活動予定日


(例会) 毎月第一水・日曜日と第三日曜日の月三回です。
予定表の文字(予定は赤字で。
終了は青字で表示 

2017年10月活動予定
10月01日(日) 例会 集合:黒川駅 9:30 
10月04日(水) 例会 集合:黒川駅 9:30 
10月15日(日) 例会 集合:黒川駅 9:30
10月29日(日) 臨時 黒川里山まつり


2017年11月活動予定
11月01日(水) 例会 集合:黒川駅 9:30 
11月02日(木) 臨時 「里山体験学習」多田小(雨天の場合) ⇒ 予備日11月09日(木)
11月05日() 例会 集合:黒川駅 9:30 
11月19日(日) 例会 集合:黒川駅 9:30
11月21日(火) 臨時 「里山体験学習」川西北小(雨天の場合)⇒ 予備日11月28日(火)





[PR]
# by str1685 | 2017-09-11 09:02 | お知らせ | Comments(0)

 
参加者数 13名

 今日の作業
 伐採木を3段目の端まで引き上げ団栗小舎まで運ぶ(画像なし)
 鹿ネットの補修
 薪割り作業
 祭り&小学生(里山体験学習)用の木の輪切り追加作成

前回の破損個所を赤まるで囲んでいます。
d0024426_8392991.jpg


薪割り作業の流れを順に掲載
1)大割り、2)小割、3)束ねとなります。
d0024426_8503714.jpg


d0024426_8505338.jpg


d0024426_8511783.jpg


木の輪切りづくり(手箕(てみ)に切ったものが大分貯めっています)
d0024426_852024.jpg

[PR]
# by str1685 | 2017-09-11 08:16 | 活動報告 | Comments(0)

 今日は途中から雨模様で日曜日ですが参加者が少なかったです。

参加者数 11名

 今日の作業
 伐採木の運び出しも残っていますが、日曜でふれあい広場でライブが開催されています。少し遠慮して植栽地の下刈りを実施しました。
 今年度で実施予定の作業道補修&新設道を見て回りました。

実施予定図です。図で示した通り新設道の延長は計112ⅿ、既設道の補修は197ⅿになります。
d0024426_83957100.jpg

Ⓐの進入路(団栗小舎の横にウリハダカエデが生えているところ)から見た画像です。ここから降ります。
d0024426_8402769.jpg

降りてすぐに最初のカーブの地点です。前の松にツタが巻き付いているところを曲がれば後はほとんど直線で降りて行き既存の道に繋がります。
d0024426_8404759.jpg



d0024426_841916.jpg



d0024426_8413865.jpg


2段目の既存の道の状態です。山側が崩れて道を大方塞いでいます。現状持っているのは草木の根っこで下は大きく崩れており、危険と思われます。
d0024426_8421931.jpg


A地区の下刈りです。クヌギと草が同じ長さで育っています。早く刈ってやらないと・・・。しかし乾燥も考えないと。日が当てるようになったけれど水不足で枯れてしまった。という事にならないようにせめて刈った草は根元に敷いています。
d0024426_8431845.jpg


鹿ネットの金網がこのように切断されています。まさか鹿が噛み切っているとは思えません。なぜこのような状態になるのかセンサーカメラに写っていないものか調査が必要ですね。
d0024426_8433787.jpg


おまけにスズメバチの巣を撮りました。一段と成長しています。来月には取り除きます。特に危害は及ばないと思いますが、しばらくは気を付けて下さい。
d0024426_8451237.jpg

[PR]
# by str1685 | 2017-09-10 09:16 | 活動報告 | Comments(0)

植生調査

参加者数 9名(会員5名、人博2名、県2名)

 A&B地区の柵内と柵外各5か所合計20か所が調査地区です。


A地区柵内の調査5か所です。植樹したクヌギも育っていますが、1年草の大きく育っています。調査区域は手を付けずそのままの状態で調査していますので、いらない草類の成長が大きく育ちクヌギの成長に影響を与えないか心配です。
d0024426_09431614.jpg
A地区の柵外の調査。ご覧の通り鹿の食害で草本類は短く種類も貧弱です。ほとんどがネザサで先が食べられ短いです。
d0024426_15314223.jpg
B地区の調査の様子。
A地区でも実施しましたが上空(黄色の丸で囲った)にドローンを飛ばしています。ドローンの調査でどこまで出来るか判断するために飛ばしました。例えばネットが鹿に壊されていないかなど実際に目で転換するには体力がかかります。少しでも軽減されると有難いです。
B地区もA地区同様見て頂くと手前がネットの外側で奥にネットが見えます。内と外で植物の育ち状態が判りますね。
d0024426_15315042.jpg















[PR]
# by str1685 | 2017-09-01 15:43 | 活動報告 | Comments(0)

菅さん提供


トチバニンジン(栃葉人参 ウコギ科)           

                         花期 6月~7月 

 トチバニンジンをさがそうと思えば林下の半日蔭で腐植土が堆積したような所がポイントです。文字通りトチノキの葉に似た葉を付ける多年草で葉の形を知っていれば他の山野草と見まがうことはありませんが個体数が少ないので容易には姿を現してはくれません。


 花は他のウコギ科と同様に花茎の先に丸い形にまとまって付きますが白い小さな花は林の中では目立つものではありません。

 ところが、夏の終わりころになると花とは打って変わって真っ赤な実がいくつも寄り集まって付く様子は薄暗い林の中では俄然目を引きます。

 人参と名は付きますが根茎は人参の形ではなく横に這っていて節くれだち、この形が竹の節に似るというのでチクセツニンジン(竹節人参)の別名があるそうです。

 地上の姿かたちが良く似ていて高価な値段で取引されている朝鮮人参とは同じ仲間で、トチバニンジンにも薬効のあることが知られていて去痰、解熱、健胃薬として用いられているようです。

 薬としての用い方は乾燥させた根茎を煎じ詰めて飲用するのが一般的なようですが、薬用酒としての利用法もあるようです。


 トチバニンジンが意外にも有名な育毛剤にも用いられていることを知ったのはごく最近のこと。

根茎が手に入ったなら薬用酒にしてちびちびなめながら頭にもなすりつけて効果のほどを確かめて効果のほどを確かめてみることにしましょうか。


(トチバニンジンの実)

d0024426_08283577.jpg

(トチバニンジンの花)

d0024426_08284342.jpg











[PR]
# by str1685 | 2017-08-29 08:30 | 今月の草本 | Comments(0)