ブログトップ

’08年10月26日

里山観察会(人と自然の博物館との連携講座)
 天気予報は午前中雨午後曇りの最悪の天気です。しかし、6時ごろに雨が上がりこの調子ですと回復傾向にあるので、何とか降らずに済むかな?と思い決行。
 10時の集合場所では、やはり降り出しました。雨の中決行です。

 参加人数 28名(一般参加9名、その他18名、講師1名)

散策コースは下記のA~Fまで順次回ります。
A(集合場所、水広場)
B(台場仕立てクヌギ、コナラ地区)
C(施行地A地区、台場クヌギ、炭窯跡、放置林と施行地の比較場所など)
D(桜の群生、カスミザクラ、ヤマザクラ、エドヒガンなど)
E(クラブ小屋=団栗小舎、水琴窟)
F(ブナ林)
d0024426_812965.jpg

昔の里山管理?と言うか利用と言ったほうが良いかな。クヌギ(コナラ)を皆伐した地区です。(みどりの公社が施工)
昔は7~10年周期で台場仕立てで皆伐し、炭を焼いていました。その復元地区です。
d0024426_1043094.jpg

台場クヌギの説明(なぜこのような高い位置で伐採し、萌芽させたか?いろいろな説があり、どれも納得できる説です。①鹿の食害から守る②伐採後の下草刈などの管理を考えて③斜面の下側からだと高い位置になるが、上から切るとちょうど良い位置になる。などなどどれも正しいと思われます。)
d0024426_11123486.jpg

炭窯跡(炭窯は山の中で倒したクヌギをその場で炭にして、山から下ろした。)
d0024426_1113506.jpg

里山の整備地区と放置された場所を比較してみてもらっています。
d0024426_11162820.jpg

エドヒガン(桜の群生地でエドヒガンの説明。樹皮の違いで見分ける。)
d0024426_1118316.jpg

ところどころで足を止めて、樹木の説明。
d0024426_11203122.jpg

ブナ林(近くには六甲山にも1000本程度の群生地があるが、これでも小規模でここはそこよりも小規模(幹周り2m以上の樹が100本も程度)ありになります。また幾多の関係で世代交代がされず、またアカガシの繁殖が広がりつつあり、だんだんと衰退しています。ブナは関西地区ですと標高800m以上でないと育たないそうですが、ここは660mで育っています。)
d0024426_11204942.jpg

[PR]
by str1685 | 2008-10-27 08:33 | 活動報告 | Comments(0)

 久しぶりの快晴に恵まれ秋の爽やかな風もあり心地よい気分で1日を終えました。

 参加人数 16名

 今月26日(日)に「里山観察会」を予定しており、散策コースの整備(一般参加者のため滑りやすい箇所や遊歩道のいたんだ

散策道のつなぎ部分をロープと足元整備
d0024426_861128.jpg

チップロードもいたんだ所を補修
d0024426_863448.jpg

エドヒガンの巨木(右端の樹木)周辺を整備
d0024426_8143788.jpg


サルナシの実を始めて食べました。(菅さんが持参されました)
ほとんどの木の実はすっぱいですが、サルナシは甘みがあります。美味しかった。

今月の樹木(菅さん) ミカエリソウ(見返草)  シソ科
 草と名が付いてはいますが、シソ科では唯一の木本。名の由来は花の美しさに思わず振り帰って見るところから来たそうです。木漏れ日の差す、ちょっと薄暗い山道を歩いていて、このような花に出会ったら思わず振り帰る...というのもうなづけるようなところに咲いているのがこの花です。
 花のアップを見てもにわかにはシソ科とは思えませんが、葉の形がシソの葉に似ているといえば似ています。とは言っても、花の時期に葉を揉んでみても噛んでみてもシソの香りも味もしませんでしたので念の為。
 妙見山近辺では新滝道コースで見ることが出来ますが、高台寺から妙見口駅に下る山道途中の群生は一見の価値があります。
d0024426_2335884.jpg


d0024426_2341431.jpg

[PR]
by str1685 | 2008-10-20 18:29 | 活動報告 | Comments(0)

「広報かわにし」(10月15日号)の4ページに掲載されたとおり里山観察会(10月26日(日))と黒川・里山まつり(11月3日(月・祝)を実施します。

里山観察会

里山観察会(人と自然の博物館との連携事業)
 人の生活に結びついていた里山、今!どうなっているでしょうか。体験しませんか?軽いハイキング気分で、樹木観察をしながら里山のあり方をみんなで考えましょう。
とき=10月26日(土)10時妙見ケーブル山上水広場に集合。12時妙見山上ブナ林解散(雨天中止)
講師=兵庫県立 人と自然の博物館 自然・環境再生研究部 橋本佳延さん
とき=10月26日(土)妙見ケーブル山上水広場10時集合、妙見山上ブナ林12時解散。
対象=一般市民(高校生以上)
定員=30名
申込み=ハガキかFaxで「里山観察会10月26日」参加申込みと記し、住所、氏名、年齢、連絡先の電話を書き9月22日までに〒666-8501川西市 農林・労政課へ(先着順)FAX:072-740-1332

黒川・里山まつり

開催時間(10:00~15:00)

今年も昨年と略同様、黒川公民館を中心に開催します。当クラブはピザ窯においてピザとコーヒーの販売とオカリナ演奏を開催し、メイン会場(運動場)では葉脈しおり、丸太きりを実施します。

アクセスは下記のURLをコピーして最上部のアドレス欄に貼り付けてください。
http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/dbps_data/_material_/localhost/kikaku/kawa0003/koho_kawanishi/2008/20081015-4.pdf
[PR]
by str1685 | 2008-10-14 21:43 | お知らせ | Comments(0)

今日は降水確率50%で適切な判断基準は中止となりますが、どうも雨が上がりそうで、急遽支度をして出かけました。 私と同じ考えの方が、集まってきて例会を開催しました。

参加者 6名

 そろそろシイタケの収穫時期に入りますが、ホダ木が倒れ遮光ネットも一部屋根が飛んでおりその修復が必要となりました。しかし、今日は連絡事項が盛り沢山でかなりの時間を割いて打ち合わせをしました。
1.当クラブのパンフレットのレイアウト
2.里山観察会実施要綱
3.黒川里山まつりの打ち合わせ
4.牧の台幼稚園の父兄会
打ち合わすが終わったのは、11:00で、午前中にシイタケ栽培のホダ木がの修復にかかりました。
 午後からは里山観察会の予定コースを散策して回りました。
 参加者が安全に散策できるように見て回り、改良点が見つかりましたので、次回例会でその修復をしたいと思います。

 今年度最初のストーブに火が入りました。早速打ち合わせをしながらNさん差し入れの栗を焼きながら?食べながらかな(焼き栗にすると不思議と渋皮が気にならないで食べられます。)
d0024426_21253463.jpg

里山観察会の最終地点ブナ林です。やはりブナ林は明るくて気持ちがいいですね。
d0024426_21255780.jpg

[PR]
by str1685 | 2008-10-01 20:25 | 活動報告 | Comments(0)