ブログトップ

「大土山クヌギ苗植栽地」の草刈り作業 
 「茶道文化支える森づくり計画」に賛同し、今年3月14日にクヌギの植栽・4月18日鹿よけネット張り・7月10日下刈りを実施してきました。今回は2回目の下刈りです。

 お彼岸も過ぎ大変しのぎ易く快適なシーズンに入ってきました。と言っても日中は作業をすると汗が止まりません。

参加数 10名

 作業終了後3名(中橋、小寺と私)で団栗小舎にあがり、8日の小学校里山環境学習の散策道&木工クラフトの作業場所(クッキングセンター)の確保や材料の確認をしてきました。
 その折、新たにベンチを持ってあがりましたので、見てください。

 前回作業から2ヵ月半でこんなにも草(雑木など)が育つか?クヌギは埋もれています。
(以下の画像は中橋・加藤さんに提供して頂きました。私のデジカメ只今迷子です。)
d0024426_9421588.jpg

d0024426_9563120.jpg

d0024426_9423619.jpg

作業が始まりました。
裸地にいち早く進出し生育する《先駆(パイオニア)植物》の存在が確認できます。カラスザンショウの棘には往生しました。
d0024426_103505.jpg

d0024426_1063127.jpg

8時ごろ開始から11時過ぎに作業を終えました。クヌギの確認が出来るようになっています。
d0024426_1082361.jpg


帰りに猪が罠に掛かっているのを見ました。前日に掛かったそうです。
立ち上がって突進してくると凄い迫力です。野生の力を見せ付けられました。
d0024426_17165033.jpg

どこか懐かしい風景
架干にヒガン花です。(こんな風景なくなりましたね)
d0024426_1447364.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-09-29 21:49 | 活動報告 | Comments(0)

 兵庫県豊かな森づくり課から「ツキノワグマの出没と注意喚起について」連絡がありました。

(兵庫県HPで下記のとおり掲載されています。)
 森林動物研究センターが兵庫県下の堅果類(ドングリ類)豊凶調査を行ったところ、今秋、山のドングリ類は凶作であることが判明しました。(資料1参照)

 本年は既にクマが餌を求めて人里へ大量に出没しており、多数の目撃情報が寄せられていますが、山の実りが凶作の年は9月以降にクマの出没が増加する傾向があるため、今後冬眠に至る12月まではさらにクマと遭遇する危険が高くなります。

 ハイキングや登山、キノコ採集などでクマの生息地域に出かける時はもちろん、集落周辺においてもクマの被害にあわないように十分な注意をお願いします。

関連資料
(下記の文字にカーソルを合わせてクリックして下さい。リンクしています。)
資料 ( Wordファイル / 40.0KB )
資料1(豊凶調査結果) ( PDFファイル / 676KB )
資料2(クマ目撃状況) ( Excelファイル / 27.5KB )
資料3(パンフレット) ( PDFファイル / 789KB )
[PR]
by str1685 | 2010-09-22 21:18 | お知らせ | Comments(0)

菅さん提供

ナツハゼ (夏櫨 落葉低木 ツツジ科)           
                               花期 5月~6月
 家庭果樹で人気のブルーベリーの原産地は海外ですが、日本のブルーベリーと言われている中の一つにナツハゼがあります。
 ハゼと名前がついているのは、秋に真っ先に紅葉するハゼよりも一足早く、夏ころから紅葉することからそう呼ばれているようです。ウルシ科のハゼのように人体に害を及ぼすことは無く、それどころか、秋に熟すこの実は体に良いと言われているブルーベリーよりも効能が有るとも言われています。
 生食では酸味の有る実も、ジャムや果実酒にすると美味しく、自然の恵みに思わず感謝したくなります。
 花は釣鐘状で小さく目立ちませんが、先端がそり返り、おとぎ話しに出て来そうな愛くるしい花です。花色は生育環境等により淡緑色から鮮紅色まで変異があります。

ナツハゼの紅葉
d0024426_12494786.jpg

ナツハゼの花
d0024426_1250733.jpg

ナツハゼの実
d0024426_12502490.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-09-20 12:45 | 今月の樹木 | Comments(0)

 日中はまだまだ暑いですが、朝夕は秋の気配を感じます。夕方になると虫たちが鳴き始め秋の夜長を鳴き通します。
 秋は例会以外にイベントが盛り沢山で、日程表を配布し是非ご参加いただきますようご案内しました。

参加数 22名

今日の作業 
 水琴窟周辺の下刈り
  この場所は小高い丘になっており大阪湾に浮かぶ船が見通せる見晴らしのいい場所で、整備しベンチも新しいものと入れ替えると良いと思います。

 自然環境学習(小学生の体験事業の準備)
  木工クラフトをするための輪切りを作成。

 里山観察道路の樹木に名札をかける
  11月23日の里山観察会の準備を進めています。

 ホダ木の水遣り
  天気が続いているので、乾燥気味ですから水をやりました。(出来れば水に2日ほど漬けたいのですが)

 薪割り
  薪の生産(薪を一部販売していますので、その生産も欠かせません。今日はその納品で活動終了後届けました。)

 
 物置を2台作成
  どんぐり小屋では、藤村さんに頑張って頂き、物置を2台作成したいただきました。

 新古備品購入(下記のとおり購入し購入しましたので当日お持ちでない方は利用ください)
  携帯用砥石  3
  剪定ばさみ  5
  竹引き鋸   1
  厚鎌     11
鋸(木挽)  20
  海老鉈    10 

里山観察会のルート沿いに樹木名板をかけています。
樹木名は「カナクギノキ」かな?
d0024426_1237528.jpg


 
[PR]
by str1685 | 2010-09-19 19:56 | 活動報告 | Comments(0)

「茶道文化支える森づくり計画」に賛同し、今年3月14日にクヌギの植栽・4月18日鹿よけネット張り・7月10日下刈りを実施してきました。
 今回は2回目の下刈りです。是非ご協力をお願いいたします。
 
 参加については事務局小寺まで連絡頂きますようお願いいたします。

            記

1.日  時 平成22年9月29日(水) 午前8時~ (半日程度) 少雨決行
2.場  所 川西市黒川字大土山(共有林・大土山)
3.集合場所 現地
その他
 ・道路崩落で国道477からは行けませんので、公民館からの地域道路でお越しください。
 ・作業に必要な工具をご持参下さい。

                                以上
[PR]
by str1685 | 2010-09-14 07:35 | お知らせ | Comments(0)

 南イタリアの伝統を踏襲した本格派のイタリアンレストラン『リストランテ トリトン』でオーナーの須藤光正氏にお願いして、薪窯で焼き上げるこうばしいナポリ風ピッツァなど、イタリアンをとことん追求したメニューで懇親会&見学を楽しみました。
 予想を上回る参加者で大いに盛り上がり楽しい一時を過ごしました。

参加者 29名

(画像は中橋さんから提供していただきました。画像をクリックしてください拡大します。)

暮れなずむトリトンエントランス
d0024426_744364.jpg

和やかに懇親会が始まりました。(ほかに沢山の画像がありますが、顔がはっきり映っているので掲載を遠慮しました。)
d0024426_7445711.jpg

d0024426_88170.jpg
薪で焼くピザです。窯全体が熱を蓄え置き火で焼かれます。
d0024426_7454120.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-09-13 10:17 | 活動報告 | Comments(0)

開催予定日

9月~11月は臨時作業が多くありますので整理して掲載しました。
臨時作業は事務局小寺さんまで出欠を連絡ください。

9月
  1日(水)   例会
 12日(日)   懇親会(トリトンで薪を使ってパンやピザを焼く見学)
 19日(日)   例会

10月
  6日(水)   例会
  8日(金)   里山体験学習(清和台南小学校 104名)
 15日(金)   上記雨天時の予備日
 17日(日)   例会
 31日(日)   黒川里山祭り

11月
  3日(水・祝) 例会
  9日(火)   幼稚園ウィーク(牧の台幼稚園 2クラス 51名)
 11日(木)   里山体験学習(明峰小学校 5クラス 157名
 19日(金)   上記雨天時の予備日
 21日(日)   例会(コナラの間伐)
 23日(火・祝) 里山観察会(講師に人博から橋本佳延先生依頼)

12月以降はケーブルの運休もありますので別途連絡します。
[PR]
by str1685 | 2010-09-11 10:07 | お知らせ | Comments(0)

兵庫県豊かな森づくり課より下記案内の連絡がありました。

2010年代のための里山シンポジウム ‐どこまで理解できたか、どう向き合っていくか‐

里山に関する学際的な議論、情報の交換を深めることを目的として、標記シンポジウムが開催されます。

主催:森林総合研究所関西支所・大阪市立自然史博物館・総合地球環境学研究所「日本列島における人間-自然相互関係の歴史的・文化的検討」プロジェクト

•期日:平成22年10月30日(土) 10:00 ~ 31日(日) 16:40
 10月30日(土)10:00~17:00 第1部:里山とは何か?
 10月31日(日) 9:30~16:40 第2部:里山をどうするか?
•会場:大阪市立自然史博物館
•住所:大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
•主催:独立行政法人森林総合研究所関西支所/ 大阪市立自然史博物館/ 大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所「日本列島における人間-自然相互関係の歴史的・文化的検討」プロジェクト

詳しくは下記URLをご覧下さい。
http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/sympo_20101030-31.html
[PR]
by str1685 | 2010-09-05 08:54 | お知らせ | Comments(0)

 長らくBlogを休みましたが、再開します。しばらくはエンジンがかからないと思いますがよろしくお願いいたします。
 今年の夏は猛暑が続き盆を過ぎてもこの暑さは、治まる気配を感じません。しかし今日は多くの参加がありました。いよいよ本格的に活動が始まる気配かな?

参加数 25名

 今日の作業 
 水琴窟周辺の下刈り

 ホダ木の水遣り
  好天が続きホダ木が乾燥気味?

 自然環境学習(小学生の体験事業)
  木工クラフトをするための準備用材を作成。

 コナラの枯死調査
  「ナラ枯れ」を見かけたら関係機関に連絡をすることになっています。連絡の結果、担当部署から専門官に調査をして頂きました。前回の調査では「カシノナガキクイムシ」でなく枯れたコナラによくいる虫のようででしたが、今回の調査で「カシノナガキクイムシ」を発見しました。
 今までは県北部でとまっていましたが、今年は高槻に出たと新聞報道で知りましたが、ここにもきかた!の感じです。
 現在確認木は3本ですが、山の中にどれだけ存在するか調査が必要で

状況
緑の葉っぱが急に赤くなります。この季節に?
d0024426_120043.jpg

樹木の根元はフラス(木屑)がたまっています。
d0024426_1214992.jpg

木の中から「カシノナガキクイムシ」を取り出して確認しました。
d0024426_1231131.jpg


兵庫県農政環境部豊かな森づくり課森林保全室からの「ナラ枯れ」チラシ
d0024426_1002929.jpg

d0024426_1005382.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-09-03 13:41 | 活動報告 | Comments(0)

2010年6月~8月 一括報告

 6月~8月の間色々事情があり報告が滞りましたが、今月9月より再開します。その間の報告を簡単に取り纏め掲載します。

 6月 2日(例会)参加者21名
    車庫が大雨強風のため、破壊したので基礎から作り直しました。
    薪材の保管用ブルーシートを整理しなおし。
    新規ホダ木置き場所に寒冷紗をかけた。
    川西北小(6月4日)の木工材料作り。

 6月 4日(例会) 〃 22名
    川西北小(4年生82名)里山体験学習を黒川公民館で実施。
    会員の奥さん2名応援参加。

 6月 6日(例会) 〃 10名
    能勢電鉄と共催で、第2回目のエドヒガンザクラの種を実施。
    一般参加者28名。
    今年は3,4月に寒さが続いたため、さくらんぼうが思うように
    採集できなかった。

 6月20日(例会) 〃 17名
    定例活動

 6月24日(例会) 〃 17名
    清和台小(4年65名)里山体験学習を黒川公民館で実施。

 7月 7日(例会) 〃 20名(以下の実施内容順次書き込みます)
 7月10日(例会) 〃  7名
 7月18日(例会) 〃 22名
 8月 4日(例会) 〃 19名
 
[PR]
by str1685 | 2010-09-01 20:39 | 活動報告 | Comments(0)