ブログトップ

 先の活動では思わぬ雪にびっくりしましたが、今日は天気は持ちそうです。(夕方は崩れそうですから早めに切り上げないと)

 森西さんの紹介で「散策の会(歴史の舞台を実見する)」の方たち19名が台場クヌギ・エドヒガンの小径を散策し当クラブの設備機器を見学しました。

 参加者 2名
 見学者19名

 
 水広場からクヌギの小径へ
d0024426_137196.jpg

 このあたりはコナラがほとんどです。伐採したソヨゴが萌芽して伸びてきています。
d0024426_14174186.jpg

d0024426_14215584.jpg

炭窯跡で説明しています。
d0024426_14232185.jpg

この谷で一番大きなエドヒガン(ご神木)の前で記念撮影。
d0024426_14255813.jpg


 この後団栗小舎で昼食をとり歓談の後いろいろ(薪割り機、引っ張りだこ、クローラー等々動かしてみました)
 一行は14時ごろ下山し、森西さんの案内で、黒川の周辺を散策してお帰りになりました。
[PR]
by str1685 | 2010-03-29 12:53 | 活動報告 | Comments(0)

 雨の日が続きます。今日も朝から降っていますが、樹齢調査の予定になっており予定通り実施しました。平地では雨ですが山に上がると3月も終わりに近いのに雪です。この分ですと桜と雪が同時に見えるかな?

参加者 10名 他に(人博2名、能勢電2名)

今日の作業
 今日は樹木の年輪を見て樹齢を調査します。樹木を切らずに年輪幅や年輪数を調べる機材が成長錘です。パイプの先がドリルのようになっている物を差し込んでいきます。中央が空洞になっているため、ねじ込んだ時にその空洞に入ってきた部分(コア)それを抜き取り調査するという仕組みです。

成長錘の先はドリルのようにネジが切っています。先端のドリル部が入ってしまうと簡単に入っていきます。

最初の調査は水禽窟の横のブナです。(山頂にはブナの群生がありますが、ここまで種子が飛んできたのか?1本生息しています。)
d0024426_12124685.jpg
 
コアを抜き取りました。
d0024426_12215353.jpg

2本目は団栗小舎周辺のコナラ(平均的な太さのものをしました)
成長錘を差込中のコアを抜きととっています。
d0024426_1228675.jpg

コナラのコアです。
d0024426_12314289.jpg

3本目はお目当てのエドヒガンです。(管理番号I32)
d0024426_12342246.jpg

エドヒガンのコアです。
d0024426_12391087.jpg


 ここで問題が出てきます。芯を抜くことで成長錘を抜いた後に穴が開いてしまいます。ここから腐敗菌等が入る可能性があります。
 抜き取った後の状態ですが、ちょっとかわいそうな感じです。入り口は数年で樹皮が盛り上がり無くなってしまいます。
 そこで殺菌剤「トップジンM」を注入し、外は木工ボンドで蓋をしました。しかし、今日は雨(雪)ですので解けて流れるかもしれません。後日確実に固まっているか確認が必要です。

ペースト状の殺菌剤を注入しています。
d0024426_14562032.jpg

 
年輪の測定は後日に掲載します。

おまけ(このエドヒガンの付近に実生の発芽を見ました。こう寒くても春に向けて芽を出してきています。)
d0024426_14385986.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-03-26 11:55 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供

ダンコウバイ(落葉低木 クスノキ科 クロモジ属) 花期3月の半ば頃ごろから4月かけて

 桜の季節にはまだ早い3月の半ば頃、周りの木々がまだ冬芽でほとんど芽吹いていない木々の中で、ひときわ明るく黄色の花を枝いっぱいに咲かせるのがダンコウバイです。
 一つひとつの花は小さくて見応えのする花ではありませんが、寄り集まって咲く姿は花の少ないこの時期には印象的です。
 葉に特徴が有り、クスノキ科で良く見られる3本のめだつ脈と(三行脈)、葉の先が先割れスプーンのような形になった葉を一目見れば他の木と間違うことはまず有りません。
 もう一つのクスノキ科の特徴としてダンコウバイも、枝を折ると肉桂(ニッケイ、ニッキ) の香りがするようです。秋には他の木々よりも一足早く黄葉するのが見られます。

(クリックして下さい拡大します)
d0024426_17393652.jpg

(実は秋に熟します)
d0024426_17413017.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-03-22 17:28 | 今月の樹木 | Comments(0)

 昨日からケーブルの運転が再開しました。いよいよ春のシーズンが始まります。今年の4月は妙見ケーブル運転再開50周年にあたり能勢電ではいろいろなイベントが企画されています。

参加者 20名

今日の作業
☆「エドヒガンの小径」遊歩道整備
☆シイタケ植菌
☆薪割り作業
☆リュック&ヘルメットなどの置場(棚)作り

連絡事項 
 4月10日(日)花見(エドヒガン)を予定しています。日程調整をして是非ご参加頂けますようお願いいたします。(参加者は小寺さんまで連絡下さい。)
 3月25日(木)エドヒガン樹齢調査(人博より)13:30黒川駅

4月10日(日)能勢電ハイキングで「エドヒガンの小径」も散策しますので、能勢電の方たちと一緒に散策道を整備した。 
d0024426_917440.jpg

エドヒガン4号に寄生植物?(ヤドリギとは違います)がいつの間にか生えています。(高さ約6m)その先の枝葉枯れている模様です。(排除が必要です)
d0024426_9204514.jpg

階段も整備出来エドヒガン4号を眺める広場(新たに設置)に上げれます。
d0024426_9251891.jpg

シイタケも収穫。
d0024426_92862.jpg

お昼にシイタケは焼くのと味噌汁に&しっかりとお土産も確保。
d0024426_9283674.jpg

植菌の余りのコナラは薪にしています。今年も薪の確保は十分出来る予定です。
d0024426_9304450.jpg

これは桜ではありません梅です。桜はつぼみがほんのり色づき始めました。開花も間じかです。
他にキブシやニワトコがつぼみに色を付けています。
d0024426_9323614.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-03-22 07:43 | 活動報告 | Comments(0)

 今日は黒川の里山にクヌギを植栽するイベント『茶道文化を支える森づくり』に参加しました。好天に恵まれ沢山のボランティア団体の参加もあり、600アールに2000本のクヌギを植えました。

参加者 19名

 黒川の里山はクヌギを焼いて菊炭を生産する作業が今も細々と続いています。そのおかげで日本一の里山と評価されていますが、後継者の不足など現状は厳しいものがあります。
 伝統的な里山の景観の保存や生物多様性を育む台場クヌギ林は放置され荒廃が危惧されています。そのために今回のイベントにつながったと思います。
 この作業により、黒川の里山を何とか守ろうという機運が盛り上がったことは評価されると判断します。これを切っ掛けに日本一の里山として益々実力をつけて、名実とも日本一になって欲しいと思います。

川西里山クラブをはじめ多くボランティア団体の参加(約100名)がありました。
d0024426_1439153.jpg

開会式の中で牧の台緑の少年団により、『茶道文化を支える森』の除幕式です。
d0024426_14433847.jpg

植樹が始まりました。この1本1本が大きくなって、大きな森になるように願って植えています。
d0024426_759267.jpg

今日は牧の台緑の少年団のお手伝い付です。
d0024426_12275245.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-03-14 18:16 | 活動報告 | Comments(0)

3日は鬱陶しい天気でした。さすがに参加は少なく、9名でした。

参加者 9名

今日の作業
 しいたけ菌の植菌作業と、発電機等大型機器の点検で一日掛かりました。しいたけ菌は3,000個打ち終りました。残1,500個ほどです。次回活動日に処理します。
このところの暖かさで、シイタケがかなり大きくなってきております。次回は皆さん是非ご参加下さい。(薪で焼いて食べましょう!)
植菌作業
d0024426_853718.jpg

シイタケが出てきました。
d0024426_8534947.jpg

[PR]
by str1685 | 2010-03-08 17:56 | 活動報告 | Comments(0)