ブログトップ

今月の樹木 8月 (2013年8月)

菅さん提供

コアカソ(小赤麻 落葉小低木 イラクサ科)           
                花期8~9月 果期11~12月

 田畑の土手や用水路脇で良く見かける1~2mの低木です。コアカソに似た名前に草本のアカソ(赤麻)と、同じく草本のクサコアカソ(草小赤麻)が有ります。この3種の名称の関係は、コアカソはアカソに似てはいるが葉がアカソより小さいのでコアカソと呼び、クサコアカソはコアカソに良く似てはいるが草なので頭にクサが付く呼び名になったというまるで連想ゲームのような関係です。

 この科を代表するイラクサは山菜として利用されますが、青シソの葉を連想させるコアカソも食べられるのではと調べてみたところ、残念ながら毒はなさそうですが食用にはならないようです。
 余談ですがイラクサを最初に食べてみようと思った人はこの草から何か旨いものを連想したに違いありません。イラクサの毒針に刺された痛みがハチに刺されたような感覚から珍味のハチの子を連想したのではないでしょうか。そうでもなければ毒針だらけのこの草を食べてみようなんてとても思いませんよね。

 イラクサ科の仲間には漢字で書くと麻という字が有るように古くから繊維を採って布として利用していたそうです。越後上布の名は聞いたことがありましたが、これもイラクサ科のカラムシ、別名苧麻(ちょま)が原料だったんですね。

d0024426_9484747.jpg

[PR]
by str1685 | 2013-08-04 10:33 | 今月の樹木 | Comments(0)