ブログトップ

スキンの変更

 いよいよ学校も始まり、秋のシーズンに入りました。
 
 いつもこのBlogのスキン(テンプレート)に季節感をだしたいと思っていますが、これはいいと思えるようなものがありません。

 今回は趣向を変えて、感覚的な季節感を表現しました。清少納言の「枕草子」から、(春はあけぼの・・・。)秋の趣を表現したいと、このスキンを選びました。

 如何ですか?

(枕草子)
春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

秋は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。
[PR]
by str1685 | 2007-08-31 08:07 | お知らせ | Comments(0)

パレット材搬入

今日は軽トラの都合がつきましたので、森西さんと2人でパレット材を引き取りに行きました。
たっぷり運び込みましたので、皆さんいろいろ工夫して木工をやりましょう!

軽トラを「団栗小舎」の正面に着けて、玄関横に並べました。
d0024426_21144955.jpg













この材でミツバチの巣箱&小鳥の巣箱の予約を聞いています。
他に何でもご提案下さい。
d0024426_2115771.jpg
[PR]
by str1685 | 2007-08-28 21:23 | その他 | Comments(0)

 今週国内の最高気温が40.9度となり、74年振りの暑さを記録した新聞記事が出ました。今年の暑さの頂点を迎えたようで、そろそろ暑さも終止符を打って爽やかな秋に移って欲しい心境です。しかし、暑くとも自然は正確に時を刻み、セミの鳴き声もツクツクボウシの鳴き声が入り始め、また栗の実が大きくなってきています。
d0024426_7274275.jpg
 

参加人数 17名
d0024426_1771118.jpg
 今日は昨年春に妙見山に活動地を換えて、どのような活動をしてきたか実績について少し話し合いました。
1.活動地の実測(植生調査)
2.リフト横の桧木の伐採(ベンチつくり)
3.活動地の間伐(間伐材利用の木片チップによる遊歩道、シイタケ栽培)
その他いろいろな事柄をこなし、事故もなく立派に成し遂げてきた事を会員の共通意識として持ち頑張って行く事について話し合った。

今後の勉強会について
県主催の森林ボランティア講座参加の呼びかけをしましたが、今後下記の事項について、開催したい。
1.キノコ栽培講習会
2.機械類のメンテナンスについて

その他
保養所の名前を正式に「団栗小舎」(どんぐりごや)と決定した。
炭窯跡の説明看板設置の案内の文言をKさんに考えていただきました。

今日の作業
シイタケ栽培の管理(お天気続きと暑さ対策で、水かけを実施)
「団栗小舎」庭の管理(雑草、回りの木々が生い茂り、風とうしを良くする為に草刈と剪定)
日本ミツバチの巣箱設置(写真をご覧下さい。日下部さんに作って頂きました。)
A地区の遊歩道延長(歩きたくなる遊歩道の完成が迫っています。是非参加して完成を祝ってください)

蜂の巣箱です。下に少し隙間があり、そこからミツバチが出入りします。
この箱を焦して、据え付けました。
ミツバチの言葉(シッポを振りながら踊る「尻振りダンス」)を発見したフリッシュ博士はこの功績で1973年にノーベル賞を受賞しています。)はご存知ですか?
d0024426_22343282.jpg


d0024426_17232870.jpgd0024426_1724399.jpg










巣箱をバーナーで焼き、箱の下にミツバチの好きなもの(なんでしょう?見に来て下さい)を入れセットしました。


d0024426_17301397.jpg
ホダ木に水をかけています。










炭窯跡から台場クヌギへ回遊する遊歩道が着々と進んでいます。
d0024426_87115.jpg

一部出来上がり状況です。(この上にもチップを敷き詰めたいですね)
d0024426_883614.jpg

帰りの道。一直線に基点が見通せますが、実際は真直ぐに歩けません。
急な坂は階段にせず、なるべくつづら折(折り返しの坂)で考え、曲がり角は樹木に突き当てるようにしています。
d0024426_8133950.jpg

[PR]
by str1685 | 2007-08-19 22:37 | 活動報告 | Comments(0)

 今日は特別にベンチを作りをしました。

 チップロードが次第に出来上がるのに、小休憩用のベンチがないとさまにならないと、2人で防腐剤を買って上がりました。

 丸太の半切りをした材を持ち出しましたが、どうも平らでないので電気カンナで、均しましたがどうも中腰で仕事をするとすぐに腰に来ます。年ですかね?

 何とか仕上げましたので、19日の例会で見てください。そろそろ炭窯跡の説明文を誰か考えていただけませんか。看板を作成したいと思いますが?どんな感じが良いですか?サーみんなで考えましょう!
d0024426_2052472.jpg


行く途中でニホンザルに出会いました。
d0024426_20574493.jpg

[PR]
by str1685 | 2007-08-12 21:13 | 活動報告 | Comments(0)

 夏真っ盛りとなり、この時期花は少ないですが、妙見である樹木では、クサギ、カラスザンショウ、コシアブラなどが思い当たり、それとなく花が咲いていないか、探していますとすぐそばで咲いていました。
クサギ(科名:クマツヅラ科/属名:クサギ属)
クサギの名前の由来は、葉の特異な臭気があるために、臭木(クサギ)という和名があります。しかし、花は良い匂いがします。
行き過ぎて常山木(くさぎ)の花の匂いけり  富安 風生(ホトトギス派を代表する東三河出身の俳人)
花にモンキアゲハ(日本最大級のチョウで、後翅に黄白色の大きな斑紋があるのが特徴。)が飛んできました。
d0024426_20343824.jpg

参加人員 11名

 木片チップの作業の続きで、炭窯跡の広場も敷き詰めました。また、チップ材を集めている中にコースターの材にネジキ、ソヨゴ、リョウブなどがあり、確保しました。(確保したあったコナラは薪に回します)
炭窯跡前の広場もチップを敷き詰めました。
d0024426_2231015.jpg

なんと奇麗な甲虫「タマムシ」が飛んで来ました。
d0024426_2235268.jpg

[PR]
by str1685 | 2007-08-09 21:09 | 活動報告 | Comments(0)

 夏真っ盛りとなり、何もしなくても汗がにじんできます。しかし、山に上がると幾分暑さが凌げます。

参加人員 4名

 前回の活動に引き続き今日も木片チップの作業の予定でしたが、人数が揃わず機材のメンテ、小屋の整理(ロッカーの据付と部屋の掃除)、樹名板の焼付け、里山まつり用のコースター作成(これは用意したコナラを切ってみましたが、中まで黒いしみが入っており、使い物になりませんでした。別途違うものを用意しないとなりません。)

 次回の活動は木片チップの作業を予定しております。
[PR]
by str1685 | 2007-08-08 09:31 | 活動報告 | Comments(0)

 昨日から、空気が乾いているのか真夏なのに、割合過ごしやすいですね。今日は朝から晴れ上がり、日向は暑いですが木陰に入ると涼しかったです。

参加人員 21名

 今日は木片チップの作業とそのチップを道に敷き詰める作業をしました。機械に材を入れるのに雑木は、杉や桧木と違いなかなか、真直ぐな材を得られません。曲がっているのを入れるとひっかかり、トラブルの原因となります。その辺で悪戦苦闘をしながら、ようやく一筋のチップロードが出来ました。その他炭窯(跡)の天井の上に夏草が生い茂っているので、取り除いていただきました。
 後は、炭窯跡の前の広場に敷き詰め、そこにベンチを設置しようと思います。出来れば皆さんの関心が集まるものと期待しています。欲を言うともう少しチップを厚めにした方が、良いと思います。また、炭窯跡から少し奥の台場クヌギまでも道を延ばし、チップを敷き詰めたいですね。

チッパーにより粉砕した木片を袋に詰め一輪車で運びます。
d0024426_8493041.jpg

雑木は出来る限り、真直ぐになるよう鋸で切りそろえます。
d0024426_8501727.jpg

チップを均しながら敷き詰めています。(これを敷く事により雑草が生えてきませんので、管理が楽になります。)
d0024426_8504511.jpg

炭窯跡の屋根の部分がすっかりと夏草に覆われています。
d0024426_8543741.jpg

炭窯もすっきりとしました。
d0024426_963745.jpg

散策道の格も上がりました。
d0024426_975954.jpg

[PR]
by str1685 | 2007-08-01 17:48 | 活動報告 | Comments(0)