今月の樹木(2016年03月)



菅さん提供

イワナシ(岩梨 常緑小低木 ツツジ科)           

                     花期34月 果期45


 古来、花の美しさを美人、美女、女王、貴婦人などと女性になぞらえた例はあまたありますが、山野草扱いされることもあるイワナシの花もその例に倣って女性の美しさに例えたくなる花です。


 2月初めの棚田に接する山道で、長さ20㎝ほどの細い茎が地表を這い、それに長楕円形の葉を付けた植物が目に留まったのがこの木との最初の出会いでした。この時は見慣れない草だと思いつつ、枯れた部分を手折ってみるとポキッと折れた感触が木のようでもあり、葉の下の赤いつぼみのようなものも気になって帰宅後に調べてみました。

 結果は予想通りの樹木でイワナシと判明しましたが、植物の正体が分かったうれしさよりも写真で見る花の美しさに心奪われました。


 それからというもの、開花を見逃してはならじと竹取物語のおじいさんとおばあさんがかぐや姫の成長を見守るかのごとく何度も山道に足を運んでつぼみの膨らんでいく様子を観察し、月の終わりころになってようやく開花を見届けることができました。その姿は繊細なガラス細工を想起させる花で、かぐや姫もかくやと思われるほどの美しさです。

 開花後もかぐや姫に魅せられた公達よろしく幾度となく花のもとに通い、しばし逢瀬の気分に浸ることができました。

 果実は先端にいつまでも花柱が残ったままで花とは対照的なユニークな形ですが、食べるとナシの味がするということでここからイワナシの名になったようです。






d0024426_14081308.jpg


d0024426_13572681.jpg



d0024426_23371501.jpg





[PR]

by str1685 | 2016-03-05 12:40 | 今月の樹木 | Comments(1)

Commented by 駒井 at 2016-04-29 11:11 x
いつも楽しく拝見させていただいております。
4月2日に芦生へ鹿柵上げの作業に行ったときかわいいイワナシの花を今年も見ることができました。
4月23日、同じく芦生へワチガイソウの分布調査に行った際には、イワナシはかわいい果実となっていました。
鹿が届かない急峻な岩面などに春先に可憐に咲いているかわいい花ですね。