-09 22:36 | 活動報告 | Comments(0)

川西市民環境会議が開催されます!

下記のとおり開催されます。
  是非この機会に「生物多様性」について考えましょう。


とき   平成23年2月19日(土) 13時から17時 d0024426_11595469.gif

ところ  川西市役所7階大会議室

内容
(1)生物多様性関連映画 「地球生きもの いのちのつながり」 
(2)講演 テーマ「生物多様性ってなぁに?」
講師 岩槻邦男さん(兵庫県立人と自然の博物館館長)
(3)市民活動の取り組み報告
報告者 渓のサクラを守る会・菊炭友の会・川西自然教室・ シニア自然大学校ビオトープ科

(4)環境関連映画  「オーシャンズ」

入場無料  定員150名
   座席の都合上、先着順とさせていただきます。
  会場には、できるだけ、電車、バス等をご利用ください。

(問い合わせ)================
市民生活部 市民環境室 環境創造課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1202 ファクス:072-740-1336 
  
[PR]
by str1685 | 2011-01-08 12:02 | お知らせ | Comments(0)

2011年1月5日(水)

今年最初の活動日です。

今年はどんな展開が待っているでしょうか?楽しみです。
(今年はCOP10でいよいよ具体的に動き出し変化の年となるのかな・・・。「国連生物多様性の10年」のスタートにあたり、今後取り組みについていろいろな論議が交わされると思われます。)

当面の課題(1月~3月)
1)エドヒガン植樹の為の下刈り
2)コナラの引上げと植菌

参加者 17名

今日の作業
今年の最初の作業は、エドヒガンを植樹するための場所を整備&昨年伐採したコナラの引上げ。

 エドヒガンの植栽予定地はネザサガ蔓延りこの刈り取り作業が大変です。コナラも倒してる位置が谷底で引上げ作業がこちらも大変。

大変だーと言っても解決しませんが、見てくださいコナラの倒した位置が100mほど下になります。引上げるのに引っ張りだこで、途中で中継点が必要と判断されます。
今日は、中間点まで引上げ完了との事です。この分ですと予定通り済みそうです。
d0024426_21585745.jpg

ネザサが背丈をはるかに越します。(2段刈りをしています。最初に上の方を払い次に下を払っています。面倒と思いますが、こうしないと刈り取りが出来ません)
さすがにてこずっていますが、作業が大分進みました。こちらも何とかなりそう?です。光が見えてきた。
d0024426_11293947.jpg

[PR]
by str1685 | 2011-01-05 08:34 | 活動報告 | Comments(0)

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

d0024426_11401696.jpg

活動日が冬季期間変更されています。
冬季期間ケーブルが運休します。しかし、一部運行される時がありますので、その運行に一部あわせて活動日を下記のとおり変更しています。
4月からは通常通り、第一水曜日と第三日曜日となります。
平成23年
1月 5日(水)定例活動 ケーブル運行(桜谷下刈、コナラ引上げ、玉切)
    9日(日)定例活動 ケーブル運行(桜谷下刈、コナラ引上げ、玉切)
2月 2日(水)定例活動 ケーブル運休(桜谷下刈、エドヒガン植栽)
   11日(祝)定例活動 ケーブル運行(桜谷下刈、エドヒガン植栽)
3月 2日(水)定例活動 ケーブル運休(植菌作業 115号形成菌を予定)
20日(日)定例活動 ケーブル運行(エドヒガン植栽、植菌作業のイベント)
   21日(祝)臨時活動 ケーブル運行(ホダ木の整理)

3月20日(日)の例会は、一般募集(市民参加)でエドヒガンの植樹&シイタケの菌打ち作業を予定しています。
[PR]
by str1685 | 2011-01-02 11:59 | お知らせ | Comments(0)