2月15日(水)活動報告

2月15日活動報告(曇り)
参加者:12名(会員9名、、地元1名、受講生1名 、新規加入予定者1名 )(川西市 1名)。

連絡事項
小寺会長から次の3点報告があった。

1.次年度活動地の変更について。
 3年間活動させていただいた古城山については、この3月で契約期限が切れます。更新時期を控えて、市と地元の話し合いの結果、次年度は契約しないと決定されました。
 この事により今後の活動は、新たに除伐はせずに今までの整理をして、3月には山主さんにお返したいと思います。
 新たな活動地は、2月9日に3名で、市の推薦による能勢電の社有地を見学してきました。場所は、妙見ケーブルを登ったケーブル山上駅からクッキングセンターの下辺りのコナラ林になっているところです。課題になっておりました、トイレの確保、飲み水(名水)があり、また焚き火も出来ます。その他以前能勢電さんの保養所が現在使っていないそうで、そこを物置や急な雨などの避難等に利用出来ます。よって、能勢電の社有地が条件的にいいのではないかと思っております。一度皆さんで、3月中に見学に行きたいと思います。(詳しい案内は別途通知いたします)

2.川西広報掲載について
2月1日の川西広報に掲載されました、当クラブ記事に対する反響があり、市民からの問い合わせは、総計16名(男性12名・女性4名)内新年度からの参加を希望される方は約10名くらいおられます。
広報をまだ見ておいでになれない方は、ここに広報がありますのでご覧下さい。

3.シポジューウムご参加有難うございました。
前にご案内させていただきました、2月4日アステホールで開催されました、シンポジューム「里山よ。元気を出してくれ」は、おかげさまで沢山のご来場を頂き成功裡の内に終了しました。

作業内容
森林整備作業(今まで除伐を実施した所を回って、整理を実施した。午後からは雨模様の為中止。)
当日の作業風景
お陰さまで、粗方整理が出来ました。
d0024426_8123614.jpg

野うさぎの糞を発見!直径2cm
d0024426_1722729.jpg
















どんぐりの発芽の様子(アラカシ)
どんぐりはこのようにどんぐりの先から、根っこと芽が出てきます。
d0024426_1734589.jpg
[PR]

by str1685 | 2006-02-15 16:43 | 活動報告 | Comments(0)

第1回「企業の森林整備活動に関する検討会」の概要

 林野庁は、森林整備活動への企業の参加を促す施策を検討する為に「企業の森林整備活動に関する検討会」が新設され、その第一回会合が農林水産省第一会議室にて開催され、その概要が2月7日付けでインターネット上に公開されておりました。

各委員の発言について下記のとおり纏められております。私たちも一端を担う団体として、ともに考えては?いかがと思いまして、掲載しました。

委員の主な発言内容
1.業種にもよるが、森林整備だけでは企業のハードルは高い。例えば「カブトムシや野鳥を守るために、生息地となる森林を保全する。」など、切り口を多くすれば企業の参加が広がるのではないか。
2.企業は地域との関わりを大切に考えており、地域のビジョンがしっかりしていると企業は参加しやすく、企業との関係も持続する。地域における組織づくりを通じて、多様な業種の企業が参画できる仕組みを作っていくことが重要ではないか。
3.企業の行う森林整備や施設整備等のハード面での評価に加え、環境教育や地域との繋がりといったようなソフト面での評価も必要ではないか。
4.緑の募金などの寄付は、例えば1万円で何本の木が植えられるのかなどの効果を明示し、募金の成果を企業にフィードバックすることが重要である。
5.森林整備への取り組みについて、具体的に、木を何本植えるとCO2の吸収にどれだけ貢献するかといったような、簡単でも定量化された評価を企業に示すことが必要でないか。
6.企業ニーズを具現化していくためには、待ちの姿勢だけでなく、フィールドや活動団体の情報提供を含め、積極的に企業に対して提案していくことも必要ではないか。

詳しくは下記にアクセスしてください。
第1回 「企業の森林整備活動に関する検討会」の概要について
[PR]

by str1685 | 2006-02-14 09:14 | お知らせ | Comments(0)

新基地下見結果

2月9日(木)能勢電鉄担当者と予定地を下見しました。(小寺、小笹、辻本)

場所はケーブルの山上から、クッキングセンターの近くで、水や焚き火が可能と思われます。他に収納小屋も確保できそうです。
d0024426_1312149.jpg

画像でも判ると思いますが、コナラが殆どの落葉樹林で、覆われておました。
d0024426_12581797.jpg

窯跡もあり、修復は困難かもしれませんが、少し手を入れて、保存はしたいと思いました。
d0024426_12584125.jpg

[PR]

by str1685 | 2006-02-10 13:16 | お知らせ | Comments(0)