ブログトップ

’07年5月28日(月)臨時活動報告

 急な活動案内で申し訳なかったのですが、梅雨の時期までに切倒した桧を運びだすと言う事で、E-メールのお持ちの方にご連絡を差し上げ、本日実施しました。

 山上では、ウグイスとホトトギスが盛んに囀り、すっかり夏の感じです。次回の活動日もきっと小鳥たちが迎えてくれるでしょう。

参加者 5名

報告事項
 リフト8番鉄塔横に長さ2メートル強の丸太10本をリフト営業の終了を待って、リフトに沿って運び出しました。
 人力、木寄せダコなどを使って、水琴窟近くまで運びました。あと少しで旧保養所です。次回は、運搬車で旧保養所まで運びます。
d0024426_13235850.jpg
最初は人力により、伐採した場所から網をくぐり、リフトの下に落としました。












d0024426_2203230.jpg

最初はリフトの下を転がしながら運び出しましたが、思うように転げません。木寄せダコの頭に取り付けるキャップを利用して、人力で運びました。










d0024426_13273332.jpg















d0024426_727311.jpg
















中間地点までは、木寄せダコで引き寄せ&人力で平坦な場所で集材を終えました。予定した時間通り18:30には山を下りる事が出来ました。
[PR]
by str1685 | 2007-05-28 21:48 | 活動報告 | Comments(0)

桧の運び出し

3月20日に桧を倒し、現場に約2mで玉切りして、積み重ねています。梅雨の時期にまでは、運び出して保管しないと折角の材に虫が入ります。その運び出しを下記のとおり実施しますので、ご参加頂けますようご案内いたします。

日時:5月28日(月)14:00ケーブル下に集合。乗り合いで山頂に上ります。

作業予定
14:00ケーブル下出発
14:40山頂到着
14:50~16:30運び出しルート探し
16:30~18:30運び出し
よろしくお願い致します。
[PR]
by str1685 | 2007-05-25 07:47 | お知らせ | Comments(0)

’07年5月20日(日)晴れのち一時雨
 新緑が一段と進み美しい輝きをみせ、一斉に生き物が生き生きと活動を始めました。しかし今日は風が少し冷たく感じられました。でも、作業をするには、少し肌寒い程度の気温が望ましいですね。

参加者 13名

報告事項
 今日の作業は、チップロードを作るための雑木の運び出し、チップを敷く道の整理と美観を考え土嚢(化繊)の目隠しの予定です。

 芽を吹き出した若葉に囲まれ、和やかに準備作業が始まりました。
d0024426_7442166.jpg













間伐をしたコナラ林から次々にチップ用材が運び出されました。
d0024426_7444156.jpg














土留めを兼ね側壁に杭を打ち丸太を並べます。d0024426_7445742.jpg














今日の仕事出来上がりぶりです。まだまだ時間がかかりそうです。画像の中央奥に炭窯跡が見えます。この炭窯跡をどのように保存するか、みんなで考えましょう!
d0024426_8183172.jpg

キンラン(昨年下刈りをしたときに見つけましたが、今年はそのお陰で13株にも広がっていました。やはり適度に日が差し込むとこのように元気に答えが出てきます。楽しみですね)
ご注意!(このブログをご覧になった一般の方に)
キンランは菌根性樹木・菌根菌・キンランの三者共生系を構築しなければ栽培できません。したがって、自生地からキンランのみを掘って移植した場合には、ほとんどが枯死します。持ち帰って庭に植えたり、鉢植えにしても育たないです。もし見つけても、心に焼き付けるか、少し離れた場所から写真に撮影するにとどめましょう。
d0024426_7452351.jpg


タニウツギ(スイカズラ科タニウツギ属。落葉低木。 樹高2~5m。花期5~6月。果期10月)
 日本の固有種で、北海道の西部、本州(主に日本海側)分布するということです。「卯の花」の名で知られる本来のウツギはユキノシタ科の植物で全くの別物。
 地方によって多くの異なった呼び名があります。「タウエバナ」とか「サオトメウツギ」と呼ぶそうです。田植えのころにきれいな花を咲かせるからです。日本の固有種だけあって、農事に密着した名前が付いています。
d0024426_7453683.jpg

[PR]
by str1685 | 2007-05-21 09:54 | 活動報告 | Comments(0)

日時:平成18年5月13日(日)10:00~12:00
場所:中央公民館 (川西市中央町)3F視聴覚室
出席者:
(会員45名中21名出席15名委任状計36名)
(オブザーバー)3名。
出席者と委任状提出者を合わせて過半数に達しているので、会則9条第3項により、総会成立要件を満たしている旨報告され、小笹事務局長の司会・進行により議事に入る。

第1議題:平成17年度活動報告について
 小寺会長から資料に基づき報告され、原案通り承認された。
 (質疑)なし
第2議題:平成17年度会計報告について
 小寺会長から資料に基づき報告され、原案通り承認された。
 (質疑)なし
第3議題:平成19年度活動計画について
辻本副会長から資料に基づき報告され、次の質疑があったが、原案通り承認された。
(質問)平成19年度活動計画は非常に盛りだくさんになっています。助成金事業の「里山ふれあい森づくり」については、何時までにしなければならないものか。
(回答)助成金の事業期間は2年間となっています。したがって、今年(19年度)が最終年度となります。しかし、里山活動は今後引き続き活動する(能勢電鉄さんとの協定では、5年間となっていますが、特段に状況の変化がない限り継続して、事業が出来るものと判断しております。)事になっております。昨年度の積み残し作業は、間伐時季の1~3月がケーブル運休の為、活動を中止せざるを得ない状況に見舞われ、県にもこの状況を伝え作業に遅れが出ている旨伝えております。今年度は積み残し部分と、今年度の作業が重なり大変なんですが、できる限り消化したいと思っています。(硬く考えず、楽しみながらやって行きたい)
(質問)炭焼窯跡の保存について、屋根を付ける様になっていますが、景観上不自然(元来炭焼窯には屋根など付いていなかった)であり、屋根を付けることについては、反対したい。
(回答)計画では、炭焼窯跡に屋根を付けて保存するようになっています。ご意見を尊重しながら、目的である今後長く保持できるように検討したいと思いますので、活動を通して考えたい。
(質問)緊急の場合を想定して、担架の用意が必要と思います。また、救急箱の充実も図って欲しい。
(回答)担架については、能勢電のほうにも用意があると思います。その利用も含めて検討したいと思いますが、作業場でそのような状況になった場合は、現場で応急的に担架を作り対応する方法もあります。その確認して、ご案内をしたいと思います。
救急箱は現在1箱になっていますので、1箱追加して中身の充実も図りたいと思います。
(質問)キノコ栽培で、本シメジの栽培も手がけて欲しい。
(回答)特に問題がないので、いろいろなキノコに挑戦して実施していくようにしたい。
第4議題:平成19年度予算について
小寺会長から資料に基づき報告され、原案通り承認された。

第5議題:規約改正について
 事業の拡充を図るため、副会長の定数現行1名を2名に改正し、スムースな運営を図
りたい。会則7条の改定
小寺会長から資料に基づき報告され、原案通り承認された。

第6議題:役員改選について
 会則7条により、役員の任期は2年間と定められており、また総会で選任する事になっています。よってまず立候補者を募り、定数より多ければ採決したいと述べ、議場に図ったが立候補がなく、会長一任となり次の方々を指名した。
 会長 辻本、副会長 森西・西澤、事務局長 小寺、監事 小笹、
引き続き会則7条により、本会を円滑に運営するため若干名の運営委員を置くようになっており、運営委員は会長が委嘱することになっています。よって新会長辻本から、次の方々を指名された。
荒木、木田、日下部、菅、平井、高木、坂東、八木、河津、以上9名

その他
・川西再発見のビデオ「猪名川物語」を鑑賞した。
子供たちに伝えたい事。川をきれいにし、自然と触れ合う大切さを教えられた。
以上
[PR]
by str1685 | 2007-05-20 21:20 | 総会など | Comments(0)